2010.03.24 (Wed)

主役が一人の重圧

「スケバン刑事Ⅱ」第6話で五代陽子(2代目麻宮サキ、演:南野陽子さん)の仲間になる
中村京子(左)(演:相楽ハル子さん) と矢島雪乃(右)(演:吉沢秋絵さん)
100324-1.jpg

どうなっても知らんぞえ!  ユニット名は特に無し。

放送前は「斉藤由貴さんの存在感が強過ぎたので、3人チームにした」と言われてましたが、
実態は各所から売り込みが殺到したための苦肉の策だったようです。 最近知りました。
複数ヒロインの発想はのちの「セーラームーン」につながったかも知れません。

Jリーグが開幕して、サッカーワールドカップが近いのでサッカーを絡ませた雑談です。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

昔はサッカーの花形ポジションと言えば70年代までは「センターフォワード」、
80年代以降中盤重視になると「トップ下」(司令塔)でしたが、
最近はサイドの選手にスター選手が多く出るようになりました。
集団でボールを取りに行く戦術が発達したため、中央では自由にやり難くなった反面、
サイドは一対一になり易いのでテクニックを発揮し易くなったためと思われます。

しかし中央の重要性は変わらないと思います。
サイドよりも、中央でボールを奪われた方が明らかに失点につながり易いから。
特にセンターバック、ボランチは「絶対にボールを失ってはいけない」ですね。
3トップのセンター、ワントップのFWも弱ければ攻撃の起点にならないし、
トップ下は360°からプレッシャーを受けて、ボールキープしないといけません。
現代でも中央のポジションは「強い選手」にしかやらせられないと思います。

センターのポジションを1人でやってる選手が居たら、
ほとんどの場合、その選手はチーム内で能力を評価されてると言っていいと思います。
中盤4人で特別に優れた選手が居ない場合は、
ボランチ2人で、トップ下は置かず2人で左右に開いてる布陣がほぼ主流でしょうか。
3バックで中央を守ってるDFは弱かったら試合にならないと思います。
例外は無くはないけど一般的にそうじゃないかと。


演劇の主役(中央)と脇役(サイド)でもそんな感じだと思います。
主役に求められるのは何よりも「見る者の関心」(ボール)を奪い、奪われない能力。
フィジカルとキープ力、そして何よりもプレッシャーに強いこと。 うまさは二の次。

爆発的人気を得た「スケバン刑事」のヒロインを斉藤由貴さんから受け継いで、
毎週30分、自分のPV(ポロモーションビデオ)のような番組が全国区で流れる…
女優を目指して何度もオーディションを受けてる人達にとって正に「夢」そのもの。
ただし夢が叶えば今まで経験しなかった物凄いプレッシャーに晒されることは確実です。

「スケバン刑事Ⅱ」のヒロインを3人チームにしたのは間違いなく正解でした。
新人かそれに近い人に主役を一人でやらせることは危険だったと思います。
「斉藤由貴さんはやっただろ!?」と言われると困りますが、
私には「あの人は特別、というか異常」に思えます、トップアイドルの活動と両立してたし…

戦隊ヒロインのインタビューで出演当時の話になると

色んなことが有り過ぎて訳が分からなかった

と答えてらっしゃる方は多いです。
でも近年は全員最後まで頑張って下さいました。 それは「チーム」だからだと思います。
他ではプレッシャーでつぶれてしまった方が最近でも時々見受けられます。

第6話「なぜ?の嵐!鉄仮面の謎」 ツッコミ所満載なのがこの作品の醍醐味です。

Sukeban deka 2 Ep.6p1

Sukeban Deka 2 Ep.6p2
実は2代目「麻宮サキ」を襲名した南野陽子さんの前評判はそれほど高くなかったのですが、
第1話でいきなりかましてくれました。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒロイン - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  未分類

Comment

確かに主演の人たちは大変ですよね…

夢がかなった感動以上のつらさ…子供たちの夢を壊してはいけないという責任感や義務…がのしかかってますからね…

昔は交代劇がありましたが(色々と事情によるものだろうとは思いますが)最近はそうでもないですよね。

時代の流れでしょうか?
スイクン |  2010.03.24(水) 02:12 | URL |  【編集】

こんばんわ、スイクンさん

「スケバン刑事」は子供も見てたでしょうけど10~20代の方が主な視聴者だと思います。
「特撮でアイドルみたいな人が見られる」ではなく「アイドルが特撮で見られる」でした。

昔は女優さんの周りに会話できる同性が少なかったりで
孤立感を感じることがよくあったようです。
男性俳優よりも降板の頻度が高いことは事実のようですね。

最近降板劇は少ないので、メンタルケアなどにも力を入れてるのかも知れませんね。
でわ
珍来 |  2010.03.24(水) 18:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |