2010.04.19 (Mon)

千葉麗子さん画像あれこれ その2

90年代からの「アイドル冬の時代」にデビューした、元祖「電脳アイドル」こと「チバレイ」。
100419-.jpg
メイ役でメジャーになりましたが、当時はまだ「風変わりなデビュー」という評価に留まり、
「戦隊は若手俳優の登竜門」と広く認識されたのは、オーレンジャー以降になりました。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

千葉さんは90年の「第1回ミスメディアクイーン 審査員奨励賞」を受賞されてます。
その時のクィーン(GP)は高橋夏樹さん(当時15歳)なのでニアミスしていたと思われます。

再掲載「第1回ミスメディアクイーンコンテスト」


超難問 チバレイを探せ! 管理人には見つけられませんでした。

「何秒頃に映る№○がチバレイじゃないか。」と分かった方はコメント下さい。
「審査員奨励賞」なのでいらっしゃるハズですが、映っていない可能性もありますね。

ノーヒントだとムリだと思うので… 「すッぴん 90年11月号」
すッぴん 1990 11 千葉麗子
千葉さんの巻頭グラビア(初のメディア露出)がありますが、残念ながら未入手。
100419-2.jpg
ヒント:15歳当時の千葉さんの画像。  


千葉さんが「恐竜戦隊ジュウレンジャー」で実質的にデビューしたことについて
100419-3.jpg
今までどのメディアでも「意外な」「風変わりな」という画一的な採り上げ方をして来ましたが、

管理人は先見の明があった と扱って欲しいと思ってます。 変ですか?

尤も周囲の意向で、千葉さんの意思ではなかったでしょうけど。
100419-4.jpg
アクションで酷評されましたが、こんなに華奢で小柄な方なのに頑張られたと思います。
仕方ないとは言いませんけど、若年の女優さんを選んだ側にも責任があるのでわ?


80年代から「特撮アイドル」、後半から「バラドル」「グラドル」と言われる方々が居ましたが、
歌番組全盛の頃は(売れてる)「アイドル歌手」がそれらの上に君臨する存在でした。
数分間TV画面を占拠出来るので、最も効率的に新人女性タレントをアピールが出来ました。
しかし90年代以降は歌番組が衰退、「歌手デビュー」は余り重要性を持たなくなったので、
ようやく「特撮アイドル」への注目度が上がって来たと思います。

深夜に関東ローカルで放送された「IDOL2(アイドル・アイドル)」の最終回スペシャル(92)

アイドルアナウンサー」が台頭して来たのも80年代後半から。
アイドルよりも永井美奈子さん(当時27歳)のピンクナース姿が目当てで見てた方も多いかも。
100419-5.jpg

プテラレンジャー・メイ! 2分頃の千葉さんの名乗りが脱力モノw

「20世紀最後の正統派アイドル」高橋由美子さん、「第二のおニャン子」乙女塾の方々が
出演されてますが、今見ると「アイドルのロストジェネレーション」と言う感じがします。
現在も活躍されてる方も居ますが、80年代より才能を発揮できる場が減っていたと思います。

その高橋由美子さんが主演の「南くんの恋人」(94)で

千葉さんは過激な言動が目立つライバル・野村 リサコ 役を演じてます。
100419-6.jpg
リサコの憎まれ度は非常に高かった気がしますが、敵役(かたきやく)なのでGJですね。

同年「NON STOP! ONE WAY LOVE」でソロ歌手デビューされてます。
100419-8.jpg

何とか見つけました。 11分過ぎに収録されてますが、興味がある方だけ聞いて下さい。
正直下手ですけど、歌以外に活躍の場を求めなきゃいけない時代だったことは確かです。
「混迷の時代には既存の概念を疑って、今までに無いことをするべきだ。」
言うのは簡単ですが、実行は難しいです。 実行しても周囲に理解されることはもっと難しい。

同年の写真集「THROUGH IT」より手ブラ画像。
100419-9.jpg
翌95年に20歳の若さで引退、ソフトウェア会社を起業されました。
活動期間は短いのに、既成の概念に囚われない活動内容が記憶に残るアイドルでした。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒロイン - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  グラビア(水着)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |