2017.05.28 (Sun)

プリキュア野球・サッカー回 その2

「ハピネスチャージプリキュア!」(14~5)第19話「サッカー対決!チームプリキュア結成!」
170528-1.jpg

オッス、ゴンです! 中山雅史さん(現在49歳)がゲスト出演された回です。

プリキュア(変身前)が「サッカー日本代表」っぽいユニフォームに「かわルンルン♪」しました。
170528-2.jpg

隊長、宜しくお願いします傑作回であり重要回でした。

「スマイルプリキュア!」(12~3)第29話「プリキュアがゲームニスイコマレ〜ル!?」と
「ドキドキ!プリキュア」(13~4)第19話「クリスタルをかけて!ジコチューのゲーム!」
も紹介します。 「ゲーム勝負回」は重要回の前フリである事が多い事について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「ゲーム勝負回」は面白いお話が多いんですが "重要回の前フリ" である事も多いです。
メンバーの個性を改めて描きたい、敵との交流を描きたい時の "取って置き" なのでしょう。

「気を引き締めて行こう!」と発言した直後のキュアハッピー・星空みゆき。
170528-8.jpg

はいはい わたしやる♪ 今回は「何も考えてないアホなリーダー」。

キュアサニー・日野あかねは "プリキュアにあるまじき単語" を言いません。
170528-9.jpg

そうはイカの… ヤキソバや~っ! 本放送ではドキドキw

キュアピース・黄瀬やよいは「球」をナデナデ。 今回も "あざとい" けど成長してます。
170528-10.jpg

運動会で唯一ビリにならなかったのが「球転がし」だけなの♪

キュアマーチ・緑川なおは「女子サッカー部」所属だけど「直球勝負」なので「野球勝負」。
170528-11a.jpg

私が必ず打つ! 「マーチシュート」のヘディング版が初めて見られました。

キュアビューティ・青木れいかは「水泳勝負」を「スケート」で勝利! 「ゴーグル」の立場は?
170528-12.jpg

このような卑怯なやり方… 許せません!

しかし「最後のゲーム」こそが敵のワナであり「前座」に過ぎない、どんでん返し的展開。

"なまけ玉" で全滅寸前になった第32話「心を一つに!プリキュアの新たなる力!!」では
ハッピー・みゆきは仲間を救う為にボロボロになり孤軍奮闘、リーダーらしい事をしました。


「スマプリ」が「一人を除いて全員アホ」に対し「ドキプリ」は「全員優等生」ですが、リーダー
キュアハート・相田マナの「レジーナを信じたい」にワナと知りつつ付き合ってあげます。

キュアロゼッタ・四葉ありすはPK勝負でGKを買って出ますが「ボールジコチュー」に…
170528-13.jpg

守りはお任せ下さい 非情になり切れず優しく抱きかかえようとします。

「ボーリング勝負」もピンがジコチュー。 キュアダイヤモンド・菱川六花とイーラが… 
170528-14.jpg

ド真ん中なのにガターはないでしょ! じゃれ合い。

謎の赤ちゃん妖精・アイちゃんの「キュピラッパー」で勝利! キュアソード・剣崎真琴は…
170528-15.jpg

しゅごーい♪  次第に「ポンコツ」的なボケをかますようになります。

最後の「ドッジボール勝負」でレジーナはアイちゃんに「審判」をさせ不確定要素を封じる。
敵は知略を巡らせても「チームワーク軽視」の傾向があり「自滅で敗北」する事が多い。

レジーナは「キングジコチュー」の娘。 キュアハート・マナは主人公らしく熱く呼びかけます。
170528-16.jpg

約束は破るものではなく、守るものだよ~っ!

展開上「完全決着を付けずに一度クリスタルを全部揃わせる」必要性があったワケですね。
170528-17.jpg

クリスタル5つもらったわ  近づけた途端どこかへ飛んで行きます。

第20話「クリスタルの導き!王女様のもとへ!」で断片的で不完全ながら謎に近づいて…

マナとレジーナは心を通わせます。 「ゲーム勝負回」が "重要回の前フリ" は必然でしょう。


多くのゲスト出演者の中でも中山さんはワリと上手で「ゴン、うめぇ!」と評されました。
170528-3.jpg

「絶対に負けられない戦い」がそこにはある!

管理人が最初に「中山選手」を知ったのは93年「アメリカW杯最終予選」の頃で…

こんなヘタな選手が日本代表!? が第一印象でしたが

イラン戦、0対2で迎えた後半43分 "パスミス" を諦めず全力疾走、ラインを割る寸前…

スライディングで追いつき、角度のない所からシュートを放ち、気魄のゴールを決めた直後、
全速力でボールを取り、即座に試合を再開させようとする姿、で評価は完全に覆りました。

華麗なゴールは決められないけど "魂のゴール" を決められる選手だと。
170528-4.jpg

「炎のストライカー」まるで昔の僕のようだw

あまりに眼光が鋭いので "人外" と気合で戦うのかと思いましたが、さすがにそれは無い。
170528-5.jpg

おまえは「幻影帝国」 "やたら熱く語る野郎" 呼ばわりされますw

管理人は91年以来の「鹿島アントラーズ」サポですが、中山選手が94~09年まで所属の
「ジュビロ磐田」との "2強時代" (97~02?)は本当に 「熱くさせてくれる敵」

特に98年から「年々上手くなってるんじゃないか?」的で「華麗なゴール」も増えました。
(風間八宏、井原正巳、長谷川健太、藤田俊哉、選手らも管理人の「大学の先輩」)

10~2年まで「コンサドーレ札幌」に所属し現役引退。 15年からJFL「アスルクラロ沼津」
で現役復帰されてます。   何かを感じ取ってたんじゃないか、と思わせるゲストキャラ。
170528-7.jpg

"チームメンバーを思いやる心" 素晴らしい!  

「氷川いおな」はチームワークの大切さを知り「キュアフォーチュン」の正体を明かしますが…
170528-6.jpg

キュアラブリー、キュアハニー、私と一緒に

チームを組まない?
 「キュアプリンセス・白雪ひめ」は許さない。

第20話「悲しい過去!!キュアフォーチュンの涙」第21話「ひめの過去の過ち!」と…

中盤の重要回が続く前フリでした。 …あまり簡単に仲間になってしまうのは。。。 と
パターン破りの波乱を起こしましたが "いおな-ひめ の対立" は不評だったようです。

姉を失った事で人を憎むのも、過去の過ちを隠そうとするのも、至極当然の行動ですが

そういうのは見たくない 他でやって、という方が多かったようです。

「対立して認め合える関係が築ける」も真実ですが「女児向けアニメでは辛い」事も確か。
でわ

P.S.
<追加>管理人が選ぶ「サッカー日本代表 "魂のゴール"」3選。
'98仏W杯アジア予選第3代表決定戦vsイラン戦。 "野人" 岡野雅行(当時25歳)選手の…

"ジョホールバルの歓喜"(97.11/16) と呼ばれる日本を初めてのW杯に導いたゴール。

仏W杯ジャマイカ戦(98.6/26)で中山選手が決めたW杯初ゴールが最後に観られます。

直後に相手選手との接触で右脚を骨折しながら終了まで走った事は "伝説" と化してます。

2,002W杯ベルギー戦(02.6/4)での "銀狼" 鈴木隆行(当時25歳)選手のゴール。 これこそ…


"サッカー日本代表史上最高のゴール" と思えます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  プリキュアシリーズ

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |