FC2ブログ

2011.02.27 (Sun)

「ルービック・キューブ」ブーム (80-1)

ハンガリーの建築学者エルノー・ルービック教授(44~)が74年に考案し、77年に販売された
「ルービックキューブ」(3x3x3、色わせ立方体パズル)は世界的大ブームを巻き起こしました。
110227-1.jpg
(組み合わせは (8!×38)×(12!×212)/(2×2×3) = 43,252,003,274,489,856,000通り
(4,325京2,003兆2,744億8,985万6千)、約4.3x10の19乗)

当時の私も大いにハマり、入手から10日ほどで独自の「解法」を自力で確立して
正式に「キュービスト」(6面完成者)認定を受けましたが… これで終わりませんでした。

82年に発売された「ルービックリベンジ」(4x4x4)は(3x3x3)を「簡単」と称したユーザーへの
ルービック教授からの「リベンジ(Revenge、復讐)」を意味する「難問」で…
110227-2.jpg
(組み合わせは7,401,196,841,564,901,869,874,093,974,498,574,336,000,000,000通り
(74載119正6841澗5649溝186穣9874秭939垓7449京8574兆3360億)、約7.4x10の46乗)

私が「解法」を確立して「スーパーキュービスト」に認定されたのは10年後の92年でした。
以下、現在も根強い人気がある「ルービック系立体パズル」に関する雑談です。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

23:00  |  玩具、ゲーム
 | HOME |