2010.01.18 (Mon)

黒騎士ヒュウガ (追加戦士 その14)

イリエス魔人族・モルグモルグから少女・木乃原まさみを助けたヒュウガ。
22-27-1.jpg

もう大丈夫だよ。 お願い私を守って!

彼を「戦士として尊敬できる先輩」と慕うサヤちゃんは若さを吸い取る包帯に捕われてしまう。
22-27-2.jpg
唯一のヒュウガとサヤちゃんのW主役回、第二十七章「ミイラの誘惑」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

ヒュウガ役の小川輝晃さんはカクレンのニンジャレッド・サスケ以来4年ぶりの戦隊出演。
闘牛士を思わせるコスチュームが実に精悍で、別格の戦士の風格を漂わせています。

第二十五章でブルブラックの改心により、第一章以来の生還をしたヒュウガは
第二十六章で弟・リョウマを星獣剣の所有者と認め、自らはブルブラックの意志を継ぎました。
当時「ギンガレッド交代では!?」と心配した視聴者が多かったそうです。

少女と抱き合うヒュウガの姿を見たサヤちゃんは動揺! でも自分の気持ちが分からない。
22-27-3.jpg

この子は俺が守る。 えっ!?  兄さん。  

「包帯」に襲われるテニスルックの一般人の女性。 左辺と右辺は別人かも知れません。
23-27-4.jpg
「若さを吸い取る」と言ってもフェイスペイントされるだけで、お婆ちゃんになったりはしません。
そのために多数の年配のエキストラを用意するのもどうかと思いますから。
一般人が襲われるシーンが好き!」と言う方は多いようですね。

被害が拡大してるのにヒュウガはまさみに付きっ切り。 真意を確かめに行ったサヤちゃん。
23-27-5.jpg

俺はこの子についててあげたいんだ。

23-27-6.jpg
サヤちゃん目線で見てた視聴者にはヒュウガへの疑念が湧き上がるでしょう。

引き返して来たサヤちゃんにもヒュウガは冷たい。
23-27-7.jpg

もういい加減にして、こんな事! サヤ!

「花の戦士」に「花言葉」のメッセージは当然伝わるけど、ジュースの毒に気付いたのは勘?
23-27-8.jpg
モルグモルグの包帯に持ち上げられ締め上げられるサヤちゃん。ここでやっと男4人登場。

「判断力」と「経験」でも別格の戦士であることが強調されたヒュウガ。 完璧過ぎませんか?
23-27-9.jpg

やっぱりヒュウガは私が信じた通りのヒュウガだった。

第三十三章でもっと2人の仲が進展するのかと思ったら子役に阻止されて、
第三十八章からヒュウガはブクラテスの戯言を信じてアースを捨て、別行動しちゃいます。

余りに戦士として完全過ぎて弟・リョウマが動き難くなってしまったためでしょうか?

Watch Seiju Sentai Gingaman 27 (DVD).avi in 娯æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
最終章の「W炎のたてがみ」は欲張り過ぎじゃないかなぁ。
でわ

[おまけ] どこかで拾った画像
23-27-10.jpg
「アイドリング!!!」で森田涼花さん(中央)に色々質問する長野せりなさん(右)は
特ヲタらしいけど、ギンガマン放送当時4歳で直撃ですかw 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒロイン - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  22.星獣

Comment

こんにちわ。この回もサヤちゃんメインなので好きな回です。宮澤寿梨ちゃん大好きです。ギンガマンを採り上げてくれてありがとうございます。
ギンガマン好き |  2010.01.18(月) 22:04 | URL |  【編集】

初めまして、ギンガマン好きさん

私は2年前に動画サイトとレンタルDVDで見ましたが、
小川輝晃さんが出演されてることを知っていたので楽しみにしてました。
宮澤寿梨さんのファンの方は多いようですね。

ヒュウガは歴代追加戦士の中でも
「判断力」と「経験」が別格であることが強調されてるように感じました。
やはり問題があったようで別行動になりますね。
マジのお父さんみたいに終盤ならアリだと思いますけど。
もしかしたらデカマスターは何か制約を付けるべきだったかも。
でわ
珍来 |  2010.01.18(月) 23:45 | URL |  【編集】

小林氏は追加戦士の描写が得意?

小林靖子氏がメインライターを務める戦隊の追加戦士は、黒騎士、タイムファイヤー、シンケンゴールドとファンの評価の高いキャラが多いですね。
(サブで参加していた戦隊でも、メガシルバー、ボウケンシルバーはともに評価が高い)
追加戦士の描写に関しては彼女がナンバーワンだと思います。
少年あべし |  2010.01.19(火) 23:37 | URL |  【編集】

こんばんわ、少年あべしさん

ギンガマンを視聴した時
「脚本家の方が苦心されたんじゃないかな」と思いました。
ヒュウガに関しては扱い難くなってしまったようだし、
3号ロボの件も。

タイムファイヤーは死亡させない予定だったらしいし、
そうでなかったら最終回にどう絡んだか分かりません。
シンケンゴールドが好評なのは個人的に意外でしたけど、
終盤で重要度が出て来たので楽しみです。
でわ
珍来 |  2010.01.20(水) 17:54 | URL |  【編集】

脚本家の考察 と OBOG近況

 書き込みを見て、脚本家に着眼して見てらっしゃる方がやっぱり多いのかなって思いました。2ちゃんねるでも、「ジェットマンの頃の井上は神」とか「今日の××にはもう書かせるな」見かけます。特撮では気にしてないですけど、サスペンスは別です。
 「相棒」は特に、脚本家によって当たり回とはずれ回が亀山薫卒業後顕著です。ちなみに、今日(昨日)のは、とてもよかったです。東映という事で、特撮・サスペンス両方携わる方も少なくないようで、ハリケンの長坂さんが、「野呂盆六シリーズ」をお書きになってます。特撮の脚本家は詳しくないので、いずれウィキとかで見てみようと思います。あれとあれが一緒!?なんて驚きがあるかもしれません。

 今日(昨日)は特撮OBをたくさん見かけました。ヘキサゴンでオーブルー(格さん)、もう40歳ですって!時代の流れを感じます・・・。昼間「京都迷宮案内」の再放送でダイナブラックを見ました。サスペンスには頻繁に出てくる名脇役です。(犯人が多いです【今日は正当防衛で釈放されたけど・・・】)
 あと管理人様は関東でしたよね。4話後にこの迷宮案内(再)で、ボウケンピンク事末永遥さんが出演してます。若い頃なので、かわいいでしょうね・・・。来週の火曜の予定ですが、番宣番組や古い作品の再放送なので、ゲストに本当に逮捕されちゃった人(加勢大周・中村雅俊の息子)なんかがいるとスキップして順番が狂います。
 その際は、お許し下さい。
メルシーステージ |  2010.01.21(木) 02:45 | URL |  【編集】

おはようございます、メルシーステージさん

私は脚本家に余り注目してないので話について行けなかったりしますw

オーブルーとダイナブラックはよく見ますね。
末永遥さんが出演されてるのは、
新・京都迷宮案内 第2シリーズ第5話(2004年、テレビ朝日) - 田島緑 役
みたいですから冒険から2年前、18歳くらいの頃ですね。
録画して見たいと思います。
貴重な情報ありがとうございます。
でわ
珍来 |  2010.01.21(木) 07:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |