2017.08.27 (Sun)

変装はお好き?

「イエローバスター・宇佐見ヨーコ」役の小宮有紗さんが香港の女優「アンジー・スー」を…
36-12-1.jpg

多謝 (do1je6、広東語で丁寧な「ありがとうございます」) 一人二役で演じました。

辛くない、貴女だってフツウの女の子なのに戦うなんて?
36-12-2.jpg

私は自分の意志で戦ってる!  問われてヨーコは答えます。

5年前の「母の日」(12年5月13日)に放送された、Mission12「変装はお好き?」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

本作は他の戦隊に無い "正義の味方は可哀想" 的なリアルが描かれてます。
管理人的には興味深く感じられますが、それを非常に嫌い「戦隊で描くべきではない!」
とする人達の気持ちも分かります。 …本作のみの "個性" という事で良いと思います。

リュウジ達はヨーコちゃんとアンジーを「ソックリ」と評しますが「ウサダ・レタス」は…
36-12-3.jpg
「ゼンゼン似てない」と同意しません。 人間とバディロイドで「(人間の)顔認識」が
違ってるんでしょう。 管理人的には雰囲気が違い過ぎて「別人」のように感じられました。

ヨーコちゃんは自分によく似た同年代のアンジーに「母」「夢」の話をされてショックを受ける。
36-12-4.jpg

貴女には「夢」が無いのですか? 「夢」!

ヨーコちゃんは3歳の時に「13年前のクリスマスの事件」で母を亜空間に飛ばされました。
36-12-5.jpg

お母さんか… あんまり覚えてないな。。。

新人オペレータ「仲村ミホ」は「フツウの女の子なのに…」と発言したのに対し
ウサダは「みんなの愛をたっぷり受けて育ったフツウの女の子」
と返します。 世間一般から見れば彼女の境遇は間違いなく「不幸で可哀想な少女」ですが、
ウサダ達、リュウジに司令官、エネルギー管理局の面々は「そうはさせない!」共通認識で
過剰な愛を注いだようです。 その為かヨーコちゃんはちょっとワガママに育ってますね。

しかしレッドバスター・桜田ヒロムだけは彼女を「不幸」と思わず、ハッキリ言ってくれます。
36-12-6.jpg

絶対にやらなきゃいけない事は「夢」って言わない

アンジーは発言を謝りに来て、やり方が分からないヨーコちゃんに化粧してあげます。
36-12-7.jpg

貴女や皆の夢を護る為にも 「ありがとう」と言い合いました。

「コピーゾード」もエースの姿になり反応を消しました。 やっぱり「フツウの女の子」じゃないw
36-12-8.jpg

だったら両方攻撃してみれば分かる! 乱暴だなぁ。

アンジーに変装して「コピーロイド」と大立ち回りした映像は「動画サイト」に投稿されました。
36-12-9.jpg

どうでもいいが、スパッツ など英語、中国語などのコメントもあり。

神回認定しても良いお話なんですが「本物のクリスタルを付ける必要があったのか?」

話の都合とは言え、モヤモヤ感が消えません。 ヴァグラスに偽物と解析されるのなら、
アンジーが別人(ヨーコ)だと完全にバレるでしょうから、作戦の意味が無くなります。

ヨーコとアンジーが何語で会話したか、は流せるけど「クリスタル」の事は流せないです。

小宮さんは現在「キュウレンジャー」にフクショーグン・アキャンバーの声で出演されてます。

ワシピンクとの絡みが多かったり、長く活躍とされると嬉しいですね。
でわ

小宮さんはアニメ・声優ファン的には「ラブライブ!サンシャイン!!」(16)「黒澤ダイヤ」役で

愛称「ありしゃ」です。 そちらにも特撮的には「ヨーコ」である事は知られてるようですが。

…自分はこういう事は絶対しないんだけど、小宮さんなら怒られてみたい気もする。。。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:30  |  36.特命

Comment

話はズレますが・・・

『特命戦隊ゴーバスターズ』でイエローバスター役の小宮有紗ちゃんが2役を演じた回では2012年時には合成技術の進歩も有り、1987年時の『光戦隊マスクマン』では出来なかったイガム王子とイアル姫の2役の対面が出来る様になりましたね、21世紀の特撮技術の進歩には驚かされます、有紗ちゃんは最近は目立った活動をしていない様に思えます、雑誌のグラビアは見かけますが、『宇宙戦隊キュウレンジャー』も夏休みが終わったら時間帯の変更が有りますね、同じ東映製作の『ドラゴンボール超』などとバッティングしてしまうのでフジテレビ側には何とかして欲しいですね・・・。
あさばよしゆき |  2017.08.28(月) 08:39 | URL |  【編集】

お久しぶりです、あさばよしゆき さん

専門的な事は分かりませんが、見ないような映像もありましたね。

「ラブライブ!サンシャイン!!」は今年秋に第2期が放送されるので
小宮さんに関心があるので観てみようかな、と思ってます。
9人組女性声優ユニット「Aqours」(アクア)としても活動されてます。

戦隊とライダーはフジテレビの集英社アニメとバッティング
してしまうのですが、向こうとしては何もする気はないでしょう。
鬼太郎第5期は観てたけど、個人的にはフジの方には全く関心無いです。
でわ
珍来 |  2017.08.28(月) 22:10 | URL |  【編集】

ホントに印象がガラッと替わりますね。つくづく女性は色々な顔を持ってて怖いなと思います(^^;)

小宮さんは戦隊ヒロインを全うして羽ばたいていきライダー、ウルトラマンと渡り再び戦隊シリーズに、しかも今度はヒーロー達を苦しめる女怪人として戻ってくるというのは胸熱な展開です。

本人も「キュウレンジャーを沢山苦しめられる様に頑張りますのでお楽しみに」と宣言されてるのも嬉しいです。ゴーバスのヨーコってことでワシピンクとの旧ヒロイン対決があると面白くなりそうだけどむずかしいかな…

ただ贅沢な本音をいえばセクシーな女幹部で顔出しで出て欲しかった(笑)
ホスピタル |  2017.08.31(木) 18:32 | URL |  【編集】

アンジー・スーの名前の由来は

アンジー・スーの名前の由来は、アメリカの女優の
アンジェリーナ・ジョリーさんの愛称のアンジーから
採ったと思います。なぜなら、アンジェリーナ・ジョリーさんは、アクション系の女優なので、特撮もアクション系なので、そのイメージからアンジー・スーと役名を
考えたと思います。
高野道宏 |  2017.09.02(土) 22:37 | URL |  【編集】

お久しぶりです、ホスピタルさん

レス遅れてスイマセン。
市道真央さんはゴーカイイエローとワシピンクの声を演じられて、
デカイエローと2代目キョウリュウシアンの木下あゆ美さんの例は
あるけど「初期戦隊ヒロインを2回演じた例」としては初。

戦隊ヒロイン女優が悪のヒロインも演じた例は3回ありますが、
イエローバスターの小宮有紗さんは「フクショーグン・アキャンバー」の
「声」なのは初。 …だけどテンションが今一上がらないのは
フクショーグンの一人「テッチュウ」(声:土田大さん、ニンジャブルー)が
3話で退場してしまったせいでしょうね。 それに…
ワシピンクとの絡みも無さそうだし「人間態」の登場もどちらも無さそう…

一言で言って「男性層の好む展開にならなそう」なんですよね。。。
かと言って「男児層の好む展開になってるか?」も疑問で…
「キュウレンジャー、波に乗れないな」と正直思います。
でわ
珍来 |  2017.09.03(日) 12:20 | URL |  【編集】

初めまして、高野道宏 様

コメントありがとうございます。
放送当時でも「アンジーのモデル」については
仮説すら見かけませんでした。

調べましたが、ほぼ間違いないようですね。
教えて頂きありがとうございました。
でわ
珍来 |  2017.09.03(日) 14:27 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2017.09.03(日) 18:44 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |