FC2ブログ

2019.01.27 (Sun)

ゲゲゲの鬼太郎シリーズ (68~) その6

シリーズ初の人間ヒロイン 「天童夢子」(声:色川 京子さん)は、一度は鬼太郎を倒した…
190126-1.jpg

逃げません! ガマ仙人に会って鬼太郎さん

を助けるまでは!!
 強豪妖怪「邪魅」(じゃみ)に立ち向かいました。

その姿は人間嫌いな「ガマ仙人」の心を動かしました。 彼女は「フツウの人間」なのか?
190126-2.jpg

命を懸けてまで鬼太郎を助けたいとはのう

第3期から第6期まで、アニメ「鬼太郎シリーズ」の「人間ヒロインの変遷」について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

43th戦隊「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(19.3/17~)の「キャスト発表」は、どうやら…
 ttps://hobby.dengeki.com/news/694606/
2月6日(水)12時30分(予定)の記者会見まで不明なようなので、別記事を先にします。


第5期の頃も「ヲタクに媚びてる」「萌えキャラは要らない」などのバッシングはありましたが…
原作萌えキャラ

原作を読んでから言え!!! と反論されると沈黙しました。

「とにかく叩きたい」「叩ければ何でもいい」的で勉強する気は無いから仕方無いです。
「猫娘」(寝子、猫子など類似するキャラ含む)が美少女に描かれた事は少しも珍しくなく、
一度限りの「人間ヒロイン」(実は人間ではない例も含む)も美少女は多かったです。


「鏡爺」は原作者の創作で「百々爺」の姿を流用した "美少女に悪戯する妖怪" 

鬼太郎は「なんてエッチな妖怪なんだ」と憤り、おやじは「なんていやらしい爺だ」呆れ、
第1期第8話では「ねずみ男」が登場する以外は原作とほぼ同じ、第3期第2話で
「天童夢子」(ユメコ)を襲った事から "人間ヒロインと因縁深い妖怪" になりました。
第4期の人間ヒロイン「村上 祐子」は第1話で鬼太郎と知り合って、第4話で再会。

第3期第70話で再登場した際は「悪い妖怪ではない」とユメコから非常に信頼されてました。
190126-3.jpg

そーそー、ちょっとエッチでロリコンだけどねw

「一反木綿」も第3期から「女好き」になり、第6期では「色ボケふんどし」と呼ばれます。

「雲外鏡」が化けた「雲子」(クモコ)は名前もルックスも危ない、良い感じの悪役ヒロイン。
出雲大社の「蒼魔鏡」で退治しました。 鏡爺の「根は良いヤツ」イメージも定着してます。

第41話「激戦!妖怪関ヶ原」ではユメコは無謀とも言える行動力で鬼太郎を助けます。
「ゲゲゲの森(ハウス)」に "自転車" で行ったり、キャラソン「オ・ト・メ・チックな恋」で
「虫が好き」と歌ったり、やはり「フツウの人間ではない」と思わせる所があります。
12912718_954678807979941_396089748_n.jpg
故・水木しげる大先生は、彼女が成長した(10代後半?)イラストを描かれました。

第4期の人間ヒロイン「村上 祐子」は10話ほどしか登場せず、2年目は3話ほど。
190126-4.jpg

足に何か居る!? 「ゲジ(蚰蜒)」は彼女を止めようとしたんでしょうね。

「気持ち悪い」と言われながらも腐らずに、彼女の危機を鬼太郎に知らせに行きました。
「ぬらりひょん」から「草薙の剣」を奪い鬼太郎に渡す「ヤマタノオロチ(八岐大蛇)」の本体を
見抜くなど「フツウの人間か?」と思わせる所がありましたが、第74話が最後の登場でした。

「風祭 華」(かざまつり はな)は第5期劇場版「日本爆裂!!」に登場する人間ヒロイン。

「ユメコをオマージュした」と明言されていて「鏡爺」を敢えてTV版に出さなかったそうです。
「夜刀神(ヤトノカミ)」(「常陸国風土記」に登場する角が生えた蛇神、八岐大蛇と同族?)の
"封印" であり「完璧」と評される美少女。 たった一度だけ「妖怪横丁」に匿われました。

第6期の人間ヒロイン「犬山まな」は、何度も鬼太郎を助け、謎の敵「名無し」と深い因縁を
持つなど、明らかに「フツウの人間ではない」ようです。 「一反木綿」や「鏡爺」は本作で…

「単なる女好き」になってますが、第10話で「ねずみ男」や「ぬりかべ」、第17話で「烏天狗」
の「小次郎」、第29話では西洋妖怪「ヴィクター・フランケンシュタイン」に惚れられてます。
人間の男子には特に好かれてる描写は無いので、妖怪を引き付けるモノがあるのか…

第37話で「ゲゲゲの森(ハウス)」に出入りし、第38話以降は「名無し最終決戦編」と表記
されたので「彼女の正体」が判明すると思われます。 …それは良いとして。。。

「人間ヒロインがフツウの人間ではない」と判明する事は、物語からのフェードアウトを
意味するのではないか? と不安です。 2年目以降も登場して欲しいモノです。
当然第6期には「2年目」があるでしょうから、無かったら管理人はショックで寝込んで

もうフジテレビは観ない!!! と誓いを立てるでしょう。

人間ではないヒーローを何度も助ける人間ヒロイン、彼女は本当にフツウの人間なのか?
それは明らかにされず、有耶無耶(ウヤムヤ)なまま終わる、が正しいのかも知れません。
でわ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アニメーション - ジャンル : テレビ・ラジオ

20:30  |  ゲゲゲの鬼太郎シリーズ

Comment

今年も宜しくお願いします。

女優の戸田恵子主演の『ゲゲゲの鬼太郎』の80年代版は人間側のヒロインの天童夢子がシリーズのターニングポイントとなったキャラクターになりましたね、私が最初に視聴したのは80年代版ですので色々な意味で忘れられない作品になりました、当時は玩具のみならずファミコン版も発売されていました、鬼太郎の父親の目玉の親父を長年務めた田の中勇さんが2010年の1月に亡くなられてしまいましたので私は目玉の親父の代役はとんねるずの木梨憲武さんに引き継いで頂きたかったですね、『鬼太郎』のパロディの『ゲロゲロの鬼太郎』では目玉の親父を演じていました、見事に本家の目玉の親父の再現が出来てましたので、長くなりましたが今年も宜しくお願いします。
あさばよしゆき |  2019.01.28(月) 02:01 | URL |  【編集】

今年もよろしくお願いします。

私は第2期の再放送をよく観た世代です。
第3期はあまり観てなかったのですが、
第5期放送時にTV離れしてた時期の第4期と共に
「全話視聴」しました。
色んな鬼太郎、色んな猫娘を楽しめました。

「人間ヒロイン」はレギュラー化すると
「本当にフツウの人間なのか?」的な疑問が蓄積されます。
第3期と第4期はウヤムヤなまま、それが正しい気もします。
第5期はハッキリさせた結果「妖怪横丁」に行けなくなりました。
第6期はハッキリさせるようですが、大丈夫なのか、心配になります。
でわ
珍来 |  2019.01.29(火) 23:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |