2009.10.15 (Thu)

盗賊騎士キロス (悪のヒーロー その5)

地底暦で2年前、裸で水浴びをするイアル姫(イガム王子の双子の妹、タケルの恋人・美緒)。
091015-1.jpg

噂には聞いていたがこれほど美しいとは!

姫に一目惚れした男は地の底から白馬に乗って、マスクマンの脅威として現れました。
091015-2.jpg

何者だ? 地底の盗賊騎士キロス! 地底の無法者。

姿長官の超荒業「命のオーラ」に唖然!  第27話「盗賊騎士キロス!」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

相反する「盗賊」と「騎士」を自ら名乗るキロスには呆れると同時に興味も湧きました。
キザな言動が全然カッコ良くありませんが、実力があるので誰一人意見できません。
今時居ない、自分の行動に一切疑問を持たない強靭な鈍感力の持ち主です。

第1話でタケルに託した「イガム王家の聖なるペンダント」。姫の胸元のアップです。
091015-3.jpg
姫は「悪のヒロイン」という感じはしませんが、キメラ王女以外で裸で水浴びした例です。
水を弾いて光ってますね。 マスクマンはまだDVD化されてないので画質が悪くてすいません。

「一度欲しいと思ったら必ず奪い取る」それがキロスの流儀。嫌われていても気にも留めない。
091015-4.jpg

その目が堪らん! ますます欲しくなったぞ。

逃げ惑う姫が地底の魔境「風地獄」に呑まれそうになったのを助けた際に間抜けにも…
091015-5.jpg
自分が落ちてしまいました。地底人達は厄介者が居なくなったと安堵したでしょう。
「地底帝国」の設定上、薄暗いシーンが多いので何が何やら…

しかし、キロスは必殺技「クレセントスクリュー」を編み出し自力で風地獄を脱出。
その際に風地獄に巣くう強力な地底獣を何匹か力づくで手駒にして連れ帰りました。
091015-6.jpg
そしてマスクマンとの緒戦でショットボンバーを破壊する大勝利を挙げます。
転んでもタダでは起きない不屈の精神の持ち主です。

地帝王ゼーバにも従わなかった彼がショットボンバーの残骸を手土産に凱旋。
091015-7.jpg

この次は必ずやマスクマンにトドメを刺してご覧にいれます
彼の夢は氷漬けの姫を救い出して、自分が盗んだ黄金と宝石の山で飾った姿を見ること。

ショットボンバー無しの戦いを勝利に導いたのは姿長官の一度しか使えない「命のオーラ」!
091015-8.jpg
姿長官役の谷隼人さんのド迫力に圧倒されました。

これで死んだら訳が分からない男でしたが、やはりしぶとく生きていました。
091015-9.jpg

一度欲しいと思った物は必ず手に入れてみせる!

次話で姫とタケルの関係を知った際には「タケルを殺せば姫が自分の物になる」と考えました。
そのシンプルさと強靭さには、ある種の憧れを感じてしまいます。

Watch Hikari Sentai Maskman ep 27 in 娯æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
そんな彼でも姫のことを本当に愛してたらしく、第49話「よみがえったイアル姫」では
姫を氷漬けから救うために奔走し、氷が破壊されそうになった際には身を挺して守りました。

恋敵タケルとのタイマン勝負を期待したのですが、その最期は実に呆気ないものでした。
でわ

<おまけ>
どなたかが作ったイガム王子とイアル姫の2役を演じた浅見美那さんの画像詰め合わせ。
091015-10.jpg
前作フラッシュマンの第40話でもシベール役(右中下)で出演されました。

マスクマンの第28話、29話では次作ライブマンのイエローライオンこと西村和彦さんが
ゲスト出演されてました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:30  |  11.光

Comment

非公式ではありますが・・・

この記事の内容に対するコメントとは180度違うかもしれませんが言わせて下さい、『光戦隊マスクマン』でレッド、ブラック、イエローのツイッターでは昨年の『マスクマン』30周年記念のイベントには出席出来なかったピンクの前田賀奈子さんが公の場に再び顔を見せてくれました、ただし、『マスクマン』の5人のプライベートの場であって非公式ではありますが・・・、今年で52歳になる賀奈子さんとイエローの永田由紀さん、地帝忍フーミン役の久保田香織さんと並んだ写真も掲載されました、賀奈子さんは美人ではありますが年相応の外見になりましたね、現在は子供を持つ母親となっています、この記事の本題で感じたのは戦隊8作目の『超電子バイオマン』以降、番組第1話から登場した敵組織の有力幹部の強化が定番となりましたが『マスクマン』もそれを継承していますね、盗賊騎士キロスと言う強大な戦闘力を持った新幹部が登場し番組第1話から登場していた地帝王子イガムと地帝司令バラバの有力幹部の2人が負けじと自らを強化しキロスと権力争いを繰り広げる展開は良かったですね。
あさばよしゆき |  2018.05.08(火) 09:22 | URL |  【編集】

ありがとうございます、あさばよしゆきさん

前田さんメインの記事に… 何て些細な事です。
30周年記念イベント「光るオーラの30年祭」(17.11/10)で
イエローマスク・永田由紀さんが出席されたけど、
前田さんだけが揃わず、永田さんが涙した。。。
事までは把握してましたが、前田さんは正直「もう公に…」
と諦めてました。 教えて頂きありがとうございます。

つい先ほど永田さんのツィッターを拝見しましたが、
5/5付けの写真で現在の前田さんを感無量です。 
って… 2代目イエローフォーやピンクファイブ、
チェンジマーメイドと一緒の写真もありますね。
前田さんの続報もいずれあると思われます。

wikiの「前田夏菜子」の項の編集はどなたかにお任せ
するとして「「ピクシブ百科事典」の項を見たら
"日本の才色兼備を絵に描いたような女優"
と記載されてました。 私なら、こう書きます。
"バブル期の女子大生を絵に描いたような女優"
書いた方はよっぽど前田さんに思い入れがあったのでしょう。
特撮ヒロインと言えば「ピンクマスク」かも知れません。

キロスは「ある種の憧れ」を感じるダークヒーローで
確かに既存の幹部達に「喝」が入って面白くなりましたね。
でわ
珍来 |  2018.05.08(火) 20:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |