2017.08.20 (Sun)

世界の料理ショー (68~71)

原題 "The Galloping Gourmet" は「大急ぎの食通」的意味。 「カナダ放送協会」(CBC)で…
170820-1.jpg

制作され、世界37か国でも放送された 「料理バラエティー番組」

イギリス・ロンドン生まれの料理研究家「グラハム・カー」さんが調理と司会進行を務めました。
170820-2.jpg

盛大な拍手もらっちゃって♪ 日本では74~8年に初放送され…

管理人は幼少期の80年代初期に放送されたのを視聴して衝撃を受けた記憶があります。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

NHK「きょうの料理」(57~ 今年60周年を迎える日本一の長寿テレビ番組!)や
「キユーピー3分クッキング」(62~)など料理番組の歴史は古く、長寿番組が多いですが、
「世界の料理ショー」は少なくても日本では初の「料理バラエティー番組」と言えるでしょう。

「料理天国」(75~92)は戦隊の裏番組だったので管理人はあまり観なかったけど、
「肉や野菜入りプディング」や「魚(ニシン?)のパイ」は美味しく見えなかったですねw
170820-10.jpg
映画「魔女の宅急便」(89)では祖母が作った上のパイを孫娘が「キライ」と評しますが…
170820-11.jpg
本場イギリスでは「Stargazy pie(星を見るパイ)」として実在。 孫娘の言い分は正しいw

「Stargazy pie」は16世紀に実在した漁師「Tom Bawcock」を讃えるために食べられている。

海が荒れ、漁にでることができなかったある日、クリスマスを前に、魚が主食であった村人たちは飢餓に直面していました。しかし12月23日、「Tom Bawcock」は勇敢にも嵐に立ち向かうことを決め、漁に出たのです。激しい嵐にもかかわらず、彼は村人全員に行き渡る程の魚を捕えることができました。「Tom Bawcock」に感謝した村人は、「捕らえた魚が入っていることが分かるように」頭を出してパイに入れられて振舞われたのです。 (wikiの記述の和訳)

映画版で「頭を出してない」のは「観客への配慮」かも知れないし、本場イギリスでも
若い世代から敬遠される事が分かってるから「パイで魚の形を作る」で代用するのかも。
「南瓜」(カボチャ)も入れる事は多いようですが「飢饉を忘れない為」なのかも知れません。

管理人がアメリカ、イギリス、そしてフランス料理にあまり良い印象が無く、それ以外の
各国料理に非常に興味があるのは、幼少期に観た料理番組からの影響かも知れません。


プロデューサの妻・トリーナと世界の料理を取材し、ワインを飲みながら軽妙なトークを交え
グラハムがスタジオで再現。 出来上がった料理を観客の一人と食べる、が基本的な流れ。
「アメリカンジョーク」なのか、当時の管理人はポカンとしちゃうネタが多かったw

まず2.3kgの牛の腿肉など食材の大きさ、量に圧倒されます。 今回は3日間マリネにする。
170820-3.jpg

ドス黒くなるから驚く! 鮮度が心配な事が多く、観てて不安でしたw

「豚の背脂」は近年は入手し易いでしょうが、現在でも日本では入手困難な材料も使われ、
興味をそそられました。 進行補助役? の「スティーブ」をイジるなど、お笑い要素も…
170820-4.jpg

それぐらい覚えとけよ「スティーブ」! ふんだんでしたw

大きな塊のまま苦労するより、細かく薄く切った方が楽なんじゃないか? 様々な疑問を
感じて観てた記憶がありますが、飲酒しながらやロゴ、音楽などハイセンスも感じました。
(管理人は現在も「肉を大きな塊のまま調理」に否定的ですが「ケバブ」「シュラスコ」はOK)
170820-5.jpg

ワインでもドバーッと飲んで一休みしよう♪

ギャグを真に受けてしまった事も多かった。 …これはけっこうマジかも知れませんが。
170820-6.jpg

夏に作らなきゃ良いんですよアメリカ人の常識

「黒沢良」(11年満81歳没)さんの吹き替え版は、日本人にウケるギャグに変更されたとか。
170820-7.jpg

インディアン嘘つかない、白人嘘つき♪

スティーブをイジるネタはオリジナルでもあったようです。 検証しようとは思いませんがw
170820-8.jpg

2分、3分、4分、巻いて巻いて、OK!

最後の試食は「これ美味しいのか?」と疑問を持ち、お決まりの台詞に「出来るかあ!」
と思わずには居られませんでしたし、兎に角「高脂肪、高カロリー」な料理が多かった。
170820-9.jpg

これは是非お試し下さい それではまた来週

幼かった管理人にとっては「外国の食文化」「未知の食材」「鮮度」「カロリー」などに…

漠然と興味を持つ切っ掛けになった「食育番組」でもありましたね。 番組自体は
70、71年の「エミー賞」(世界の優れたテレビ番組を表彰する賞)にノミネートされるなど
絶好調でしたが、71年に夫妻が交通事故で大怪我を負い、打ち切りになりました。


90年に "The Graham Kerr Show" がアメリカで制作され日本でも「新・世界の料理ショー」
として放送されました。 って知らなかった! 記事書き始めてすぐ管理人は知りましたね。

世界的な健康志向の反映と、トリーナ夫人が循環器系の疾患に罹った事を反省したのか
低カロリー・低コレステロール嗜好に路線変更し「カロリー表」も提示されるようになりました。

…日本人から観れば本当に低カロリーか疑わしいし、やはり鮮度がどうしても気になる。
(吹き替えは「池田 勝」(現在74歳)さんが担当されてます)

欧米人はシーフードをほとんど食しない人も多いし、鮮度に無頓着な傾向もあります。
日本食が注目され始めるのはもうちょっと先。 日本食ブームの近年は世界的に冷蔵、
流通技術が浸透して、フランス料理や中華料理などでも" 生食" が見られます。

明日から仕事の方が多いでしょうが、何か面白くない事があったら心の中で3回

自分は「徳川家康」より良いモノを食ってる!

と唱えると大抵の不満は消えるでしょう。 「昔の人間の方が体に良いモノを食べてた」
"妄想" はチャンチャラ可笑しいw 現代日本に産まれた事を心から感謝しましょう。

09年のグラハム・カーさん、当時75歳。 「笑える料理番組の先駆者」と仰ってるので…

やはり「世界初の料理バラエティ番組」で間違いないようです。 現在日本の料理漫画、
アニメにも多大な影響を遺した、でしょう。 アメリカに帰化し在住、現在83歳です。
でわ

P.S.
管理人は90年代に「つくば市」で学生生活を送りました。 「自炊」に凝ってましたが
友人達と外食する時は必然的に学生街に多い「量が多くて安い店」に行きがち。
しかし時々一人で「各国料理店」に行きましたね。 「世界の料理ショー」の影響かも。

つくば市は90年代初頭にイタリア、タイ、インド料理店などが完全に根付いていて、
現在でも「六本木」くらいに「各国料理店」が多いですね。 時々遊びに行きますが
ロシア家庭料理の「薔薇絵亭」、イラン中東料理の「アリーズ ケバブ」や…

メキシコ料理「エル・トリート」などによく行きます。 おぼろげな記憶ですが…
「世界の料理ショー」でメキシコ料理がよく採り上げられて美味しそうに見えたような。。。
スペイン料理に先住民アステカ族、マヤ族の料理と「トウモロコシ」「唐辛子」「トマト」など
新大陸の食材が取り込まれ「サルサ」は低カロリー。 上記はアメリカナイズされてますが。

しかし何故か「フランス料理」だけは全く行かないんですよね。 強いて理由を言えば

"代表的なフランス料理" が分からないから

他の各国料理は「(ほぼ)必ずある料理」が思う浮かぶのにフランス料理だけが。。。
もしかしたら幼少の頃に観た料理番組であまり良く思えなかった、だけかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしいテレビ番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  バラエティ番組

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |