2009.04.10 (Fri)

話題のTV CM

昨日から冒頭の記事にスポンサーサイトのCMが表示されるようになったのですね。
タダでブログやらせてもらってるので別にいいですが。

ところで皆さん、最近 「話題のTV CM」って何かピンと来ますか?
以下、私があれこれ思うこと、雑談です。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

More・・・

最近、「(若者の)TV離れ」、「出版不況」、「広告収入低下」などという言葉をよく聞きます。
これらは大なり小なり皆さんも実感されてるでしょう。


以下、あくまでも私の場合です。

ここ数年は自由な時間がありますが、面白いと思う番組が少ないのでTVを余り見ません。
女性タレントに限っても、
好きでもない人がバラエティ番組でギャーギャー騒いでるのを見るより、
好きな人の情報をインターネットで探して見た方がずっといいです。
インターネットが無い頃は興味が無くてもダラダラ見てました。

雑誌も買わなくなって久しいです。
興味がある情報が載っていても購入は躊躇してしまいます。
全体のホンの一部、1、2ページだったりしますから、他の全てのページは…
「広告」、いや、「ゴミ」になってしまうので煩わしいです。
インターネットが無い頃は気にせず買って、興味の無いページも元を取ろうと読んでました。
ゴミが増えるのも今ほど気にしてなかったです。

以上、あくまで私の場合でした。


TV、新聞、雑誌などのマスメディアは「上意下達」なのに対して、
インターネットは受け手が自分の意志でドンドン好きな情報を探してしまいます。
広告には「興味が無くても、ちょっと見て下さい」的な所がありますから
インターネットは広告に不向き、どころか「敵」にすらなってるかも知れません。

ここ数年、電車の中吊り広告を見てる人の割合はかなり減ったと思います。
携帯に夢中になってる人が増えましたから、「広告効果」は落ちてるでしょう。
当然、広告主は高い料金を出さなくなり、「広告収入」も減る訳です。
最近、TV CMに巨額の費用が使われたという話を聞かないのも不況のせいばかり
ではなく、その効果が疑問視されてるからだと思います。


ただし、インターネットの普及にも危うさがあると思います。
情報のやり取りが、「個」のレベルまで分割されたことによる弊害が既に現れてるような。
退屈に対する耐性がなくなる、他人に対して関心が持てなくなる、などなど。
社会から「寛容さ」が失われて、「孤独感」が増大しつつあるような…

根拠に乏しい思い込みも多いですが、私のあれこれ思うことでした。でわ
関連記事
スポンサーサイト
00:00  |  未分類  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |