2009.06.30 (Tue)

戦隊ヒロインになった昭和のアイドル

「戦隊ヒロインになった昭和のアイドル」を取り上げたいと思います。
090630-1.jpg
「超獣戦隊ライブマン」で岬めぐみ(ブルードルフィン)を演じた森恵さん(左)
第22話 「宇宙カラオケ名人登場」の劇中で挿入歌「スパーク!海へ」を歌ってます。
劇中でアイドルデビューしてませんが、当時としては斬新なエピソードだったようです。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

ライブマン第22話は「戦隊ヒロイン水着回」なので7月からの特集で取り上げたいと思います。

劇中で「戦隊ヒロインがアイドルになったお話」は
最終決戦後は、1991年の「鳥人戦隊ジェットマン」最終回で早坂アコ(ブルースワロー)、
現役中は、1993年の「五星戦隊ダイレンジャー」第33話の天風星リン(ホウオウレンジャー)
が最初で、それ以前にはそういう発想は無かったようです。

それ所かシリーズの初期は戦隊ヒロイン(を演じた女優)がアイドル的人気を得ることすら
全くの予想外だったみたいです。

1984年の「超電子バイオマン」では戦隊ヒロインのアイドル的人気に着目してか、
先に戦隊ヒロインを演じてから、アイドルデビューする方が現われました。
桂木ひかる(ピンクファイブ)を演じた牧野美千子さんです。
バイオマン終了直後に以下のようなセクシーグラビアを発表して、当時物議を醸したようです。
090630-2.jpg
090630-3.jpg
昨今では出演前、出演中にセクシーグラビアを発表することは珍しくもありませんが、
当時は現在のような、放映中のグラビアは厳禁だったようです。

1985年に「テラスでDAY DREAM / TAKE A CHANCE」で歌手デビューされてます。
090630-4.jpg
(当時歌手デビューはアイドルとして必須だったので厳密に言えば、
バイオマン出演時にはアイドルではなかったとも言えます。)

牧野美千子さんが「TAKE A CHANCE」を歌う貴重な映像がアップされていたので
興味があればご覧下さい。

時代を先駆けてましたが、残念ながらヒットはしなかったようです。
バイオマンで初めて「Wヒロイン」が採用されたのも、
アクションが得意なヒロインとアイドル的なヒロインを1人ずつ出したいという発想だと思います。
(戦隊ヒロインのアイドル的人気には期待したいけど、アクションも重要視されてた)


1986年の「超新星フラッシュマン」でサラ(イエローフラッシュ)を演じた中村容子さんは
1984年にアイドル歌手として「ティーンエイジ・ソルジャー」でデビューされてました。
当時の貴重な映像がアップされていたので興味があればご覧下さい。

フラッシュマンの2年前、中村容子さんが18歳の頃です。

80年代は「アイドルの時代」とも言われ、女性アイドルの黄金時代でした。
アイドルの当り年は80、82、85年で、それぞれ非常に人気が高い人達がデビューされて、
他の年にデビューした人達を圧倒してました。


1988年の「超獣ライブマン」は当時、「10周年記念作品」として制作されたためか
「売れたいたアイドル」森恵さんが、岬 めぐみ(ブルードルフィン)として出演されました。
放映中に放送されたイベントの貴重な映像を興味があればご覧下さい。

ビックリした表情でステージを凝視してる子供達が何ともw 今も変わらないでしょうが。
森恵さんは歌が上手い(あっ!)のですが、見れば分かると思いますが、「口パク」です。
音響も何もない場所で歌うことは頻繁にありました。


この時点で「戦隊ヒロイン」のアイドル的人気が確定したと言ってもいいと思いますが、
昭和が終わり、平成からはテレビの歌番組が衰退して、「アイドル冬の時代」に入ります。
80年代後半から、歌手以外で主に活動する、グラビアアイドル(グラドル)と
バラエティアイドル(バラドル)が出現して、90年代以降は主流になります。

2000年代からは「アイドル冬の時代」とも言われなくなりました。
いつか春が来るという前提での言葉でしたが、春は来そうにないからです。
「グラドル」も「バラドル」も既に死語化してます。
歌手としての成功は難しく、ほぼ全員そのどちらかだからです。
(歌手として売れた人はアイドルと言われることを嫌う傾向がある)
TVのバラエティに出ることは難しく、出られれば売れていると言えるでしょう。


平成からは、(新人)女性タレントを売り出すことが難しくなったことは確かみたいです。
物と娯楽に飢えていた時代から、それらが満たされた時代を経て、飽和した現在と
嗜好の多様化と共に、芸能のパワーが全体的に落ちてるように感じます。

平成以降の戦隊から、「戦隊ヒロインがアイドルになる話」が見られるのは
昭和、80年代の頃の熱気が忘れられず、懐かしんでるのかも知れませんね。


次回から、「戦隊ヒロイン水着回」を取り上げる予定です。
古き良き時代には普通にあったのですが、21世紀に入ってからはあっても
水着とは言えない衣装を着るよう規制されてしまいました。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

06:00  |  未分類  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |