2009.11.24 (Tue)

初期のWヒロインの役割分担

児童書スティール画像を集め始めて驚いたのは
091124-2.jpg
ゴーグルピンクだけ「弱い」とワザワザ書かれてることが多いことです。
(この画像ではよりによって第22話で、ミキさんを本気で怒らせたクジャクモズー)

3年前のミスアメリカも2年前のデンジピンクもそういうことは書かれてないのに何故?
以下、「Wヒロイン」の誕生は歴史の必然だったのではないかという雑談です。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

「Wヒロイン」のヒントはBFJのミスアメリカにあったかも知れません。
初代ダイアンさんが指令室で気だるそうにしてるのに対して、2代目のマリアさんは
完全アウトドア派。 差別化を図るためか対照的なキャラ付けでした。

デンジピンク・あきらさんは(大人の)美しさを極めましたが
091124-1.jpg
同時に弱さも極めてしまいましたね。
ありとあらゆるピンチに遭遇して、男達に助けられてます。それはそれで凄いんですがw

サンバルカンが3人戦隊になったのは、ロボの「5体合体」が困難だったからではと
前に書いたのですが、参考までに 「東映ヒーローロボ・変形合体の歴史」

管理人も知らない作品が多いですが、ゴーグルロボについても述べられてます。
これを見ると当時は「3体合体」でも頑張ったんだと、はっきり分かります。
メンバーを3人しか出せないなら、男児向け番組なので男3人にしようと思うのは当然でしょう。

「女性戦士を復活させて欲しい」という強い要望を受けて登場したはずなのに
img20060613190217.jpg
ゴーグルピンクは児童書ではかなりヒドイことを書かれてます。
本編では「弱い」と言われたことは一度もなく、
優しさと正義感で頑張る戦隊ヒロイン」として描かれてます。
児童書とのギャップは頑張っていることをより印象付ける意図だと思います。
異常な精神力の強さを発揮して、本当は強いんじゃないかと思わせる意外性がありました。

大川めぐみ さんは、それまでのヒロイン像を覆す華奢な方でしたが
桃園ミキ役に見事にハマって、戦隊ヒロインのアイドル的人気を確立しました。


さて、次の作品のヒロインはどうすべきかと言うと
同じ手はもう使えないので、今度こそ「強い戦隊ヒロイン」を出す必要があったのです。
もし弱かったら、「また同じかよ! 進歩が無いなw」と笑われてしまうのが目に見えてます。

ダイナピンクは児童書ではかなり勇ましく、強く描かれてることが多いようです。
091124-3.jpg
091124-4.jpg
「シンカ獣(怪人)なんて怖くないわ」とまで言ってます。
ピンチもありますが、「痛ぁ~い。 やったわね~!」という感じです。

でも、「強い戦隊ヒロイン」と口で言うのは簡単ですが、それは容易ではありません。
生身でも強くなければ説得力0なので、アクションが出来る女優さんが絶対必要です。
しかも、時代の要求でアイドル的なルックスも兼ね備えてないといけません。

JACや他のアクションクラブにも属してなかった萩原佐代子さんが
強い戦隊ヒロイン」立花レイ役を演じたことは凄いことだと思います。
やり過ぎな位に強くて、「女がこんなに強いはずない!」と一部で顰蹙も買ったようですが、
一般の女優さんが強いヒロインを演じることは大変だと言う事も分かってあげて欲しいです。
役割分担の概念が無い時代に2人分の仕事をしたようなものでした。
次作も萩原さんのような人材を見つけることは困難だったと思われます。


バイオマンでWヒロインが初めて採用されて
優しさ」担当(アイドル的な女優)、「強さ」担当(アクションクラブに属してる女優)に
役割分担されたのは戦隊ヒロインの歴史の必然だったのではないかと思います。

次回はそのバイオマンのお話紹介です。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  未分類

Comment

Wヒロイン

さやか、サラ、桃、ウメコ、ことはが「優しさ」系で、麻衣、ルー、樹里、ジャスミン、茉子が「強さ」系ですかね?



マスクマンの2人(ハルカ&モモコ)は…両方とも「強さ」系に見えてしまいますね。



カーレンジャーの2人(菜摘&洋子)や小津姉妹(芳香&麗)は、どっちつかずな感じですかね?


以上、俺のどうでもいい様な意見でした。

乱文失礼しました。
でたらめ |  2009.11.24(火) 08:00 | URL |  【編集】

こんばんわ、でたらめさん

人によって感じ方が違うでしょうけど
どのWヒロインでも性格的な差別化は徹底してると思います。

バイオ~マスクまで生身でも一般人より強い設定なので
優しさ担当の方もアクションを頑張ってました。
特に全員拳法家であるマスクマンのモモコさんは頑張ってましたね。

ファイブマンまでは片方がアクションクラブの方ですが、
ジェットマン以降はそうでなくなるので意味合いが違ってきます。
「優しさ」⇔「強さ」というより、「天然」⇔「しっかり」になってますかね。
でわ
珍来 |  2009.11.24(火) 18:51 | URL |  【編集】

補足で

こんにちは。
先頭に貼ってある「弱いゴーグルピンクをねらえ!!」画像についてです。
ほかのサイトにもその「弱いゴーグルピンクをねらえ!!」画像が貼ってあったので、私も実際のスチールはそうなんだろうな~と思っていたのです。

しかし、先日の珍来さんのブログで紹介されていた国立国会図書館で調べたら、テレビランド82年9月号の画像で、実際には

[ 『体力の』 弱いゴーグルピンクをねらえ!! ] だったんですよ。

この体力という言葉がつくだけで、その後に弱いが続くにしても、意味合いがちょっと変わるな~と思いました。

ちなみにこの号の記事はたしか「ゴーグルV打倒作戦ファイル」とかいう記事で、
中身はデスマルク大元帥がゴーグルファイブの弱点を突き止めたという内容でした。
他にも、「ブレスレッドを奪え!」とか「
額の宝石を奪え!」とかの作戦も書いてありました。

しかしゴーグルピンク2番目の画像の、「女だと思って、ピンクばかりねらうんじゃない。」は、「倒しやすそうだからって狙うな」の意味なんでしょうね。
私は「唯一の女戦士で、男戦士と戦うより
嬉しいからって狙うな」という意味だと妄想してます。w



どうでもいいこと長文でスミマセン。


美桃 |  2009.11.27(金) 14:01 | URL |  【編集】

お久しぶりです、美桃さん 

そうなんですか!
[体力の]がついてるなら意味合いが違いますね。
特にミキさんが狙われたのはカッパモズーとハイエナモズーの回くらいだと思います。
ハイエナモズーはハグしてキスしようとしましたが、
ミキさんに頑強な抵抗をされて未遂でした。
でわ
珍来 |  2009.11.28(土) 17:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |