2010.01.23 (Sat)

名古屋テレビ制作土曜夕方5時30分枠のアニメ

日本サンライズ(現:サンライズ)制作のオリジナル作品1作目と2作目。
100123-1.jpg
「無敵超人ザンボット3」(77)と「無敵鋼人ダイターン3」(78)
日本風の鎧武者をモデルにしてデザインされた「(巨大)ロボットアニメ」です。
名古屋テレビでは土曜17時台後半(テレビ朝日系は金曜18時台前半)に放送されました。

その後「機動戦士ガンダム」(78)からは「土曜17時台後半」で全国放送されシリーズ化。
長い間「土曜18時台前半」に放送された「スーパー戦隊シリーズ」の「お隣さん」になりました。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

ざっくばらんな表ですけど年度別の放送スケジュールを作成してみました。
100123-2.jpg
放送開始終了日などは多少のズレはありますけど、詳しく知りたい方は自分で調べて下さい。
ダイナマンからの放送時間短縮など他にもありますけど、そう言う細かいことは置いといて、

スーパー戦隊シリーズはロボットアニメの影響を受けた

と言うことが言いたいだけです。
「変身ブーム」で沸いた特撮の人気がロボットアニメにシフトして行ったけど、
「ゴレンジャー」からの「戦隊」という新アイディアに「巨大ロボ」を加えて対抗したんですね。

実は私は幼少の頃はロボアニメに夢中で戦隊はロボが出てるから見てました。
ウルトラマン、仮面ライダーから特撮を見てきた先輩の方々には怒られそうですねw

それぞれの個人的印象を書きます(好きな作品が良く書かれてなくても怒らないで!)
(70年代の作品は本放送の記憶があいまい、再放送の時の記憶です)
①ザンボット:リアルな戦争なんでしょうけど大トラウマになりました。
②ダイターン:主人公 破嵐万丈が大好きでした! 故 鈴置洋孝 氏(06年没)の本格デビュー
③ガンダム:再放送で人気が出たんですけど、私は全然ハマりませんでした。

④トライダー:これは本放送の記憶もあります。発進シーンが好きでしたw
⑤ダイオージャ:水戸黄門、全然印象無し。サンバルカンの方が関心が高かったです。

⑥ザブングル:主人公、ロボ共に魅力を感じず、完全にゴーグルVの方が好きでした。
⑦ダンバイン:ダイナマンと共に大好きでした。正に夢の時間帯でした。
 私の中で「ゲッターロボ」「ライディーン」「コンバトラーV」と並ぶ4大ロボットアニメ!

⑧エルガイム:関心が湧きませんでした。バイオマンから戦隊離れした原因の一つかも。
⑨Zガンダム:ガンダムで周りが騒いでるので何話か見ましたが面白いと思えませんでした。
⑩ZZガンダム、⑪ドラグナー:視聴してません。
ロボ以外にも「美形悪役」「ファンタジー要素」など戦隊に影響を与えながら
リアル路線」を追及しつつ、この放送枠では88年1月でロボアニメから撤退しています。

元号が平成に代わり、90年代に入った頃は「アイドル冬の時代」も到来して
それまでの価値観が崩壊して、新しいモノを模索しなくてはならない雰囲気がありました。

戦隊も89年10月から放送枠が変わり、危機的時期もありましたが乗り越えました。
2度目の放送枠変更を経て現在まで続いてます。
ガンダムの本放送の頃からやってるなんて改めてスゴイとおもいませんか?
でわ

PS.次回はサンライズロボアニメを一つ紹介して、その次は戦隊に戻ります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  巨大ロボアニメ

Comment

管理人さんこんばんは

ザンボットはレンタルビデオで見ました…⑪年前に
トライダーはたしか公園の下に格納されてたような~執事のおじーさんが好きでした
ダンバインは地上編でコクピットに米国産の小型テレビを持ち込んだ話しを覚えてました~たぶん小型テレビに憧れてたと…

エルガイムは初めて完全に試聴した作品でした

ガンダムに関してはまたの機会に(笑)
徳河犬吉 |  2010.01.23(土) 00:16 | URL |  【編集】

こんにちは、徳河犬吉さん

第一次サンライズロボアニメ枠(仮称)の次が枠だったことは見逃せない事実ですよね。
私などロボアニメを見る「ついで」だったようですw

ザンボットは後で詳しく書きますけど再放送で見て大トラウマでした。
トライダーは発進シーンを強烈に覚えてますね。
ダンバインは大好きでした。 最終回の黒富野にやはりトラウマをw

「ガンダムには全くハマらなかった」
と言う事が私にとってはその後の進路wを決定付けました。
「同じ人類が地球と宇宙に分かれていがみ合う」と言う事がイヤで。
「そんなことは気にするべきじゃない!」と言われそうですけど
でわ
珍来 |  2010.01.23(土) 13:21 | URL |  【編集】

戦隊とサンライズ作品

 ザンボットは1話だけリアルタイムで見て絵がイマイチ荒い感じが気に入らくてその後はあまり見ませんでした。再放送ではまりロマンアルバムという特集本を買うほどでした。絵は正直放送回によってばらつきが大きいのは否めませんが、ストーリーでそれを補って余りあるものがありました。
 ガンダム初放映時はバトルフィーバーの方を見ていてガンダムは予告ナレーションとエンディングだけ見ていたのが思い出されます。
 ザブングル以降は両方リアルタイムで見ていたので上の表が懐かしく感じられました。
toshi |  2010.01.23(土) 17:05 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん

サンライズ作品を採り上げる前に
「お隣さん」だったことに触れるべきかなと思いました。
昭和戦隊を見てない方はガンダムとバトルフィーバーが
続けて放送されてたことに驚かれるかも知れません。
本放送でのガンダムはかなり評判が悪かったみたいですね。
幼少時の私なら飽きてしまって見てないかもw

ザブングルは「2号ロボ」で有名ですけど「あぁ、あったな」くらいで
私はダンバインでビルバインが登場した時の方が鮮烈に覚えてます。
でわ
珍来 |  2010.01.23(土) 18:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |