2010.05.22 (Sat)

桃色の誘惑 (ヒロイン七変化 その9)

結婚詐欺師・広末恭子にリベンジするために女を磨いたユウリ、 ①ボディコンが眩しいです。
24-22-1.jpg

止めなさい、みんな。 目を覚まして。 

私が本当の女を教えてあげるわ!


不甲斐ない赤青黄に投げキッスで渇を入れ、「女の魅力」で完全勝利しました。
24-22-2.jpg

ダ・メ  ウィンクしてると思ったんですが、見返してみると両目を閉じてますね。

マイナーチェンジが多いけど「ヒロイン七変化」 Case File 22「桃色の誘惑」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

「ギャグ回」として大傑作なので固いこと言うのもヤボなんですが、
強気で負けず嫌いのユウリが最後に少しだけ女性らしい優しい所を見せています。
(一応触れときますが「広末恭子」は広末涼子さんからでしょう)

依頼主・山田吾郎から「失踪した婚約者探し」の他に「家事手伝い」も引き受けたようです。
24-22-3.jpg

どうぞ。 それじゃ頂きます!  ②エプロン(下に普段着)

家事は全然ダメみたいです。 幼少の頃に天涯孤独になったはず… って重箱の隅かw

仕事である以上、不屈の闘志を燃やすユウリ。 鋭い眼光で不敵な笑みを浮かべています。
24-22-4.jpg

今度こそリベンジしなきゃ!!  ③ジャケット(下に普段着)

自信家ですけど、向き不向きはあるみたいで頑張っても失敗が重なって凹んでしまいました。

私、女として何か足りない所があるのかなぁ? 寝癖w 
24-22-5.jpg

そんなことないよ、ユウリは十分魅力的だよ。 

エヘッ、そう」と喜んだのも束の間、「恭子」と比べられて憤慨します。 ④パジャマ姿

男達が頼りにならないので「恭子」と直接対決。 暴言を吐かれ惨敗してしまいました。
24-22-6.jpg

あなたには女としての魅力が無いってことw

即「女磨き」に燃えるユウリ。 「売られたケンカは買う、そして絶対勝つ!」が彼女の流儀。
24-22-7.jpg
⑤レオタード⑥バスローブ&タオル。 ヘアメーク時の「ビニールシート姿」は除外します。
24-22-8.jpg
「普段着」も②と③の下に着てるので除外。 他では見られないパターンが多いです。

冒頭の「女の戦い」に勝利! 「恭子」の正体には全然気付いてなかったので 
ボディコンの下に⑦インナーウェアを着てるのは変なんですが… 重箱の隅か。
24-22-9.jpg

みんな行くわよ! ハイ、ユウリ様 

⑧タイムピンク に変身して「恭子」の正体・結婚詐欺師バーベラとタイマンでも勝利!
24-22-10.jpg
巨大戦の勝利の後、ユウリは忽然と姿を消し、依頼主を気遣う行為に出ました。

⑨白いつば広帽子に白ワンピース 確かに説明のしようがありませんけど、
24-22-11.jpg

すいません、ユウリさん。 女性らしい優しさだと思います。

この発想は男には無いでしょう。 それに「9変化」とは意外と多かったです。

ちょっとやり過ぎ感はありますが、傑作回でしょう。

今回「広末恭子」(結婚詐欺師・バーベラ)役の「東風平 千香」(こちひら ちか)さんも「6変化」!
24-22-12.jpg
「超光戦士シャンゼリオン」(96)の「南エリ」(女王エリーザ)役で知られる方のようです。

物議を醸した最終回らしいのですが、私は視聴してないので解説不能です。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒロイン - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  24.未来

Comment

この回、DVDで初めて視聴しましたが
ユウリの女を磨く特訓が一番の見どころ
だと思います。

彼女が洋服を選ぶシーンで
白い布を持つシーンがあるのですが
あれって形からしてブラジャーなんですかね?

戦隊ヒロインの下着ネタはダイレンジャーにもあったと記憶しています。
(リンのじいちゃんが洗濯機から取り出すところw)



ピンクファイブ好き好き |  2011.07.25(月) 16:20 | URL |  【編集】

レス遅れてすいません

ユウリの女磨きは少年が観ても燃えて来ると思います。
こういうのアリだと思いますが、やはり珍しいですね。

ちょっとブラジャーかどうかは分かりません。
「戦隊ヒロインの下着ネタ」は考えましたが、御指摘のリンちゃんしか思い浮かびませんでした。
でわ
珍来 |  2011.07.28(木) 00:21 | URL |  【編集】

この回は井上脚本らしさが全開ですが
キャラ崩壊具合が賛否あるようですね。

ドモンが囚人に上手い蕎麦を食わせる「そばにある夢」(山口脚本)や
異星人のシオン以外が酔っ払う「シオンの流儀」(小林脚本)は
カオスな展開ながらもメインのキャラの良さが前面に出てた感ありますし。
戦隊者 |  2015.03.04(水) 22:49 | URL |  【編集】

このお話は固いこと言うのはヤボでしょう。
タイムで井上さん脚本は他にCaseFile.14「デッドヒート」だけ。
…メチャクチャのお話だった事を覚えてます。
アヤセは、一発免停で再教習中に抜け出して暴走、
再び免許を取れるのかなw
あれが一番カオスだった気がします。
でわ
珍来 |  2015.03.04(水) 23:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |