2009.11.23 (Mon)

戦隊ヒロインのアイドル化とWヒロイン

09.11.16「大川めぐみさん画像あれこれ」について情報を下さった方のお陰で
091123-1.jpg
フェザー剃刀 「フェザーフラミンゴ」のパッケージモデルを発見しました。
嬉しかった半面、信じられませんでした。 
幻と思っていた大川さんの姿が、こんな近くに四半世紀もあったなんて…

以下、この件と「Wヒロインの誕生まで」についての雑談です。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

実は冒頭の件は最初に情報を得て検索した際に、別のタイプが出て来たので、
「大川さんじゃない…」と判断してしまいました。 遅かったんだと勝手に諦めてました。
「予告無しにパッケージを変更することがあります」と書いてあったので…

マルベル堂にまだ大川さんのブロマイドがあるという情報も頂いたので
その内に行ってみようと思います。萩原さんもあるみたいですし、前から気になってました。


桃園ミキ役は当初、「早坂あきよ」というアイドルの方が起用されてたそうですが、
それは戦隊ヒロインに「アイドル的要素」が既に求められていた証拠です。
ところが序盤の撮影で降板、モデルだった大川さんが急遽起用されて女優デビューしました。
大川さんは代役で、元々余りプロモーションを受けられない立場の方だったようです。

萩原佐代子さんは最近のインタビューで「アイドルに成り損ねた」と仰られてましたが、
アイドルデビューした方々とも面識があって、あと少しというか、惜しかったらしいです。
「カネボウレディサマーキャンペーンガール」も名門ですが、
当時はアイドル全盛なので大々的なプロモーションを受けられる機会を逃したとも言えます。

しかし、お二人は劇中で何を着ても似合って、アイドル顔負けに可愛かったのです。
091123-2.jpg
(カウガール姿、子供心にも「わぁっ」と思いました。それに対照的なほど個性が出てます。)

お二人の「スーパー戦隊シリーズ」に於いて果たした役割は大きいと思います。
「太陽戦隊サンバルカン」で一時は居なくなった戦隊ヒロインのアイドル的人気を加速させ、
優しさ」と「強さ」という戦隊ヒロインの2大要素を確立したことによって、
「超電子バイオマン」からの「Wヒロイン」の発想が生まれたのでは、と思います。


現在発売中の「東映ヒーローMAX Vol.31」に
東映ヒーローMAX Vol.31 (タツミムック)東映ヒーローMAX Vol.31 (タツミムック)
(2009/11/02)
不明

商品詳細を見る
「超電子バイオマン」のピンクファイブ・桂木ひかるを演じた
牧野美千子さんのインタビューが掲載されてます。(表紙の左下に注目)
牧野さんは2009年8月の戦隊イベントで20年以上ぶりに公の場に登場されました。

バイオマンの出演を決めてから、
ダイナマンでの萩原さんのアクションを見てビックリされたそうです。
スタッフからは「強さ」担当は矢島由紀(小泉ミカ、初代イエローフォー)さんが居て、
君は「優しさ」担当だから、ほんのちょっと戦うだけでいい と言われたそうですが、
色々あって、大変だった… みたいなお話をされてます。
でわ

PS.
チェンジマン 第44話「麻衣におまかせ!」より、カウガール姿のさやかちゃんと麻衣ちゃん。
091123-3.jpg
ミキさんとレイさんがWヒロインの始祖説の根拠になりますかね~。

多分、ミキさん、さやかちゃんの衣装は「VSオーレン」の時の鶴姫と同じですね。
090227-1a.jpg
「日光 ウェスタン村」は2007年より休園中。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  未分類

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |