2009.11.01 (Sun)

ヒロイン拘束(磔、縛られ、触手etc)

禁断のテーマ「ヒロイン拘束(磔、縛られ、触手etc)」に行ってみたいと思います。
091101-1.jpg
第10話で磔にされたペギーさん。戦隊ヒロイン初の絶体絶命のピンチでした。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

冒頭のシーンは再放送で見ましたが、覚えていないのが不思議な程の大ピンチでした。
(ペギーさんは椅子に拘束、洗脳のピンチ(第40話)などがあります。)
戦隊ヒロインが拘束されるピンチは非常に多いので少しずつ取り上げます。

第27話で磔にされるカレンさん(JAKも一緒)
091101-2.jpg
椅子に拘束されて拷問(第15話)、手首を吊るされて鞭打ち(第25話)などがありました。

BFJはミスアメリカとダイアンさん、マリアさんが拘束されたことは無いと思います。
あれば凄くエロかったでしょうけど…

デンジピンク・あきらさんはホントによく捕まる方でした。
091101-10.jpg
第43話(有名な七変化)で磔にされて氷の剣で拷問されたり。

劇場版では縛られたり、
091101-6.jpg
この縛り方は上下から胸を挟んで理想です。

バーラーの触手に襲われてたり(第12話)

失神、悲鳴が物凄くエロいんですが、当時の管理人はロボばかり見てました。

管理人は「ミキか? レイか?」の世代です。 どちらが好きかと言うと… どちらも好きですw
お人形みたいな外見で大人しいミキさんですが、正義感が非常に強いです。
090216-9a.jpg
第39話では「悪魔の絵本」に閉じ込められ火炙りにされてしまいますが、
彼女は何と自力で脱出しました。 管理人は非常にドキドキしたのを覚えています。
ヒロインピンチ その1(09.02.15)で紹介済ですが興味があればどうぞ。

Watch Dai Sentai Goggle V Ep 39 in 娯æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
「悪には決して屈しない」という信念だけが武器というストイックなヒロインでした。

レイさんは強い代わりに元気でやんちゃな行動が目立ちましたが、管理人的にはOK。
ただ、第29話でキメラ王女の服を着て喜んでいたことだけはNGでした。
突然「呪い」で苦しみだすレイさん。 男達が服を脱がそうとすると…
091101-8.jpg

痛いっ!! 痛あぁぁ~~ぃっ!!! 激痛が走る。

その後、怒り心頭のキメラ王女に鞭で滅多打ちにされて、
「強い」レイさんが何も出来ずに泣き喚いているシーンを見て、管理人は目覚めました。
ダイナマン最終回を見た後は何故か戦隊から離れて、バイオマンは見てません。
第10話「さよなら、イエロー」を見たら当時の管理人はショックだっただろうなと思います。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

11:00  |  00.お知らせ

Comment

バイオマン第10話

あれはある意味、トラウマになった方もいるでしょうな。
最近になって、その時の事情を知ってビックリしましたが…。


あと、バトルフィーバーのコサック交代劇は、一説では初代コサックの役者さんとジャパン役の役者さんの不仲説もあったらしいですが…。

でたらめ |  2009.11.01(日) 20:18 | URL |  【編集】

こんばんわ、でたらめさん。

私の場合、戦隊についての知識は
ここ4年位でインターネットで知ったものがほとんどです。

ジュウ~カクレの間に一時復帰しましたが
戦隊ヒロインで殉職者が居たなんて知らなかったですね。

コサック交代劇については出演者の著作で語られてるようですが、
私はその著作をまだ読んだことがありません。
子供の頃はただショックなだけでその背景とかは全く考えなかったですね。
でわ
珍来 |  2009.11.01(日) 20:34 | URL |  【編集】

はじめまして。

はじめまして。
以前から楽しく拝見させてもらってました。

デンジマンぐらいからリアルタイムで見始め、
ダイナマン、バイオマン、ジェットマンがお気に入りです。
古いのだと、ジャッカーが時代背景がよく描写されていて好きです。
Gメンや特捜最前線のようなドラマの雰囲気も感じます。

中でもバイオマンで、タイトルそのままにイエローが死んでしまう回は、
予告から1週間、本当に1人減ってしまうのか?とドキドキした覚えがあります。

仲間の身代わりになって反バイオ粒子銃を浴び続けイエローが弱っていくシーンは、
それまでにない展開で衝撃的でした。
世のちびっこファンは皆相当ショックな回だったと思います。

最後まで本人役がTVに映らず、イエロースーツのまま花に囲まれて死んだとこは、
あとから何でだろうなと子供ながらに周りと話したことを思い出します。

冠から「戦隊」を外し、ここから女戦士が2人に、
また敵方も怪人が巨大化するのではなく、
幹部3人が5獣士を引き連れ、
その後大型のメタル系ロボットに搭乗して戦ったり、
敵ではないバイオハンターシルバの登場など、
新しい設定が盛り込まれていて毎回飽きませんでしたね。
一方、主役のバイオマンのスーツをかっこいいとは思わなかったです。w

更新大変でしょうが
楽しみに見ていますのでこれからも続けていってください。
では。
あらた |  2009.11.02(月) 17:20 | URL |  【編集】

初めまして、あらたさん

私の場合はリアルタイムで見た最初の戦隊ははっきりしません。
同年代か私の方が若輩かも知れないですね。

バイオマンは2年半前くらいに見ましたが大人でもショックでした。
あれをリアルで見てたらと思うと恐ろしいです。

内容も面白かったんですが
レッドワンのお父さんが出て来た辺りから変なのが残念でした。
ドクターマンの奥さんはどうなったんだろう?
燃え尽きないように更新して行こうと思います。
でわ
珍来 |  2009.11.02(月) 19:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |