2010.01.02 (Sat)

好きな戦隊ヒロイン・ベスト10 (その1)

管理人・珍来が個人的に好きな戦隊ヒロイン・ベスト10 (その1)です。
100101-1.jpg

第1位 ダイナピンク・立花レイ 

(「科学戦隊ダイナマン」(83)より、演:萩原佐代子さん)
第13話「さらわれた花嫁」より、戦闘モード100%のレイさん。 とにかく強くてビックリ!
放送当時「ヒーロー物は男の子向けに作られてる」ことを理解してたので、
彼女の独壇場だった第23話、第30話、第46話などは「女の人がそんなに目立っていいの?」
と思いながらも楽しく見てました。

放送当時、ヒーローとロボに目が行ってましたが、この方のひた向きさには気付きました。
091115-1.jpg

第2位 ゴーグルピンク・桃園ミキ

(「大戦隊ゴーグルファイブ」(82)より、演:大川めぐみさん)
第22話「呪い人形の攻撃!」で一度だけ泣いたミキさん、涙は片目からのみ。
なぜ片目だけなのかは、第4話で「ゴーグルファイブは頑張るわ」と誓ったからでしょうか。
まずはリアルで直撃だったお姉さん2人でした。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

「仲間と協力して」「正義のために戦う」と言う点はどの戦隊ヒロインでも同じですから、
見ている内に自然に感情移入できるので全員好きです。 嫌いな人は一人も居ませんね。
管理人が個人的に特に好きな人を10名(今回5名)挙げたいと思います。
(簡単のため、俳優名は全て放送当時の芸名にします)

再放送で見た「元祖戦隊ヒロイン」。この人は男とか女とか関係無くスゴイなと思ってました。
090702-9.jpg

第3位 モモレンジャー・ペギー松山 

(「秘密戦隊ゴレンジャー」(75)より、演:小牧リサさん)
第16話「白い怪奇! 鏡の中の目」で負傷を押して戦場に立ちましたが…

ペギー、戻れ! 借りを返したら戻るわ!

戦うと決めた以上、必ず勝利に貢献すると言う強い意志を感じます。戦隊ヒロインの鑑です。


別格の上位3名に匹敵するくらい好きなのがこの方。
リンa

第4位 ホウオウレンジャー・天風星リン

(「五星戦隊ダイレンジャー」(93)より、演:高橋夏樹さん)
第33話「アイドル初体験」より、敵怪人・メディア魔術師(高村翔一郎)と相思相愛になり、
100101-3.jpg
巨大化して理性を失った彼の魂を、自ら大連王で解き放ちました。
マスクマン 第34話「愛と殺意のブルース」のリファイン版だと最近になって知りました。


私の戦隊熱を呼び起こしたのは、この方。 戦隊にまたハマるとは思いもしませんでした。
100101-2.jpg

第5位 マジブルー・小津麗

(「魔法戦隊マジレンジャー」(05)より、演:甲斐麻美さん)
Stage.47「君にかける魔法〜ルルド・ゴルディーロ〜」より、超美形な花嫁姿。
このお話はビデオを見返せない方も多いようで、私の甥姪も「大ショック!」と語ってます。

美男美女の恋愛・結婚で今見てもため息が出ます。ちょっとこのお話は紹介出来ないですね。

次回(その2) で第6位~第10位までを発表します。 本放送で見てない方が3名も入りました。
でわ

PS.
私は第何話のお話で誰々が好き というコメントを頂ければ嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒロイン - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  個人的ランキング

Comment

私の好きなヒロイン

地球戦隊ファイブマン第22話の数美姉さん。
高速戦隊ターボレンジャー第25話のはるな。
超獣戦隊ライブマン第40話のめぐみ。
皆、変身前のピンチシーンが目立つ話ばかりなんですが(汗)…。
気の強い台詞を言っている割に、あるぇ…何かやられてません?という相反する展開が好きです。
この年代辺りは、顔良し、頭良し、性格良しの三拍子が揃っていた頃なのと、子どもこころながら憧れのお姉さんと美化されていることも相俟って私の中では永遠のお話です。
ドクター |  2010.01.02(土) 07:37 | URL |  【編集】

明けましておめでとうございます、ドクターさん

そう言うコメントお待ちしてました!
やっぱり直撃の方が上位に来ますよね。世代が分かっちゃうけどw
ドクターさんもお姉さん好きですか。

ライブマンの40話って変身前のめぐみさんが白い溶解液を浴びてしまう回ですよね。
いや…いやらしい意味じゃなくて、ギョッとしましたよ。
生身で命に関わりそうな攻撃を受けてしまうシーンって
他の作品でもそんなに無いですからね。
でわ
珍来 |  2010.01.02(土) 09:30 | URL |  【編集】

私はどちらかと言うとダークヒロインが好きですね。私が戦隊シリーズを見出したのはゴーグルファイブからです。ピンクよりマズルカに嵌りました。この方意外な程素顔が綺麗なんですよね。こんな言い方失礼ですけど。その後、王女キメラにゾッコンです。キメラの顔、スタイル、全てに惚れました。萩原さよ子さんも立花レイよりもネフェルに心奪われました。ダークヒロインの大人の色気に嵌りました。ただコスチュームの色気に最初は嵌りましたが何回か見てると演じる色気に嵌ってます。こんな言い方申し訳無いですけど最近は演じる悪の色気が無と思います。美しく散ると言うのが少なくなって悪もアイドル化して演技力が低下してる様な気がします。キメラ、ディーナス、ネフェル、ジャーミン、ドルドラ、ファラ、アハメス、ラミィ、ミラー、マズルカ。私のベスト10です。シボレナも悩むなー。勝手なこと言ってすみません。
戦ちゃん |  2010.01.03(日) 22:01 | URL |  【編集】

お久しぶりです、戦ちゃんさん

私はサンバルカンの美佐さんは目立ってるなとは感じましたが、ミキさんからしか見えてません。
マズルカは見えてませんでしたが、キメラ様にはハマりました。
スタイルとかではなく少しおっとりしてることが良かったし、
何よりレイさんと何度も戦ってくれたことが良かったです。

悪のヒロインランキングもやりたいんですが
キメラ様、ネフェル様、ディーナス様の誰を一位にするか迷ってしまいます。
悪の三貴子、別格って感じです。衣装も女優さんも好きですし、
好きなモノに対しては優しいけど、敵には容赦無いとこがツボです。

女王を別として、4位以降は
シボレナ、ラミイ、マリア、さくら、マルチーワ、フラビ、ナイメア…
サキュバス様も捨て難いけど3話だけなので何とも。
私は結構最近の悪のヒロインも好きですね。
ゴセイには期待したいです。
でわ
珍来 |  2010.01.05(火) 19:03 | URL |  【編集】

はじめまして。実は私もマジレンジャー、小津麗で戦隊熱を呼び起こされまして、今、いろいろ見ているところです。
ヒロインに対しては、昔も今も、特別な意識や感情をほとんど持たずに見てきたので、実はあまり印象に残っていないんです。ミスアメリカ交代とかは覚えてましたけど、「そんなことあったなぁ」という程度で。
そんな私の心をガッチリつかんだのが、麗でした。目立つシーンでもないのに自然と彼女に目が向いてしまう、こんなことは初めてでしたし、「本放送時において」という点では、彼女ただ一人です。
決定打となったのはStage20と26。特に26は(いろんな意味で)最も印象に残った回であり、最も好きな回でもあります。テレビドラマを見て泣いたのも、この時が初めてでした。
竹光 |  2010.01.05(火) 23:40 | URL |  【編集】

初めまして、竹光さん

コメントありがとうございます。
これまでの記事でも触れましたが、
私もマジレンジャー、小津姉妹で2度目の戦隊復帰、3度目の戦隊熱を呼び起こされました。

BFJは再放送で見ましたが、ロボしか見てなかった気がします。
ミキ・レイ世代で、その後、メイ・リン・鶴姫にもハマりました。

麗ちゃんはStage10の「一発ぶん殴る!」から強烈な個性を発揮されて、
Stage20と26も楽しく見ました。
甲斐麻美さんのルックス、素質は極めて高いと感じました。けど…
これからもブログは続けて下さるようなので、微力ながら応援したいと思ってます。
でわ
珍来 |  2010.01.06(水) 07:22 | URL |  【編集】

 私もダークヒロインが好きなんで、ヒロインでベスト10作れないです・・・。
1位 西堀さくら
2位 ジャスミンさん
3位 七海
4位 小泉あきら
5位 ゴーオンシルバー
6位 渚さやか
7位 オーピンク
8位 シンケンピンク
9位 立花レイ
です。5位~9位は横1線です。9位まで書いたのならって事での10位ならオーイエローですかね。リーダーシップ、清楚な立ち振る舞い、一途な所、唇の質感、美脚で1位は文句なくさくらさんです。あとでまた書きますが、東映サスペンスにさくらさんっぽい役、昨今の役どっちのタイプででも出て欲しいです。幼少期に見ても恐らく1位でしょう。2位も数字では表せないナイスバディに、えも言われぬ色気、コミカル時にドSのジャスミンさんです。以下、スタイル抜群・正統派美女あらゆるタイプがエントリーしました。正確も快活やらヒロインタイプやら様々です。特徴はオールドヒロインが少ない所ですね。

 悪の華だと、王女キメラVSマリアのマッチレースです。色・露出が対照的でも美貌は甲乙つけがたいです。3位以下には私も1話のみとか、サキュバスさんのようなゲストキャラが入ってきそうです。 
メルシーステージ |  2010.01.07(木) 01:37 | URL |  【編集】

おはようございます、メルシーステージさん

貴方様のベスト10を拝見しましたが
昭和が3名、平成20世紀が2名、21世紀が5名ですか。
最近の方が半数ですが、4位にあきらさんが入ってますね。
私の場合は最初にハマった方の方が動かせません。

悪のヒロインは登場話数が少なくても輝いてる方がいらっしゃいますね。

今回自分のベスト10を公開したのは「他の方はどうなのかな?」と興味があったからです。
色々と興味深いコメントをもらえて良かったです。
でわ
珍来 |  2010.01.07(木) 07:36 | URL |  【編集】

好きな戦隊ヒロインについて

初めまして。自分も戦隊ヒロインは昭和世代なのでペギーから好きです。ヒロインのキックシーンが特に好きで、当時のテレビランド別冊にはモモレンジャーが急所蹴りが得意技という文がありました。実際の画面ではそのようなシーンはなかったと思いますが、原作版(小5?)にはペギーの蹴りがありました。シンケンジャーは剣だけに格闘シーンがなくて残念でした。新戦隊には期待したいのですが・・・何か今後もスチール等期待します。
toshi |  2010.01.07(木) 10:09 | URL |  【編集】

初めまして、toshiさん

コメントありがとうございます。 私もヒロインキックは大好きです。
ペギーさんが急所蹴りが得意という話はどこかで聞いたことがありますが、
書籍にハッキリそう書いてありましたか。
全話見ましたけど彼女が急所蹴りするシーンはありませんでした。

戦隊ヒロインの急所蹴りについては以前まとめたことがありますが、
意外に少なく、ジェットマンの香さんとアコちゃん、マジの麗ちゃんの3名だけでした。
悪のヒロインでも口紅歌姫とメレ様くらいでした。

剣戟系やアニマル系だとキックのアクションがどうしても少なくなりますよね。
ゴセイには期待したいです。
でわ

PS.
子供の頃に見た何かの作品で
ヒロイン(明らかに女の人)が戦闘員の急所を蹴った後に
「あらっ、ごめんなさい」と謝ってるシーンを見た記憶があります。
故意ではなく申し訳ないと思ったためか、それともバカにしてたのかは不明です。
もしかしたらペギーさんかなと思ったんですが違いました。
どうしても何だったのか思いだせません。もしかしてアニメかも…
珍来 |  2010.01.07(木) 19:06 | URL |  【編集】

好きなヒロイン&ヒーロー

私の場合は
1位 星川数美
2位 渚さやか
3位 桃園ミキ
4位 リン
5位 樹らんる
6位 ジャスミン
7位 小津芳香
8位 花織ことは
9位 小津麗
10位 西堀さくら
です。
数美姉さんは、こんな女性になりたいなぁと思う憧れのお姉さんでした。
下に妹と弟のいるしっかりものでありながら、頼れる兄二人がいるか弱い妹キャラでもあって。
あと、リンとからんるとか強く優しいキャラも大好きです。
リンは男性陣顔負けの勢いで敵に向かっていくのにコウを母のように面倒見てて強さと優しさの両方を持ってるところ、らんるもやっぱり強いし、アスカのために自分の恋心を押隠してマホロとの恋を応援する姿にじーんときました。
最終回でらんるのパートナーがワニだったのが悲しい。
いい子なのに・・・。
リンはみんなに大事にされてましたね~。
亮か将児とくっつくのかと思ってたので最終回は意外でした。
ちなみに、好きなヒーローは
1位 星川健
2位 星川学
3位 知
4位 亮
5位 剣飛竜
6位 大空勇馬
7位 小津翼
8位 志葉丈瑠
9位 将児
10位 小津蒔人
です。
イケメンヒーローならヒカル先生が一番ですが、好きなヒーローとなったら星川健&学がブッちぎりです。
しかし、こうみると作品が偏ってますね(笑)
凛子 |  2010.10.21(木) 09:16 | URL |  【編集】

こんばんわ、凛子さん

貴女のランキングを拝見しました。
ファイブマン好きの方からコメントをよく頂くのですが、
「学校設定」の特撮は「ウルトラマン80」もそうですけど
脚本、撮影ともに苦労が絶えないようで、路線変更がありました。
でも好きな方はたまらなく好きなようですね。

コウは余り好きではないのですが、リンちゃんの母性を引き出してくれた点では良かったです。
ワニはイケメンに化けようとか考えつくヤツなら、
社長になるくらいですから悪くはないかもw
でわ
珍来 |  2010.10.22(金) 22:53 | URL |  【編集】

私もコウは・・・

私もコウは好きではなかったですね・・。私なら絶対にどんな手つかってでも追い出してしまいます。
甥や姪ならともかく、初対面で「ちっちぇな」ですからね・・。
まだ可愛げがあるならともかく、というか可愛げがあっても嫌だけど。
リンが嘘電話でコウをおびき出したときに亮が
「可哀想」
とかいってたけど、私がリンだったら亮に
「じゃあ、亮が一緒に住んであげればいいじゃない」
って言ってますよ、絶対。
最終的に受け入れたリンはすごいと思います。
その後もすごい面倒見てるし。
コウといえば、気伝獣様ご誕生の回で、ピクニックに行くときに亮たち四人が来た途端に
「行くもんか!!」
と叫んでたのも
「なんてわがままなヤツ!」
と思いました。
白虎がバカはおめぇだとかいってましたが、その通り!と思わず言ってしまいましたもの。

ワニはあんなに恐竜や大きくして、すごかったですよね。
きっと、イケメンに化けてたら、すごいもてたでしょうね。
凛子 |  2010.10.23(土) 21:04 | URL |  【編集】

こんばんわ、凛子さん

レスが遅れてすいません。
「子役」については何度か記事にしていますが、そのたびにコメントを多く頂きます。
コウについては「キバレンジャー・コウに対する見方色々」(10.02.13)で
私の考えを書きました。コメントを下さった方々の御意見もあるので
興味がありましたら、お読みください。

ヤツデンワニがイケメンに化けて、女性にモテモテになったりしたら
らんるちゃんの態度が変わったりしたら問題だと思いますけど。
でわ
珍来 |  2010.10.24(日) 23:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |