2017.05.14 (Sun)

出るか?!新必殺技

「グリーンツー・高杉真吾」は母校「明立高等学校」の恩師・野球部監督を訪ねました。
8-32-1.jpg

俺にもう一度昔の「千本ノック」をして下さい!

強化された「バイオスーツ」に同調して「スーパーエレクトロン」を完成させる為に5人は…
8-32-2.jpg

なあ皆! おぅっ体力と精神力の鍛錬に取り組みました。

キャラ失敗? 第32話「出るか?!新必殺技」と第33話「見よ!バイオの力」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「資質が疑われる言動」「自信が無く失敗が多い」ヒーロー&ヒロインは多いのですが、
「グリーンツー」の場合は「本当に自力で挽回したか? 仲間に頼らなかったか?」
疑わしいお話が多く、厳しい言い方をすれば「キャラ作りに失敗した」と思われます。

第31話「新型?!メガス出現」で「ジューノイド五獣士」は「ジュウオウ」をセンターにして…
8-31-1p.jpg

フォア・ザ・マン!!!!! 主「ドクターマン」の為に戦いました。

「メタルメガス」の無差別砲撃から左側「サイゴーン」「メッツラー」は生還しましたが、右側
「メッサージュウ」「アクアイガー」は退場。 悪の組織は正義の味方よりある意味厳しい。

第32話で「ビッグスリー」(大幹部)のメイスンは改造、ファラ様も「危険な女」に成りました。
8-32-3.jpg

進歩の無いバイオマンさん、何しに来たのw

武装の強化と「超合金ミラクルG-X」で覆われた事で「バイオエレクトロン」を寄せ付けない。
8-32-4.jpg

俺様の新しい力を見せてやる! 腕が伸びる、アリかな…

未完成の「スーパーエレクトロン」を試みますが失敗、敗走して敵に笑われるバイオマン。
8-32-5.jpg

ヤツらも着々と次の手を考えているなw 追わせろ!


高杉は一人だけ大きなダメージを負いました。 彼は4歳頃に全身骨折の大怪我した
トラウマにより、自分に負けてしまう事がある、それを克服したいと一念発起しました。

大人の目から見ると「相手の都合も考えず…」ですが、子供の目から見ても彼を
「カッコ良い!」と感じられるのかな。。。 ただ彼にトコトン付き合ってあげる監督は…
8-32-6.jpg

お前は本当に何か大きな事に挑戦しようと

してるんだ、その目を見れば分かる
 「人格者」でしょう。

高杉が精神的に成長した事により「スーパーエレクトロン」は完成に大きく一歩前進!

改造メッツラーが受けて苦しみだしましたから… 今一達成感、爽快感に欠ける。。。

次話では冒頭から高杉が爆発事故! …次回「新メンバー」を思わせる展開に焦りました。
8-33-1.jpg

完成したぞ「バイオスーツ」! 何だかいつも扱いがヒドイ。

「ピーボ」は記憶を失い500年前に「バイオ粒子」により起きた戦争で滅んだ「バイオ星」に
帰りたいと徘徊。  声が通るUFOマニアの美少年「洋介」に保護されました。 この子の…
8-33-2.jpg

これでUFOを呼べば良いのですよ! 将来が心配。

モンスターはバラバラになったジュウオウのネジ一本に至るまで回収し、主に直訴しました。
8-33-3.jpg

「ジュウオウ」は俺の「一の子分」です!

ジュウオウ無しでは俺生きて行けません!

分かった。 「部下思いの気持ち」に心打たれる人格者的な悪の首領。

モンスター&ジュウオウは一番人気! 当時の「男児層」を一時的に悲しませましたが…
8-33-4.jpg

「モデルチェンジ」で再登場♪ 「美味しい再登場」の演出でした。

第40話「奪われたターボ!」は高杉の最後の主役回でしたが、モンスターが自分達に
欠けているのは「スピード」と「バイオターボ」を強奪し、ジュウオウと暴れまくりました。
仲間に頼って奪回する「元レーサーなのに!?」と涙が出そうになる情けないお話。。。

頭を打って記憶を取り戻したピーボは、限界ギリギリに追い込まれた5人の覚醒を確信!
8-33-5.jpg

君達の体に秘められた「バイオ粒子」だ!

完成した強化「バイオスーツ」と5人が同調出来た事で遂に「スーパーエレクトロン」完成!

改造されたジュウオウを吹き飛ばしました。 …本作は「毎回怪人」を排したんですが、
その後の作品はほぼ「毎回怪人」。 やはり達成感、爽快感と「新鮮味」が欲しいので必然。

第35~6話では異常な身体能力を持つ「山守正太」(演:黒崎輝さん)が登場し「6人目!?」
8-34-p.jpg
と思わせる展開でしたが「バイオ粒子反応無し」でダメでした。 「2代目イエローフォー」が
居た時点で、500年前に「バイオ粒子」を浴びた5人の子孫で、反応が出る者は居るハズ。
…というか、もう「反応無くても良いだろ、この人の方がずっと働いてくれそう」と思えます。

第37話から「反バイオ同盟」が作ったロボット「バイオハンター・シルバ」が登場して、
「どっちが正義というワケではない」感じがして来ます。 「バイオ星平和連合」は
「自分達と同じ過ちを繰り返させない」為「ピーボ」と「バイオロボ」を送り込みましたが

自分の事が出来ない者が他所の心配!?

と正直思います。 第43~4話からはドクターマンに「良心回路」を付ける事が目的になり

洗脳とどう違う? 正義の味方がやる事か!

と「バイオマンの正義」が怪しくなって来ます。 …本作は「大河ドラマ路線」を明確に
打ち出し「やや高い年齢層」向けを意識したアイディアを色々と出来たのですが、

行き当たりばったりで整合性に欠ける

作品になりました。 …勿論評価出来る事も多い戦隊の「ターニングポイント」的作品です。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

18:30  |  08.超電子

Comment

その後のレッドワン

最近、レッドワンはピンクファイブさんのブログを見て癌の病気しているそうです。
早く元気に治療して欲しい。当のピンクファイブさんは最近、某区議会議員のフェイスブックを見て元気な姿で活動していますね。
 バイオマン以降築いてきた戦隊ヒロイン2名制はついにライダーにもエグセイドによりヒロインの活躍によって話題になっていますが。「キュウレン」もついに来週ハミイ回です。それにラブターさんも登場するそうです。
戦隊ヒロイン2名の他、バイオマンの他、トッキュウヒロインの活躍が印象に残りますが。マスクマンヒロインの活躍も外せないのです。
隠れ戦隊ファン |  2017.05.16(火) 13:01 | URL |  【編集】

あまりにレッドとWヒロインの存在感が有り過ぎて
緑と青のキャラが立ちませんでしたね。
でわ
珍来 |  2017.05.16(火) 22:40 | URL |  【編集】

2回のアクシデントさえ無ければ...。

『超電子バイオマン』は第1話から第9話までは良かったです、が第10話以降からはイエローフォー役の矢島由紀さんの突然の降板とレッドワン役の阪本良介さんのバイク事故による骨折がありドラマ自体がグダグダになってしまいました、ので私は『バイオマン』を見てくれとは誰にも言えないんです、矢島さんは消息不明で阪本さんは昨年にガンの手術をしましたが社会復帰出来るまで状態が良くなったのか分かりません、『バイオマン』は東映側としては戦隊の変革を目指していて『宇宙刑事ギャバン』以降のメタルヒーローで本格的に使われていた東通ECGシステムによるビデオ合成の導入、女戦士を2人に増員、等身大怪人の巨大化を取り辞めバイオロボとメカジャイガンの巨大ロボ同士の戦いなど、現在のスーパーロボットファンを歓喜させる内容盛り沢山でしたが上述の2つの番組に取って致命的な事件がありましたので戦隊の変革が出来ずに終わってしまった気がします、戦隊の変革は翌年の『電撃戦隊チェンジマン』で出来たかなと思います...。
あさばよしゆき |  2017.05.17(水) 02:12 | URL |  【編集】

その2つは…

確かに影響は大きかったですね。
イエローフォー交代で緑がサブリーダーになり、
阪本さんの出番が減ってしまうとなると
断念せざるを得ない事がたくさんあったと思います。
でわ
珍来 |  2017.05.18(木) 01:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |