2008.12.28 (Sun)

超電子バイオマン

今日のスーパー戦隊は、

「超電子バイオマン」

1984年に活躍した08番目のスーパー戦隊です。

500年前バイオ星はバイオ粒子による戦争で滅んだ。
「バイオ星平和連合」は将来地球で科学による悲劇を防ぐため
巨大ロボ・バイオロボとサポートロボ・ピーボを送り出した。

そして現在、ドクターマンが「新帝国ギア」を率いて世界征服を開始した。
ピーボは500年前バイオ粒子を浴びた5人の若者の子孫を探す。

ヒロインは(2ショットの良い画が見当たりません。)
イエローフォー(初代)こと、小泉ミカ さん(右)、ファイブピンクこと、桂木ひかる さん(左)
081228-1a.jpg

バイオマン!

081228-2a.jpg
(ファイブピンク:桂木ひかるさんはマスクオフ画像があります)

初めて戦隊ヒロインが2人(Wヒロイン)になったことと
唯一1名の戦隊ヒロインが殉職したことでも知られています。
081228-3a.jpg
第2話 「集合! 宿命の戦士」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

今年全話視聴しましたが、有名な第10話「さよならイエロー」は
話に聞いていた通り何の前触れも無く驚きました。
(第7話から声が変わっていることは確認)
子供の頃の私が見たらきっとトラウマを受けたと思います。

ファラキャットと交戦するミカさん。
081228-4a.jpg
ミカさんを演じる矢島由紀さんは序盤で事実上失踪。
JAC(現JAE)期待のアクション女優だったとか・・・

ヌンチャクを構えるファラキャット(スチール写真)
081228-5a.jpg
ガールズインユニフォームの解説で知りましたが
演じた大島ゆかり(シンシア・ラスター)さんは知る人ぞ知る
「香港映画に出演している日本人アクション女優」

死んだ兄の遺志を継いで

アフリカの大自然を撮りたい


081228-6a.jpg
意志は固い。でも話は聞いてくれるのでバイオベースへ

500年前の5人の先祖。どうせならもっと大勢に浴びせれば…
081228-7a.jpg
ピンクの忍び装束… 黄色でも目立つけど。
じゃ5人は子供の頃から超人的身体能力を持ってたのかな?

小泉ミカ! イエローフォー!!

081228-8a.jpg
ピーボとレッドワンの説得で戦士になることを快諾

ピーボ ! ありがとう。 チュッ♪

081228-9a.jpg
サポートロボとしては全く冷静さが無い…

ラストでフルートを吹くひかる さん。
081228-10a.jpg
メンバー降板劇の煽りで初主役回は1クールを過ぎた第14話!
序盤は赤と2代目黄以外は人物像がつかめずイライラしました。
現場の混乱ぶりが伺えます。

他に印象にあったのは第1話でバイオロボに拉致されるシーン
081228-11a.jpg
おびえ様がスゴイ! バイオロボのデカい掌は何度か出ました。
バイオマンをむんずと掴んでコクピットに入れたりします。
意志があるのでEDで洗ってもらって微笑んでる気がします。

第15話以降は2代目イエローフォーの矢吹 ジュンさんとWヒロイン
主役回が多く目立ちまくり。反面、緑と青が…
081228-12a.jpg
この方は色々と素晴らしいです。栄えある弓のヒロイン第1号!
取り上げたいけど、その前に避けては通れないトラウマが…
アクションだけじゃなくルックス的にも新しいタイプですよね。
ひかる さんが美人系に対して、カワイイ系のような。

個人的にWヒロインに至った理由を推測すると
・本作までにヒロインのタイプが多数出たため
(ゴーグルピンクとダイナピンクを一緒に出したら…的な)
・男性4人の個性付けが大変なため

そして、思い切りネガティブな見方ですが、
・ルックス、アクション、演技を満たせる女優が居なかったため

ルックスは子供に好かれるベビーフェイスでないと。
当時(今でも)3要素が揃った女優さんは希少だと思います。
事実それまでモデル出身の方が多かったですし…
(よく見つけたなと思えるくらい逸材も居ますが)

戦隊ヒロインの条件は実は赤より厳しいかも知れません。興味があれば動画をご覧下さい、

Watch Bioman 02 in 娯æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
次回のスーパー戦隊は№05予定してます。お陰さまで最後の作品紹介になりました。でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:02  |  08.超電子  |  Comment(14)

Comment

バイオマンの交代劇は衝撃ですよね。
何せ殉職ですからね。聞くところによるとイエローフォー役の失踪した後のアフレコはクリリンやルフィの声でお馴染みの田中真弓さんが声をあててたみたいですよ
ユベル |  2008.12.28(日) 00:10 | URL |  【編集】

毎度コメントありがとうございます。

早くて驚きましたw
見終わったあとWikiを熟読してしりました。
失踪の理由は不明ですが
アクション女優は厳しい世界だと思います。でわ
珍来 |  2008.12.28(日) 00:21 | URL |  【編集】

失踪理由の1つに駆け落ち説があるようで噂では女と・・・らしいですよ。あくまで噂ですが
ユベル |  2008.12.28(日) 00:32 | URL |  【編集】

今となっては何も分からないですね。

私はバイオマンからファイブマンまで戦隊とは離れていました。
見てたら・・・ トラウマかな。 でわ
珍来 |  2008.12.28(日) 00:42 | URL |  【編集】

ども。更新頻度が凄いですね…
ところでメタルヒーローシリーズはこのサイトで扱いますか?
自分もあまり知らないんですが、ビーファイターはなかなかヒロインも可愛いし、ピンチも結構あったので…。
ただ微妙に昔のでマイナー?なのか、動画がほとんど無いんですよね…
戦隊者 |  2008.12.28(日) 00:54 | URL |  【編集】

こんばんわ戦隊者さん

「今日のスーパー戦隊は」のコーナーが次回で終了なのでその後はのんびりやろうかと。
戦隊の他はスケバン刑事くらいしか見てないですw
でも戦隊以外もいずれ取り上げるかも。

ちょっと話は逸れますが今日、「サンバルカン」を見てて驚きの発見がありました。
あの方が出演されてたんですね! 宇宙刑事シリーズを見てない私でも知ってる!
ピンと来ても黙ってて下さいね。でわ
珍来 |  2008.12.28(日) 01:10 | URL |  【編集】

こんばんわ

超電子バイオマンは悪の天才科学者が率いる敵組織と言い巨大ロボット同士が戦う展開と言い現在のスーパーロボットファンを歓喜させる内容盛りだくさんの特撮ヒーロー番組でしたね、ただこのバイオマンなんですが番組制作にあたり致命的な事件が2回起こっています、1回目はイエローフォーこと小泉ミカを演じた矢島由紀さんの突然の降板と2回目は第17話の撮影中に於けるレッドワンこと郷史郎役の阪本良介のバイク事故、この2つがバイオマンのストーリー展開に大きな影響を及ぼしたと言えましょう、この2つの事件さえなかったら良かったのになと思うこのごろです。
あさばよしゆき |  2010.07.26(月) 20:48 | URL |  【編集】

こんばんわ、あさばよしゆきさん

新機軸が多いですけど終盤になるとグチャグチャになりますからね。
阪本良介さんのバイク事故が関係しているか分かりませんが、
ドクターマンの嫁が出て来ないで、郷さんの父が出て来た時には
「あぁ、こりゃまとまらないな」と直感しました。
でわ
珍来 |  2010.07.26(月) 20:58 | URL |  【編集】

バイオマンの思い出

こんばんは。お久し振りです。
「超電子バイオマン」は、女性メンバーが二人になった初めての戦隊で、小泉ミカの急な降板が無ければ、郷史郎とのリーダーの座を巡っての「確執」が中心に描かれていく予定だったようですね。
(劇中では第9話で、ミカさんが単独で毒ガス放出計画を阻止した後、バイオロボが敵の罠に絡め捕られる事態が起きた時、それは決してミカさん一人の責任では無いというのに郷さんは何のフォローもしないところを見ると、やはり「リーダー」の座にこだわりがあるから?)
郷さんは当時の戦隊物の常識であった「非の打ちどころの無い優秀なレッド」に忠実な人ですが、型に嵌った優等生とも言えない感情的な面も・・・(汗)。
第42話で高杉くんが焚き火に青竹を入れて大きな音をさせて小鳥達を驚かせた時、何の落ち度も無いひかるさんまで込みで叱責する郷さんを見て、生き物好きなのは分るけど理由ぐらい聞けよと思いました。というか、人に飯焚きをさせておいて、その態度は何事か!!(済みません、ついコーフンして:苦笑)
桂木ひかるという女性は、普通のか弱いお嬢様が偶然戦士としての資質を貰ってしまっただけという感じの人でしたので、桃園ミキの戦いを見ている以上に痛々しくて、やっと最終回に漕ぎ着いた時にはホッとした記憶があります。

余談ですが「バトルフィーバーJ」のミスアメリカ降板の記事へも書き込みをさせて頂いたのですが、ご覧下さいましたか?
A-chan |  2011.06.15(水) 00:49 | URL |  【編集】

こんばんわ、A-chanさん

私には、ミカはリーダーになりたいとは思ってないように見えました。
矢島さんが演技が出来るので話しに緊張感を持たせるために対立させたのでは。
郷さんは確かに感情的なシーンが多かったですが、責任感と好意的に受け止めました。

ひかるさんは終盤にピーボを叱るシーンでやっと戦士っぽくなったなと思いました。
(個人的にパーマン1号は好きなので、全く冷静さが無いのは微妙でした)。

「汀 マリア (二代目ミスアメリカ) (戦士交代 その1)」に頂いたコメントは
何故か「最新コメント」に反映されなかったので気付きませんでした。
すいませんでした、明日にでもお返事します。
でわ
珍来 |  2011.06.15(水) 23:44 | URL |  【編集】

正義側はいろいろあったんですね。
もちろん交代劇は知ってましたけど。

個人的な主役はゆかりちゃんだっただけに…w
その可愛さに対するアクションのギャップに瞬時に惚れてしまいました…。

オーバーオール姿の人間体 良かったなぁ…w

あ、いつも流れが変わるようなトンチンカンな書き込みで申しわけないです(汗
nA |  2011.06.16(木) 16:36 | URL |  【編集】

私の場合、本作の大島ゆかりさんは
第36話「変身ボーイ」で山守正太に急所蹴りするシーンが最も印象に残ってます。
でわ
珍来 |  2011.06.16(木) 23:33 | URL |  【編集】

あのー…

楽しく拝見させて頂きました。

ところで、ピーボの声優さんですが・・・

パーマン1号の声と書かれてありますが、パーマン1号の声は三輪勝恵さんですよ。

ピーボの声優は太田淑子さんで、ヤッターマンのガンちゃんや初代ひみつのアッコちゃんリボンの騎士のサファイア王女などの声をなさっていた方ですよ。

こんなコメントですみません。
気になったものですから・・・。

気を悪くされたらごめんなさい。
キレンジャー |  2011.06.29(水) 11:01 | URL |  【編集】

初めまして、キレンジャーさん

御指摘ありがとうございます。
バイオマンについて調べた際にどこかで「パーマン1号の声」と記載されていたことが
強く印象に残っていて、よく確認せずに書いてしまいました。
申し訳ありません、その部分の記述を削除させて頂きました。
でわ

珍来 |  2011.06.29(水) 23:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |