2009.04.11 (Sat)

コサック愛に死す (殉職 その3) (戦士交代 その5)

エゴスに父を殺され心を閉ざす少女・マユミを見舞う初代コサックこと白石 謙作。
090410-1.jpg

血の匂いがするわ  この言葉は彼の脳裏から離れませんでした。

090410-2.jpg
第33話 「コサック愛に死す」を紹介します。子供の頃に再放送で見たけどキツかったです。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

More・・・

子供の頃、初代コサックとミドレンジャーが同じ人ということには気づきませんでした。
(ケニアとデンジ青、ゴーグル黒とダイナ黒は違和感は無いけど分かってました。)
戦士が2人交代するのはBFJだけで、初期の混乱ぶりを感じます。

マユミの元に足しげく通う謙作。「忘れ物」を九太郎(ロボ九官鳥)に指摘される。
ジャパン「強化服だよ!」  第26話で彼らはエゴスに正体を知られています。
090410-3.jpg

クリーニングセンターに出してあるんだ。

今日はいらないよ。
 謙作の見え見えの嘘に驚き、詰め寄る4人。

090410-4.jpg

フランス「持ってけよ!」  強い口調で迫るが

ま、十分気をつけるよ。じゃあな!

と言って指令室から出て行ってしまう。 ケイコとトモコは強化服を持って彼の後を追う。

謙作はマユミの気分を変えようと湖に連れ出すが、サロメとイーグル怪人に襲われる
090410-5.jpg

「マユミちゃん!」 「お兄ちゃ~ん!」

強化服を持っていない謙作は死力を尽くしてマユミを奪還するが逃げ場が無くなってしまう。
090410-11.jpg
マユミをかばって、カットマンに向かって駆け出した謙作は集中砲火を浴びる。
神誠の救援により、マユミは命を救われたが、謙作は手の施しようが無かった。
090410-6.jpg

「お兄ちゃん! うぅっ…」 泣きじゃくるマユミ

「マユミちゃん、楽しかったかい?」  黙ってうなづくマユミ

謙作の両掌を胸の上で組ませて、その上に強化服を乗せる。更に起立して敬礼をする4人。
090410-12.jpg
マスクの右目下が少し汚れていて、泣いているかのようです。
090410-8.jpg
いつかマユミは謙作が強化服を持っていなかった理由に気づくのでしょうか…

神はコサックの強化服とマスクを手にとり、どこかに歩き出す。
090410-7.jpg

(お前の仇は、俺が討つ。きっと俺が討つ。見てろ、白石!)

090410-9.jpg
初陣にマスクオフ姿で登場する2代目コサック・神誠こと伴直弥さん。
マスクオフのことは忘れてました。キカイダー、忍者キャプターで有名な方です。
マリアさんの初陣もマスクオフでやって欲しかった…
090410-10.jpg
ナレーター
「バトルコサック白石謙作は、1人の少女の命を守るために、壮烈な戦死を遂げたが、
彼の遺志をついで、ここに新しい戦士が現れた。その名は、”神誠”
無口だが行動力のある、ニュー=バトルコサックである。 」

興味のある方は動画をご覧下さい。

子供の頃に再放送で見た私も涙が止まらなかったです。

この交代劇についてはインターネット上で話題になったことが他にもありますが、
それについては何か書くかどうか迷ってます。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  03.BFJ  |  Comment(15)

Comment

コサック・・・・。

この話は正直悲しすぎて当時号泣しました。ところが数年前の「USO!ジャパン」というジャニーズのMCの番組でヘンなところだけ編集してコサックの死を「間抜けなヒーロー」と悪意ある放送をしていたんです!(怒)そのときのジャニタレは滝沢と嵐の連中でした!この怒りと悲しさは今でも忘れられません!
れもん |  2010.09.07(火) 09:36 | URL |  【編集】

この記事にコメントありがとうございます。

こんばんわ、れもんさん。
その番組なら動画サイトで私も見ました。
やはり「出演者」に対して怒りをぶつけたコメントが添えられてました。

私はこの記事の最後に「何か書くかどうか迷ってます」と書きましたが、
それは「出演者には何ら罪は無い」と言うことです。
罪があるのは「企画を立てた人」です。
「クリーニング」が分かる位ですから、そこそこの理解度がある子供だったはずで
「悪意」はあったと思われます。 編集した人は命令されただけでしょう。
ましてや出演者は何の予備知識も無く、番組を盛り上げようとしただけです。
それで「悲しみ」の裏返しである「憎しみ」をぶつけられては出演者が可哀想です。

出演者に憎しみを感じた方はれもんさんだけではなく、
何千、ひょっとしたら何万も居るかも知れないので
こんなことを書いて申し訳ありませんでした。
でわ
珍来 |  2010.09.07(火) 19:06 | URL |  【編集】

こちらこそありがとうございます。

そうですね、私もついカッとなってしまい感情に走った文章を書いて申し訳ありませんでした。
でも管理人様のように真にヒーローを理解し、優しさを持った方の意見が聞けただけでもよかったです、本当に管理人様のような方がいてくれて嬉しいです。
れもん |  2010.09.07(火) 22:07 | URL |  【編集】

あぁ、ごめんなさい^^;(汗)

持ち上げ過ぎですって、すいませんw
柔らかく書いたつもりが余り柔らかくなってませんね。
何かありましたら、またコメント下さい。
男性目線の過ぎる記事もありますが、って。

この記事と一組で「その番組」についての記事も書いたんですが、読み返して
「説教臭いな」「あぷしてくれた人にも悪いな」と思ってボツにしました。
その後も「どうしようかな~」と思ってましたが、結局お蔵入り。
それだけこのお話に思い入れがある人が多いと分かっただけで良いと思います。
でわ
珍来 |  2010.09.07(火) 23:17 | URL |  【編集】

かき氷・・・体中がカッカするぜ

戦士の殉職は二代目キレンジャーに続いて二例目でした。後はイエローフォーが有名ですが(7話からほぼ変身前の出番がなかったため中の役者さんに何か事情があったと言われています)最近の戦隊は子供の夢を壊してしまうのでこういうメンバーの死亡、交代などのエピソードがなくて残念です。個人的にはこういう物語の動きを大きく変える濃厚なエピソードも好きなんですがね。ちなみに神誠役の伴は後のライブマンでも1話と2話に登場しましたが
ヒーローが同じシリーズで科学者などの大物を演じるのもいいですね。
bio |  2011.04.30(土) 07:18 | URL |  【編集】

こんばんわ、bioさん

「残念」という気持ちは分からなくはないですが、
契約が1年と明確になっているので可能性は少ないでしょうね。
子供の夢… というより不幸な怪我、突然の病気 などのアクシデントは有り得るので
現在でも可能性は0ではありません。
その時はビーファイターのレッドルのようにあっさりでしょう。

星博士は最初の2話しか出て来ないのにインパクト抜群でした。
でわ
珍来 |  2011.05.01(日) 20:04 | URL |  【編集】

伴大介さん

ミドレンジャー(「ウルトラマンレオ」にも出てました)から
キカイダー&イナズマン&キャプターへバトンタッチ。豪華です!

伴大介という芸名は石ノ森先生が命名されたのですが
伴さんが占いから、先生に無断で変更し
先生が亡くなる前に戻したとのこと。

伴さんは、「特捜最前線」で神代課長の娘を射殺する犯人役が強烈でした。
影の王子 |  2011.05.21(土) 18:46 | URL |  【編集】

ええと

ウルトラマンレオ、キカイダー、イナズマン、
どれも観てない若輩者ですいません(汗)。
「忍者キャプター」は以前記事で採り上げるため少し観ました。

伴さんは「ある作品」に出演されてました(ピンクファイブと同一の話で)。
その時は2代目コサックとは全然気付きませんでした。
でわ

珍来 |  2011.05.21(土) 21:55 | URL |  【編集】

スケバン刑事ですね!

初代「スケバン刑事」ですね!
タイトルは忘れましたが
サキが敵の罠で投獄された看守役ですね。
わざと、食事を落としたりした挙句
ピンクファイブに殺されます。
初代「スケバン刑事」は大好きで観てました。(Ⅲはあっさり挫折)
暗闇指令役の長門裕之さんが亡くなりました。
レンタルで観て、追悼したいと思います。
影の王子 |  2011.05.23(月) 08:38 | URL |  【編集】

第16話ですね。

記事「スケバン刑事」で採り上げてます。
http://supersentaiseries954.blog77.fc2.com/blog-entry-250.html
「検索フォーム」を使って頂いて、「スケバン刑事」や「斉藤由貴」で
検索して頂ければ色んな記事があると思います。

私はⅢも観てました。あれはあれで良いと思います。
人付き合いが苦手な初代、二代目と違って三代目は人なつっこくて気さくでした。
でわ
珍来 |  2011.05.23(月) 23:07 | URL |  【編集】

コサック交代劇の真相

伊藤幸雄さんが、特撮関連のイベントで「テレビ朝日ともめて降板した。」と、話されてました。

その当時伊藤さんは結婚していた事を公にしてませんでした。
しかし、テレビ朝日関連のイベントで故・梨元勝さんが伊藤さんの結婚の話を聞いてきた事を不審に思い、テレビ朝日に問いただした所、広報の人物が梨元さんにリーク(密告)していた事が発覚、それを知った伊藤さんが「人のプライベートを売る奴とは仕事したくない!」と、激怒して降板してしまったのが真相だそうです。

当初はジャパンの谷岡さんとの不仲説もあったのは知ってましたが、真相は・・・と、いった感じです。

俺のたわ言 その18でした。
でたらめ |  2011.10.14(金) 08:56 | URL |  【編集】

お久しぶりです、でたらめさん
その件は伊藤さん本人が仰ったことなので、間違いないと思われます。

私がこのお話を観返して思ったことは
「まゆみは謙作が死んだ原因に気付くか?」でした。
モチロンお話の上のことで、観た人がどう思うかの問題ですね。
でわ
珍来 |  2011.10.17(月) 00:05 | URL |  【編集】

正体がバレた後の壮絶な戦い。

バトルフィーバーJと同じマーベルコミックの契約を結んだ前企画作のスパイダーマンでは最終回でアマゾネスが山城拓也がスパイダーマンだと正体を見破りますが時既に遅く鉄十字団はスパイダーマンの手で壊滅させられます、スパイダーマンの後続企画作のバトルフィーバーではスパイダーマン最終回で正体がバレた展開を番組中盤に持って行きドラマを展開して行きました、バトルフィーバーの正体を突き止めたエゴスは次々とバトルフィーバーを狙う作戦を展開しついにバトルコサックこと白石謙作の抹殺に成功します、スパイダーマンで実現しなかった正体がバレた後の戦いを描いたと言っていいでしょう、戦隊7作目の科学戦隊ダイナマンも当初は正体不明の戦士としてドラマ展開をしましたが王女キメラが参戦した第8話でジャシンカ帝国に正体を暴露します、東映特撮では正体を最初から暴露して戦う作品がほとんどでしたがバトルフィーバーは正体がバレてしまいメンバーの1人が殺されてしまうと言った凄まじい事をやってのけたと思います、役者さんの事情もありますが。
あさばよしゆき |  2015.05.09(土) 15:03 | URL |  【編集】

戦隊では…

BFJとカーとメガを除いて序盤で正体がバレてますね。
正体暴きも定番化してるし、変身→名乗りをさせるためだと思われます。

BFJ第26話ではホウタイ怪人が4人の正体を鑑識した後でケニアに
「この男はハゲる!」と宣告した事が印象に残ってます。
子供の頃は「そこまで分かるの?」でしたが近年見返した時は
「何て残酷な…」と思いましたね。
でわ
珍来 |  2015.05.10(日) 11:48 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2016.05.23(月) 01:46 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |