2017.01.01 (Sun)

宇宙戦隊キュウレンジャー

新春恒例新戦隊情報! 2年続けてストレートなタイトル「宇宙戦隊」で初期?「9人」!!
170101-1.jpg

「世界が内向きになる時代」「宇宙戦隊」ですか?

まだ不明な点が多いので、管理人は漠然と「このチョイスで良いのか?」と感じた、雑談です。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「外の世界が知りたい」 は古来から普遍的な人類の夢(欲求)です。
太陽、月、惑星、星(座)を観察する事は「農耕」更に「航海術」を進歩させて人類を発展
させました。 …しかし「世界が内向きになる時代」に「宇宙戦隊」? と正直思います。

「アポロ計画」(61~72)の「アポロ11号・月面着陸」(69.7/20)は 「宇宙ブーム」

を日本にも巻き起こしました。 「宇宙(SF、未来)ものは当たらない」と言われてたそうですが、
一般的な理解が深まったのか、制作側が慣れたのか、次第に大ヒット作が出て来ました。


「キャプテンウルトラ」(67)は前後の「ウルトラマン」「ウルトラセブン」と比べれば知名度が…

低いものの「出演者のトークショー」は大盛況の人気! 主演・中田博久さんは戦隊的に
「バイオマン」の「メイスン」。 左端「キケロ星人のジョー」を演じたのは小林稔侍さん。
右端「アカネ隊員」を演じた「城野ゆき」さんは子供達に大人気で、当時の新聞記事で
ステージから引っ張り降ろされる騒ぎ と報じられた "伝説" があります。
 
「電撃!!ストラダ5」(74)はおそらく日本初の「宇宙モチーフの集団ヒーローもの」。

司令官「ジュピター」でメンバーが「ペガサス」「オリオン」「アポロ」「ルナ」そして紅一点
「アンドロメダ」と惑星、星座、神がごちゃ混ぜ。 更に「仮面の忍者 赤影」(67~8)からの
「メンバーを色分けする」アイディアを採用してないので、何が何だか分かり難いです。


大ヒットした宇宙戦隊と言えばアニメ「聖闘士星矢」(86~9)が「美少年星座戦隊」なら
「美少女戦士セーラームーン」シリーズ(92~7)が「美少女惑星戦隊」的で統一感アリ。

「黄金聖闘士」は主役達を喰うほどの人気でしたが「12人」は多く「不公平感」は否めず。
また「冥王星」が06年に「準惑星」に格下げされてしまったので「9人戦隊」になりません。

「ソ連崩壊」(91)という20世紀最大と言われる大事件が2作の間にありました。
60~70年代の「宇宙開発競争」をもたらした「冷戦」が完全に終結し "世界は良くなる"
と管理人も漠然と感じました。 しかし「グローバリゼーション」が急速に進み
「格差拡大」 した切っ掛けになった、とも言われます。 それ以前の「資本主義国」は
「社会主義革命」を起こされる事を恐れて「格差」を広げないようにしたのに、90年代以降
しなくなったから。 更に「格差拡大」により「テロ」が世界的に増大したのかも知れません。 

「超星神グランセイザー」(03~4)は東宝制作の「星座戦隊」。 黄道12星座を3人4組に分け…

女性は「セイザーミトラス」(牡羊座)「セイザーヴェルソー」(水瓶座)「セイザーヴィジュエル」
(乙女座)「セイザーパイシーズ」(魚座)各組1人ずつ。 「パイシーズが弱かった」と聞きます。
調べると色々工夫してますが「12人は多過ぎる」根本的問題は解消出来なかったようです。


「キュウレンジャー」は「88星座からチョイスが本当にこれで良いのか?」と正直思います。
170101-2.jpg
「シシレッド/ラッキー」岐洲匠さん(19歳) 「サソリオレンジ/スティンガー」岸洋佑さん(23歳)
「ヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ」山崎大輝さん(21歳) 「カジキイエロー/スパーダ」
榊原徹士さん(27歳)。 岐洲さんと岸さんはテレビドラマ初出演、皆さん「未知数」です。

「カメレオングリーン/ハミィ」を演じる「大久保桜子」さんは新人で18歳。
170101-3.jpg
「ゲキレンジャー」の臨獣カメレオン拳・メレは正式に仲間にならなかったし「ミドニンジャー」
九重ルナはスーパー戦隊Vシネマ「帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー」(16)のみなので
「テレビ本編では初のグリーンヒロイン」 になります。 「ハミィ」って
「スイートプリキュア♪」(11~2)に居たネコのような妖精と同じ名前… ネタになりそうです。

今回「非ヒューマンタイプ」(着ぐるみ)の変身メンバーが4名も居る事がサプライズでした。
「ゴーバスターズ」の「スタッグバスター / ビート・J・スタッグ」が最初から居るようなモノ?
170101-4.jpg
「オオカミブルー/ガル」 「オウシブラック/チャンプ」 女性メンバー「ワシピンク/ラプター283」
「テンビンゴールド/バランス」 で担当声優はまだ不明で「人間態」の有無も不明です。
「鷲座」「カメレオン座」が女性戦士なのは「星矢」の「魔鈴」「ジュネ」の影響でしょうか?

・【米大統領選2016】トランプ氏 外交政策は「米国第一」
 ttp://www.bbc.com/japanese/36157060
「イギリスのEU離脱」を越える昨年起きた全世界を震撼させる「大事件」でした。
「反グローバル主義」「米国第一」を掲げ「現状に強い不満を持つ主流層」が支持しました。
「他国に構うな!」「(自分が生きてる間に)アメリカだけ良くしろ!」当然の欲求ですが、しかし

世界を良くしないで、アメリカが良くなるのか?

と疑問を感じます。 でも「移民」「テロ」が他人事の日本(人)に言う資格があるのかどうか。

「世界が内向きになる時代に宇宙戦隊?」

が管理人の第一印象ですが「メインの男児層は気にしない」し「面白い作品になるか?」
は全く別問題です。 …正直まだ書く事が無かったので困りました(汗)。


※実は「キュウレン」と聞いて最初に連想したのは麻雀の「九蓮宝燈」(チュウレンポウトウ)。

「サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜」(02)のミニゲーム「サクラ大戦ジャン 〜ロンせよ乙女〜」。
「4」は未プレイだけど「サクラ」のメンバーと「ポンジャン」出来るんだ、楽し過ぎる!
最近発見した、今後の記事で使えそうにないネタなので強引に入れちゃいましたw
でわ

P.S.
新プリキュア「キラキラ☆プリキュアアラモード」の情報も色々あります。
まだ担当声優が未定ですが 「スイーツ×アニマル」 戦隊的です。
170101-5.jpg
「キュアホイップ」(ウサギ) 「キュアカスタード」(リス) 「キュアジェラート」(ライオン)
が中2で 「キュアマカロン」(ネコ) 「キュアショコラ」(イヌ) が高2で "伝説のパティシエ"。
…何とも疑問が残る呼び難い名前だけど、スタッフと声優の頑張り次第かな。。。

「キュアケーキ」 「キュアプリン」 「キュアアイス」 の方が良くね?
と管理人は感じました。 ストレート過ぎるけど「ケーキ!」「プリン!」「アイス!」と名乗り、
小気味良く呼び合って連携技を1度決めたら、すぐ違和感なんて吹っ飛ぶと思います。

「東京ミュウミュウ」(03~4)は「食べ物×アニマル」戦隊的作品ですが、統一感無し。

「ミュウイチゴ」は「ストロベリー」が言い難いし「ミュウミント」も「青い食べ物」が
ほとんど無いので容認出来るけど「ミュウレタス」 「ミュウプリン」 「ミュウザクロ」
「ミュウメロン」 「ミュウマンゴー」 「ミュウグレープ」 の方が
良くね? と疑問に感じました。 …こういう事は考え出すとキリが無いんですがw

「男児(性)」は「外向き」を好み「女児(性)」は「内向き」(家庭的なモノ)を好む、傾向がある事は
「無いとは言えない」ですが「少子化を防ぐ為、古来から意図的に "矯正" してる事」なのかも。

「性別より個人差の方が大きい」 事だけは確かでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  41.宇宙

Comment

いろいろと

 今年もよろしくお願いします。
 箇条書きで。

・「電撃!!ストラダ5」は、岡崎徹さんが「仮面ライダーアマゾン」で主演(アマゾンライダー役)を演じる前に、ペガサスの役で出演していましたね。チャンネルNECOで見たことがあります。

・「超星神グランセイザー」は大好きでした。第1・2クールの「時間をすっ飛ばしたようなスピーディーな展開」と「ちょっと間の抜けたストーリー」が気に入っています。「ロボがダムを破壊」「伝通院先生のキャラクター」「セイザーヴィジュエルの変身前が巨乳」などは、2ちゃんねるでも話題になっていたのを覚えています。

・「宇宙戦隊キュウレンジャー」は、メンバーが9人と聞いて「俳優を9人も用意できるのか?」と驚きましたが、4人が着ぐるみで、レギュラー出演者は例年通り5人なんですね。

・「キラキラ☆プリキュアアラモード」

>「キュアケーキ」 「キュアプリン」 「キュアアイス」 の方が良くね?

 私もそう思いましたが、難しい名前の方が幼児は気に入って覚えようとするんでしょうね。
にっしー |  2017.01.01(日) 00:19 | URL |  【編集】

前に紹介した

ロックマンエグゼStreamも宇宙がテーマでした
危険な惑星の抹殺を使命とする地球外人工プログラムのデューオが
人間の悪意に満ちた地球を裁こうとするも人間の可能性の興味を持ち
猶予を与え選ばれた人間達には力を渡し試練を課し
同時に負の感情を持つ人間に力を与えそこから得た悪の心を吸収して
地球を破壊するエネルギーに変換して地球破壊の準備を進めており
そういった人間達の悪事を阻止しながら
デューオの地球破壊も阻止するのが目的です。

選ばれた人間は合計で13人ですがメイン戦士は3人で
そのメイン戦士も含めた13人は別行動を取ることが多かったり
最初は敵だったり、終盤まで変身不可能だったりしたので
最終的に集結して戦ったのは最終決戦のみです。
(選ばれた13人のキャラの声優にはプリキュアでお母さん役やお父さん役
敵キャラなどをやってる人が何人かいましたね)

キュウレンジャーは人数の問題はどうするのでしょうね
常に一緒にいるならバランスよく描くの難しそうですが。
kivaxtuto |  2017.01.01(日) 02:48 | URL |  【編集】

今年も宜しくお願いします、にっしーさん

「ストラダ5」はアマゾンにも触れるべきでした。
1話だけ観て「色分けの重要性」を再認識しました。

「グランセイザー」はネタ要素が強い作品のようですね。
「セイザーヴィジュエルの変身前が巨乳」は調べてみますw
「ミュウミュウ」もそうですが、この頃は土曜朝に東映以外の
「特撮集団ヒーロー」「戦闘美少女アニメ」がやってたんですね。

「宇宙戦隊」は1人でも良さそうな「着ぐるみメンバー」が
4人も居る所が生きるかどうかが心配です。

「ケーキ」「プリン」「アイス」はネット上で予想されてましたが
「それで良くね」「すぐ慣れる」と感じました。
「パティシエに憧れる女児は多いけど、宇宙飛行士に憧れる女児は少ない」
と言われればそうですが「宇宙モチーフのプリキュアもアリ」とは感じます。
でわ
珍来 |  2017.01.01(日) 08:59 | URL |  【編集】

あけましておめでとうございます、kivaxtutoさん

今年も宜しくお願いします。
「ロックマンエグゼStream」(04~5)も土曜朝ですね。
多人数だと最終決戦のみは多いかな。

「キュウレン」と聞いて第一印象は「麻雀」wですが
「ジュウレン」やホントに10人揃った「キョウリュウ」に対して
「宇宙戦隊」なのにスケールダウンと思いました。
「途中メンバーは増えないのかな?」も感じましたね。
でわ
珍来 |  2017.01.01(日) 09:11 | URL |  【編集】

今年も宜しくお願いします...。

『宇宙戦隊キュウレンジャー』は初期メンバーが9人と言う戦隊史上前代未聞の展開をするみたいですね、良く似たタイプとしましては『聖闘士星矢』の影響を受けた『天空戦記シュラト』が思いつきます、『シュラト』は八部衆と言う8人の神将を主人公とした展開を見せました、キャラクターの動かし方はシュラト、ヒュウガ、リョウマ、レイガの4人をメインにしてレンゲ、ダン、クウヤの3人は最初は敵側に置いて後から味方となり上記の4人のサポートに回る役目をします、最後の1人のガイは敵組織のアスラ神軍の最高幹部として主人公の宿命のライバルと言うポジションにしました、番組後半に作画崩壊はあったものの複数のキャラクターの動かし方は上手く行ったと思います、『キュウレンジャー』は5人は俳優さんが演じて残りの4人は声優さんが声を当てるみたいですのでキャラクターの動かし方が上手く行く事を期待しています、まだ詳しい情報が公開されていませんが2月の放映開始日が楽しみです...。
あさばよしゆき |  2017.01.01(日) 10:45 | URL |  【編集】

あけましておめでとうございます、あさばよしゆきさん

今年も宜しくお願いします。
「シュラト」は「8部衆」が4人ずつ敵味方に分かれ、
1人は終盤まで敵でした。
同時期の「サムライトルーパー」では儒教の「五常」に
敵の4人が加わったとか…
「キュウレンジャー」で「初期は敵対してるメンバー」
は居ないだろうから、どうなるのか?
これまで「宇宙」要素を含む作品は多いけど
中心になるのは初なので楽しみです。
でわ
珍来 |  2017.01.01(日) 12:36 | URL |  【編集】

一応補足しておきますが…

星座モチーフなら「円盤大戦争バンキッド」
惑星モチーフなら「電脳警察サイバーコップ」
というのもありますよ。
"サイバー"は紅一点のビーナスにビットスーツが無く
(但し当時のコミカライズ版にはちゃんと変身体があった)
後半から味方に加わる追加戦士も"ルシファー"で惑星と
無関係でしたが…

"バンキッド"の方も色分けこそされてましたが同色が2人いて
能力等には別に特徴がなかったのでほぼ無意味でした。
集団ヒーローでも惑星由来でもありませんが"レインボーマン"位
各色に特色があればもうちょっと"サザエさん"相手に健闘できたかも…

「キュウレンジャー」に関しては「キョウリュウジャー」の様に途中から
追加戦士が2代目を引き継ぐ形もあるかも…

ちなみに今年一月から第2期が始まる深夜アニメ、"このすば"こと
「この素晴らしい世界に祝福を」のメインキャラの中に「魔法プリ」から
2人参戦しています。というかまだ「魔法プリ」スタート前にやってた
第1期の最終回でミラクル・マジカル2人が爆裂魔法を同時に放って
移動要塞に攻撃してましたが…
堀川廉 |  2017.01.02(月) 02:43 | URL |  【編集】

あけましておめでとうございます、堀川廉さん

今年も宜しくお願いします。
「ストラダ5」はメンバー名が宇宙関係なだけで、仰る通り
「バンキッド」の方が「元祖・宇宙戦隊」かも知れませんね。
それぞれゴレンジャー開始の前後で「UFOブーム」でした
同時期の「UFOロボ・グレンダイザー」「UFO戦士ダイアポロン」
も集団ヒーロー要素があったので「宇宙戦隊」はやり難かったのかも。

現在は「火星に水? どうでも良いからアメリカを良くしろ!
」的な世界の風潮なので「今更、宇宙戦隊?」と正直感じましたが、
「面白く出来るか?」「男児層に支持されるか?」は全く別問題です。

「キョウリュウジャー」は先代戦士が「既に死亡または高齢」で
シルバーだけが現在の戦いで「引継ぎ」でした。 「キュウレンジャー」で
それをやられると切ないから「着ぐるみ」でも一人にして欲しいです。

「この素晴らしい世界に祝福を」を調べましたが、どこかで
「ミラクル・マジカル」ネタは見た気がします… って
ドラマCD版とアニメ版があって、よく分かりません。
でわ
珍来 |  2017.01.02(月) 14:13 | URL |  【編集】

東京ミュウミュウがやってた年なんですが・・・など。

確かに東京ミュウミュウが放送された年は、2002年4月~03年3月です。
その後番組はマーメイドメロディ ぴちぴちピッチ(2年目はピュア)(2003年4月~04年12月)です。
確かにグランセイザーと同時期にやってたのはぴちぴちピッチの方です。
あと、今やってる仮面ライダーエグゼイドはロックマンエグゼシリーズ(2002年~06年)と電光超人グリッドマン(1993年4月~94年1月)、電磁戦隊メガレンジャー(1997年2月~98年2月)、コンパチシリーズのファイターロア、スーパーマリオシリーズ、スクライド(2001年7月~12月)の要素がたくさんある作品です。
佐倉ユウ |  2017.01.15(日) 12:18 | URL |  【編集】

お久しぶりです、佐倉ユウさん

「襲来!!1999」の記事以来ですね。
「ミュウミュウ」の放送年は訂正しときます。

「ハピチャ」の「イノセントプリフィケーション」を観て
「ぴちぴちピッチ」を連想した、という話は聞いた事があります。
「プリキュア5」特に「キュアミント」は「ミュウミュウ」の
パクリと言われたようですが、どうしてもモチーフは似通って来ますね。

新アニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』キュアホイップたちの食玩フィギュアが3月発売
 ttp://dengekionline.com/elem/000/001/446/1446530/
動物の耳と尻尾があるのは、女児的にはどうなんだろう? と思います。
コスプレイヤーと衣装を作る人には非常にウケそうです。

「宇宙戦隊」も「グランセイザー」と… と言われるのは目に見えてますね。

「エグゼ」はあまり観てないですね。 何と言って良いんだろう。。。
挙げられてる作品も「メガレンジャー」以外は正直分かりません。
でわ
珍来 |  2017.01.16(月) 00:01 | URL |  【編集】

私は「9人制でやらないともうやっていけないのかな」って感じがしましたね。少子化の問題はもちろんですがまた冬の時代だからかなっても思いましたね。
マイベイ |  2017.01.17(火) 23:23 | URL |  【編集】

「キュウレン」で…

最初に連想したのは本文に書いた通り「九蓮宝燈」ですw
その後「ジュウレン」があったのに「キュウレン」?
「キョウリュウジャー」が「10人」になったのに「9人」?
「宇宙戦隊なのにスケールダウンしてね?」
と兎に角良いイメージが無かったですね。
少子化はこの場合どうなんだろう… 人間態5人ですから
「1人でも良さそうな着ぐるみメンバーが4人居る事が生きるか?」
が番組の成否を左右すると思いますね。
でわ
珍来 |  2017.01.18(水) 00:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |