2017.11.26 (Sun)

ブライ死す…

ブライはゲキに「獣奏剣」と「ドラゴンアーマー」を託して逝きました。 「正義と力の戦士」
16-42-1.jpg

アームドティラノレンジャー  スーパー戦隊初の二段変身形態。

たった一人の少年・耕太を救う為に命の炎を燃やし、ゲキ達に地球と子供達を託して…
16-42-2.jpg

最後まで地球を守り、子供達を守ってくれ…

頼む。
 兄さん、兄さぁ~ん! ブライの使命は終わりました。

管理人的にスーパー戦隊シリーズ№1の超神回、第42話「ブライ死す…」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

管理人は「スーパー戦隊シリーズ」を全作品全話視聴してますが、これ以上のお話は…
無い! と思っています。 …これを越えるお話を作れと言う方がムリ、と思えるほどです。


第40話「ブライ死の出発」から「ドクロの車屋(死神)に死の国に案内される夢」を見て…
16-40-p.jpg

あと「4時間」で俺は死ぬのか ブライは死の恐怖に怯えます。

そして一人の少年がベンチに座ってる事が気になります。 第41話「燃えよブライ!」で…
16-41-p.jpg

何だあの少年は? バンドーラに「時の停止した部屋」を破壊されました。


その直後、夢で見た少年「松井 耕太」を探します。 耕太は「ドラゴンシーザー」の大ファン!
頭に乗せてもらい「カッコ良いポーズ」を要求して、ドラゴンシーザーを戸惑わせました。
16-42-3.jpg

乗れるとも! 元気になったら、いつだって

乗せてあげるからね!!
 瓦礫で重傷を負った彼にブライは…

「メダル」を握らせます。 第19話でゲキも傷ついた少年の治癒力を高めさせてますが、
変身出来なくなり「守護獣」も呼べなくなります。 ブライは覚悟を決め、最後の目標を…
16-42-4.jpg

分かってくれ、ゲキ。 俺は生きている内に

何かしておきたいんだ! だから、あの子を…


いや、本当は折角仲直り出来た弟と一緒に暮らしたい! 兄弟で抱き合って泣きます。
(第17話で初登場したブライが、第22話で改心しゲキと和解した流れを見事に踏襲してます)
16-42-5.jpg

兄さんもあの子も助かるかも知れないんだ!

前話で「命の水」を得る為にゴウシとダンが「聖なる大地」に行ったので戦力が分断され、
ゲキ達5人もメダルを失いました。  13時の鐘が鳴り、運命の14時まで残り1時間!!

ブライは生身でドラゴンシーザーの「コクピット」に乗り込みます。 緊迫したシーンだけど…
16-42-6.jpg

ドーラガンサクを倒すんだ! 「コクピット有ったんだ」と管理人を

含めた多くの視聴者を驚かせました。 「ドーラガンサク」は第40話で「プリプリカン」が
「作品と呼べるモノじゃ…」と酷評しましたが、バンドーラは「スゴイ力を秘めてる」と絶賛!
「ドラゴンシーザー」に化けてブライをワナにハメ「大獣神」「剛龍神」「ティラノザウルス」にも
化けます。 そしてノーマル状態でもドラゴンシーザーを完全に翻弄するほど強いです。

ゲキ達3人は強化ゴーレム兵に、ゴウシとダンは「命の泉を守る精霊」に大苦戦します。
残り5分でゲキが第22話以来の「神に抗議」し、ブライが絶叫した時「奇跡」が起こりました。
16-42-7.jpg

俺の命はどうなってもいい! でも、耕太君の

命を!! 地球を救いたいんだ!!!


ブライはメダル無しで「ドラゴンレンジャー」に変身し、ゲキ達5人にはメダルが戻りました。
16-42-8.jpg

一気に究極大獣神になって、ドーラガンサクを

叩き潰すんだ!!!
 勝利の直後に14時の鐘が鳴ってしまいます。

精霊の正体は「クロト」であり「女神」の姿になって「命の水」をゴウシ達に授けました。
16-42-9.jpg

ブライの最期の願いだけは叶えてあげます

ブライは「短い間だったけど弟ゲキや仲間達と一緒に戦えて幸せだった」と語り「命の水」を…
16-42-10.jpg

あの子に、耕太君に、飲ませてやってくれ…

と望みました。 耕太が助かった事でブライの魂は救われ、満足気な微笑を浮かながら…
16-42-11.jpg

何て気持ちの良い風なんだ  ブライは安心して旅立ちました。

ゲキは涙を流しながら「獣奏剣」を吹きます。 ドラゴンシーザーが悲し気に咆哮しました。
16-42-12.jpg

兄さん。。。 兄さん、兄さぁ~ん!!!

ブライはジュウレンジャーに必要な男でしたが、クロトは "命を弄ぶ事を非常に嫌ってる"
ように思えました。 以降「追加戦士」はほぼ慣例化し、本作はスーパー戦隊シリーズの

"エポックメーキング" "中興の祖"的な作品になりました。

「本話を観て大ショックを受けた直撃世代が部活動中の兄を迎えに行った」逸話があり
明るいED「冒険してラッパピーヤ!」と聞いただけで涙が止まらない、方も居るようです。

本当に「これ以上のお話は絶対に作れない」と思えますが、今年10月1日に
「スーパー戦隊シリーズ」は「4回目」(ゴレンジャー、ジャッカーを含めると5回目)
の放送枠変更をしました。 「これ以上のお話を作らなければいけない」ほどの
"危機" が間近まで近付いてる、または既に迎えてる、のかも知れません。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

18:30  |  16.恐竜

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |