2010.06.17 (Thu)

超人バロム・1 (72)

私がこの作品を知ったのは、南野陽子さんがDJを務めたラジオ番組「ナンノこれしきっ!」
100617-1.jpg

好きなヒーロー、テレビ番組は「超人バロム1」 

と発言された時でした。 そして「南野陽子のテーマ」として「ぼくらのバロム・1」が流れた時

その余りの素晴らしさに感動してしまいました。 ちっとも大袈裟ではなくホントに感動しましたw
(声優で有名な上田みゆきさん、小林清志さんが出演されてることでも有名です)

以下、管理人が80年代アイドルのラジオ番組にハマっていたと言う雑談です。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

「超人バロム・1」についての詳細は気になったら自分で調べて下さい。
今回は管理人がハマった「80年代アイドルのラジオ番組」がメインなので、
「自分は特撮一筋でアイドルには全く関心が無かった」という方や
「昔の特撮には興味はあるけど昔のアイドルには興味無い」方は最後の動画だけ見て下さい。
途中の動画は興味があればどうぞ。

私が最初に聴き始めたのは、ニッポン放送 土曜日の夕方17時の

斉藤由貴 ネコの手も借りたい (86~95、9年続いた長寿番組!)


(30分もあって音質がやや悪いのですが、ファンの間で名曲とされる「May」「予感」が流れます)
番組の存在に気付いたのは87年なので、86年の放送がアップされていて嬉しいです。
当時の私には斉藤さんの喋り方が非常に大人っぽく感じられたのですが、今聴くと普通かも。
非常に「美声」なので毎週「癒し」を頂きました。 93年頃まで聴いてましたね。
ゲストが頻繁に出演されて、たびたび画像の「AXIA」のカセットテープで録音しました。
谷山浩子さん、原由子さん、井上陽水さんらと番組内でデュエットしたこともあります。


次に気付いて聴き始めたのは、ニッポン放送で毎週日曜深夜1時(日付は月曜日)の

南野陽子 ナンノこれしきっ!(86~90)


こちらは南野さんのテンションが毎回非常に高く、月曜から頑張る「元気」を頂きました。
南野さんがカラオケで自分の曲を歌って「3点w」を出したと言う伝説があります。

当時のニッポン放送では、日曜日のPM9時からアイドルのラジオ番組が目白押しで
「他はどんな感じだろう?」と興味があったので時々聴いてました。
特に印象に残ったのは、中山美穂さんの「ちょっとだけええかっこC」(85~90)で

「中山美穂、口で良かったら」というコーナーが始まった時です。

当時知識があったので「ヤバイ!」と驚きましたが、お願い出来るのは無論「それ」ではなくw
中山さんに読んでもらいたい内容を葉書に書いて、録音しましょう ということでした。
「Hな内容が採用されるのでは…」と期待しましたが、私が聴いた限りありませんでしたw

お友達の網浜直子さんがゲストの時は凄まじかったです。 参考までに。

「アミハマー!」「ナカヤマー!」と呼び合って、ゲラゲラ笑ってたので圧倒されました。


お待ちかねの「超人バロム・1」ですが、当時南野さんは4~5歳。

エゴス怪人やベーダー怪物は目じゃないかも、私だったらトラウマかな。

ドルゲ魔人(話によって「怪人」「妖怪」とも言われたようです)のデザインが秀逸です。 
100617-2.jpg
特に「ヒャクメルゲ」! ヤバイ、ヤバ過ぎ!! よく放送出来たなぁ…

EDで歌われてますが、南野さんは「2人の少年が友情で変身する所が良かった」そうです。

別番組で「ウルトラマンA」(72-3)についても
「二人で変身してこそエース、一人のは認めない」と発言されてました。
当時の私には何のことやらサッパリ分からなかったんですが。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  戦隊以外の特撮

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |