2010.05.06 (Thu)

アイドル歌手 VS 特撮ヒロイン その2

87年に発行されたグラビア誌「Beppin(ベッピン)№39 10月号」。
100506-1.jpg
ネトオクに「水着美人特撮ヒロインスペシャル掲載号」として出展されてました。
当時は特撮ヒロインの特集は希少なので、他の号より断然価値があるようです。

左下に前田賀奈子さん、塚田きよみさん、西本ひろ子さん、萩原さよ子さんの4名、
別の記事で森恵さんのお名前もあるので、いつか入手してみたいです。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

冒頭の書籍に掲載されていた前田さん、西本さん、萩原さんの画像は既に持ってましたが
「出展」は知りませんでした。 分かって嬉しい反面、扱いが余りに小さいので愕然としました。
現在ではそれが唯一の「ウリ」としてオークションに出されてます。

1人1ページとは言え「アイドル歌手」ばかりが採り上げられてた時代なので希少です。
100506-2.jpg
現在では週刊誌などで「特撮ヒロイン(女優)特集」は頻繁に見かけるので隔世の感です。

塚田きよみさんは「夢・翔・女」でお見かけしましたが、どういう方かは知りませんでした。
100506-3.jpg
前田さんには「スケバン刑事Ⅱのオーディションを受けましたか?」と質問してみたいですね。

再掲載「スケバン刑事Ⅱ」 第8話という早い話数で李麗香 役(右)としてゲスト出演。
100217-2a.jpg
もしかしたら前田さんは「2代目サキ」「ビー玉お京」の有力候補だったのかも…

萩原さんは残念ながらこのグラビアの直後に休業されて、その後引退されたようです。
100506-4.jpg
西本さんの水着グラビアは希少でほぼこれだけらしいです(他にあったら教えて下さい!)

「朝日ソノラマ/ファンタスティックコレクション54『チェンジマン』」 でのレオタード画像。
100506-5.jpg
同誌の座談会でオーディションに来た女性はわずか「4名」だったことが明かされてます。

「アイドル歌手」に日の光(人々の関心)を遮られ、日蔭の存在と言えた「特撮ヒロイン」ですが、
88年に森恵さんを起用したことで、ついに一般芸能誌にも採り上げられるようになりました。
7年もかかってやっと戦隊に売り出し中の「アイドル歌手」を出せたワケですね。

「夢見るダンス・アウェイ」(86年、デビュー曲) 森さんは歌唱力がありますが、

大ヒット曲はありません。 しかし「泣きの森」の異名を取る演技派でした。
80年代後期からは斉藤由貴さん、中山美穂さん、南野陽子さんなど「女優主体」のアイドルが
「歌手主体」の方々より明らかに優位になり、「アイドル歌謡」に陰りが見えて来ました。

そして昭和から平成、80年代から90年代という「時代の転換期」について行けなかったのか
89-90年頃に「アイドル歌手」という巨木は突然大量の葉を落とし、朽ち始めたのです。
それに取って代わったのは、同じく日蔭の存在だったバラエティアイドルグラビアアイドル

戦隊も「時代の転換期」に危機を迎えましたが、それを乗り越えると
グラビア誌で注目されていた千葉麗子さんと高橋夏樹さんを起用し、人気を集め、
更に珠緒さんがバラエティ、グラビアで大成功を収めると
一気にオーディションの応募者が激増し「若手俳優の登竜門」と化しました。

その後「特撮イケメンブーム」で戦隊は着実に注目度を上げて、
100506-6.jpg
(大好評・長澤奈央さんの「Happy Blue」(02)、これではTV本編の水着はNGになりますねw)
近年の「戦隊ヒロイン」は選ばれた時点で「注目のグラビアアイドル」と化しました。

特撮にもアイドルみたいな子を出せば人気が出るんじゃないかな?」と「抵抗」を始めてから
相手が勝手にコケてしまったとは言え、いつの間にか勝ってしまったのかも知れません。
20年以上かかりましたが、常に時代について行こうと変化し続けた努力の結果なのかも。

30th Anniversary」を迎えてからは、大手芸能事務所も新人の売り込みをするようになり、
今や戦隊は「安定」を求める大勢の人々が、その根元に集まるほど大きく育ちましたが…
不遇だった頃の「チャレンジ精神」が失われるのでわ、という一抹の不安もあります。
でわ

PS.
塚田きよみさんが、旧芸名「塚田聖見」時代に出演されていた「星雲仮面マシンマン」(84)

探したらありました。 初めて見ましたが、中々面白いです。
でも、露骨に低予算なので「やはり特撮は苦しい時期だったのかな」とも思えました。
(コンボイの1人を演じてた大原和彦さんが出演されてたので、個人的にギョっとしました)
塚田さんはマシンマン出演後に出演作が増え、95年まで活動されたそうです。


追加PS.
素晴らしい動画が公開されていたので紹介します。 大川めぐみさんの唯一のTVCMです。

大王製紙株式会社のHPによると、「エリエール」の語源は、
「elle:仏語で女性を指す」と「air:仏語で風」の造語で、『風の妖精』を意味し、
やわらかく、しなやかなイメージを表現しているそうです。

貴重な動画を公開されて、情報を下さった方、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒロイン - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  未分類

Comment

塚田きよみさん

当時けっこう好きでした。今みると、秋山莉奈さんに少し感じが似ている気がします。
マシンマンの頭数話ぐらいを見た記憶があります。天本御大が敵ボスで子供をいじめていたようなwww。
ricky |  2010.05.06(木) 00:25 | URL |  【編集】

真紀さん、気絶よくしていてよかったです。
やまだ |  2010.05.06(木) 07:19 | URL |  【編集】

まとめてすいません

おはようございます、rickyさん
マシンマンについては色々聞いてましたが、初見でした。
塚田さんは「ドレミファドン」のアシスタントをされてたとか… 
斉藤由貴さんが回答者で出演された時に見かけたかも知れません。

おはようございます、やまださん。
空手の型とかやるけど「変身」しないことにガッカリしました。
私的に「変身」はツボみたいですね。
でわ
珍来 |  2010.05.06(木) 07:44 | URL |  【編集】

教えて下さい

電撃戦隊チェンジマンのチェンジマーメード役の西本ひろ子さんがハイレグレオタードを着たのは第何話だったんでしょうか?私はチェンジマンのDVDは全て持ってます、管理人さん教えて下さい、今回の特集で塚田きよみさんと前田賀奈子さんのハイレグ水着姿を見れて良かったですね。
あさばよしゆき |  2010.05.06(木) 12:43 | URL |  【編集】

こんばんわ、あさばよしゆきさん 

お答えします。
「朝日ソノラマ/ファンタスティックコレクション54『チェンジマン』」 の書籍内の画像で、
西本さんが、チェンジマンのTV本編および劇場版で
レオタードを着たシーンはありません。

このブログ内の「西本ひろこさん画像あれこれ」という記事を読んで頂ければ
もう少し西本さんの情報があります。 色々ブログ内を検索してみて下さい。
でわ
珍来 |  2010.05.06(木) 18:40 | URL |  【編集】

返信有難う御座います

管理人さん、教えて下さりどうも有難う御座いました、そうですかTV本編には無いと言う事でしたか、西本ひろ子さんは身長は161cmと聞いていますのでスタイル的には悪くないですね。
あさばよしゆき |  2010.05.07(金) 08:52 | URL |  【編集】

こんばんわ、あさばよしゆきさん 

西本ひろ子さんは情報が少ないので
今後も色々と当ってみようと思います。
でわ
珍来 |  2010.05.07(金) 17:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |