2010.05.25 (Tue)

資生堂「IN&ON(インアンドオン)」(後編)

2010年3月30日に都内で開かれた資生堂の新CM発表会の様子は、

「CMで”同窓会”80年代アイドル」等のタイトルで各種情報番組で大きく採り上げられました。

主題歌「ずっと好きだった」を歌う斉藤和義さん(43歳)による感謝のお言葉。
100525-1.jpg
私は「一番好きな方々」にはお世話にならないタイプでしたね。 どうでもいいかw

今回は84年デビューの荻野目洋子さんと85年デビューの河合その子さんについて。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

最近「アラフォー」「アラサー」などの言葉が流行り、30年代以降向けのTVドラマ、
CMが制作されてますが、一時の現象には留まらない可能性もあります。
TV制作側は「若い人はモノを買わないからいいよ」と考え始めてるのかも知れません。
近未来、日本も若年失業率が欧米並みの常時10%超になったら完全に…

荻野目洋子さんは85年の「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」の大ヒットが有名。
100525-2.jpg
「ザ・ベストテン」には85年12月に「今週のスポットライト」で初出演。

姉・荻野目慶子さんも出演されました。 リズム感が良く、脚のフリが印象深かったです。


削除されてしまったので去年の荻野目さんに差し替えます。

ここまで変わらないと却って違和感があります。

翌86年に初のベストテン入り、最高位・第2位の時にハプニングが起きました。

途中からの雨を降らす演出が疑問! 現役歌手でお子さんが3人いらっしゃいます。


今回のサプライズは薬丸秀美さんとともに「限定」復活された河合その子さん。
100525-3.jpg
94年に作曲家の後藤次利 氏と結婚引退されてます。
現在、お子さんが1人いらっしゃるそうです(女の子だったら是非見てみたい!)。
私は荻野目さんは良く覚えてましたが、その子さんは何故か余り記憶がありませんでした。

デビュー曲「涙の茉莉花LOVE」(85) 美少女でビックリ!

「歌うリカちゃん人形」と自称されてたそうです。 か細い声質なのに声量がありますね。

「哀愁のカルナバル」(87) 特徴的な振り付けは御本人のアイディアだそうです。

こういう上体を大きく振るのは珍しいです。 カラオケでマネされてはどうでしょう?

ニコニコのコメントを見れば如何に衝撃的だったか分かりますね。

最近「80年代アイドル」がマイブームで、
色んな方の動画を探して「○○さん、可愛い!」などとやってます。
こう言う個性豊かな美人のお姉さん達をTVで見られた時代って幸せだったと思います。

次回は特撮で「総司令」になった80年代アイドル。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : CM - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  CM

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |