2010.08.25 (Wed)

劇場版「電子戦隊デンジマン」

海底に潜む怪物・アンゴラー(バックルには№はなくベーダーマーク)を誘い出すために
100825-1.jpg
5人全員水着姿になったデンジマン。 あきらさんのピンクのビキニ、大らかな時代でした。

飛び込みシーンは体型から見て吹替えではないと思われます。水泳は得意なのかな。
100825-2.jpg
「デンジ姫の伝説」と言うべきメインストーリー「劇場版電子戦隊デンジマン」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

第7話で描かれた3千年前の「デンジ星の滅亡」後を補完する内容になっています。
第26、29、45話もデンジ姫に関するエピソードなので、第26話のちょっと前だと思います。
サンバルカンでも「デンジ星人の末裔」が登場しますが「能力」が残ってる者は少ないです。

男4人と踊り狂うあきらさん。 ご本人が「幼児体型」と仰ってますが、かなり良いと思います。
100825-3.jpg
赤城さんのセクシーな股間の方がドアップになってますが気にしないでw

女性的にはNGでしょうけど「下腹がポッコリ」してるグラドルを好む男性は多いんですよ。
100825-4.jpg
あきらさんは何とか踊ろうとしてるけど全然踊ったことがない人みたいですね~。

映画を最後まで見ると「デンジ星人の末裔」を探知出来ると思われるアンゴラーが
100825-5.jpg
この5人に反応しないのは謎。 男性陣が「立派」ですけど、そう言う趣味の方も見てますか?


コンピュータによる3千年前の推測映像、デンジ姫(演:舟倉たまき(現:由佑子)さん)は
右の侍女クレア(杉本恵子の遠い先祖)に「虹の石」を託しました。
100825-6.jpg

穏やかな惑星ですね。デンジ星にそっくりです

「虹の石」を持っているのは恵子の娘・はるみ。 女王の妖魔術に操られるあきらさん。
100825-7.jpg
この方は「操られる」「縛られる」が異常な程にハマる「天性の捕まるヒロイン」ですね。

戦闘員ダストラー2人に抗わずに牢に。 恵子を含む捕まった人質と接触しますが、 
100825-8.jpg
「操られたフリ」とか「ワザと捕まった」と言うことはないでしょ。 暗いくて残念…
100825-9.jpg
そのまま特に「人質を連れて脱出しよう!」とか行動しないまま縛られる あきらさん。
100825-10.jpg

デンジピンク、最期だな! 毅然とした表情を崩しません。

100825-11.jpg
「自力で脱出」ではなく「助けてもらう」が絵になる「お姫様キャラ」の戦隊ヒロインです。

う~ん、戦闘シーンのあきらさんのアフレコがヨレヨレなんですけど体調でも悪かったのかな。

「宇宙帆船・グレートクィーン号」が見えた5人は「能力を失ってないデンジ星人の末裔」か?
100825-12.jpg

ハッ、デンジ姫! 見えた… デンジ姫って長命なの?

ワザと「末裔」と断定しないようです。OPが2番まであってスケールの大きさを感じます。

(見終わったら下列からPart2~5を探して下さい)
水着サービスが今より段違いにあるだけじゃなく、内容も非常に濃いです。

拾った「あきらさんのみ詰め合わせ」。
100825-13.jpg
一応自作もしてみましたが、こちらの方がいいので。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒロイン - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  劇場版

Comment

小泉あきらさんのビキニ

デンジピンク役の小泉あきらさんのプロフィールなんですが身長が167cmとありましたので背の高い女性なんですね、モデルとだけあってスタイルもいいしうっとりします、バブル期のハイレグ水着がこの電子戦隊デンジマンの頃に普及していれば小泉あきらさんのハイレグ水着が見れたんじゃないかと思うと少し悔しい思いもしています、それはさておきこの劇場版に関してなんですが巨大ロボ戦が特撮班で制作されています、スパイダーマンの劇場版、太陽戦隊サンバルカンの劇場版の巨大ロボ戦も特撮班の制作です、TVシリーズでは初期のみ特撮班が巨大ロボ戦を担当していました、昭和の戦隊シリーズではバトルフィーバーJから超新星フラッシュマンまで行われました、劇場版に関してはサンバルカンが最後になっています、大戦隊ゴーグルファイブ以降の劇場版の巨大ロボ戦は本編班でした。
あさばよしゆき |  2010.08.25(水) 16:58 | URL |  【編集】

そう言えば・・・。

初めてコメント致しマス。
小泉あきらさん、とても懐かしく感じマシタ。
実はあきらさんの事で思い出しました!
私の友人の中学の担任が何とあきらさんのお父様だったそうです。
つまり、あきらさんのお父様は学校の先生だったんです。
あきらさんのお父様は授業中によくあきらさんのお話をなさっていらっしゃったそうです。
残念乍ら私はその友人の隣の中学でしたのであきらさんのお父様にお目にかかる事は出来ませんでしたが・・・。
あきらさんのお父様も「戦隊シリーズ」のファンだったかも知れませんね。
駿河っ子 |  2010.08.25(水) 20:46 | URL |  【編集】

こんばんわ、あさばよしゆきさん

厳密にはスタイルが良いとは言えないかも知れませんが、
あきらさんの場合、そんなこと超越してる気がします。
それから「完璧な美人」とは言えませんが「誰が見ても美人」だと思います。

劇場版の巨大戦が特撮班か本編班かが書いてあった
特撮関係の書籍を読んだ覚えがありますが、何だったか失念です。
でわ
珍来 |  2010.08.25(水) 20:48 | URL |  【編集】

初めまして、駿河っ子さん

コメントありがとうございます。
そう言えば小泉あきら(現:弓‐)さんは静岡県出身です。
惜しかったですね。もし同じ中学だったら話を聞けたかも知れません。

私の場合、芸能人との接点は
義兄(姉の夫)が七瀬なつみさんと同級生だということだけです。
芸能人の割合ってやっぱり少ないのかなと思います。
でわ
珍来 |  2010.08.25(水) 22:21 | URL |  【編集】

デンジマン劇場版について

 当時はさすがにまんが祭りには行きづらい年齢だったのでDVDになってから初めて見ました。水着の5人が踊りまくるシーンはなんか違和感を感じました。。(これを大画面で見た子供達はどう思ったのか・・・)ところで当時はレッドの俳優さんが他の4人よりもおじさんみたいだなあと思ってました。ヒロインのあきらさんはなんか大人っぽくてあまりアクション系でなかったのが個人的には残念でした。捕まったら自力でなくてもいいのでひと暴れして欲しい方なので。
toshi |  2010.08.26(木) 20:49 | URL |  【編集】

こんばんわ、敏さん
大人層が意識するだけで、小学校3年生くらいまでは何とも思わないじゃないでしょうか。
やはり赤は貫禄と演技力優先だったんでしょうか。

あきらさんにアクションは無理だと思います。
周囲も最初から、ほとんどやらせようとはしなかったでしょうね。
それにこの方の場合、捕まった後で何らかの行動を取ったら違和感があると思います。
「何もしないで助けを待つ」の方がお姫様キャラには合ってるでしょう。
でわ
珍来 |  2010.08.27(金) 19:08 | URL |  【編集】

デンジピンク・桃井あきら嬢とミスアメリカ・汀マリア嬢は戦隊ヒロインでも少ない安産型の腰ですねえ。
ピンクファイブ好き好き |  2011.06.15(水) 16:56 | URL |  【編集】

こんばんわ、ピンクファイブ好き好き さん

以前自分で作った「戦隊ヒロイン水着画像集」を見てみました。
お尻が大きめの人は近代でも居ますが、「安産型の腰」となると…
仰る通り、あきら嬢とマリア嬢しか居ないかも知れません。
何て言ったらいいのか、年代ごとに明らかに体型の変化がありますね。
しかし「安産型の腰」素晴らしいですw
でわ
珍来 |  2011.06.15(水) 23:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |