2010.09.05 (Sun)

80年代CM美女 その2 西村知美さん

高額プレミアのテレフォンカードとして知られる「西村知美 日産 ニコス会」。
100905-1.jpg
「オークションで斉藤由貴さんの「卒業」テレカを「30万円」で落札した会社員が居た」らしい
というエピソードが有名ですが、このシリーズは「100万円」で落札した人が居たらしいです。
管理人が「高額プレミアテレカクィーン」西村知美さんを間近で見た思い出について。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

平成世代の方は「テレカなんて古い、知らない」と思われるでしょうが、
1000円で売られたグッズに10万単位のプレミアがついた80年代アイドルのパワーを感じて
欲しいです。 もしかしたら「夢物語」にしか思えなかったりするでしょうか。

西村さんは85年「第1回ミス・モモコクラブ」でGPを受賞。 お姉さんが応募されたんですね… 
100905-2.jpg
翌86年、15歳で映画「ドン松五郎の生活」で女優デビュー。

その主題歌「夢色のメッセージ」はいきなりベストテン入りする鮮烈デビューでした。
(調べたら「1986年4月10日」の放送でした。大変な回でした)

86年は「おニャン子旋風」が吹き荒れ、それ以外でデビュー曲がランキングされたアイドルは
西村さんだけでした(85年は「卒業」の斉藤由貴さんのみ)

「がんばれ!キッカーズ」(86-7)の主題歌「君は流れ星」がファンの間で人気が高いようです。

このアニメ見た覚えがない…と思ったら「めぞん一刻」の裏でしたか。

「生きた人形」系の「儚さ(はかなさ)」がある方にありがちですが「力強さ」に欠けます。

独特の味はありますが「声量」が極端に少ないので歌手には向かないと思います。
女優でも「口論」して相手を言い負かすような迫力が出ないので主演作は少ないです。

87年に管理人の地元の近くでイベントをされてたので間近で拝見出来ましたが
文句なく可愛かったことより、とにかく人形みたいで喋ったり動いたりすることが不思議に見え
「世の中にこんな人形みたいな人が居るのか!?」と驚いたことが印象に残ってます。

ズレた言動をする、天然ボケなキャラクターでバラエティ番組の出演が多いです。

三田寛子さん、斉藤由貴さんもその傾向がありましたが「不思議系」の元祖になってます。

西村知美さんのCM集。

80年代はアイドル、若い女性タレントがCMに出まくりでしたが90年代以降露骨に減りました。
でわ

PS.
翌88年に「第2回ミス・モモコクラブ」GPの畠田理恵さんも間近で見たことがあります。

この方は「和風人形」的でした。 現在は将棋名人夫人です。
<追加>

この方は再度個別に採り上げる予定です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆女性アイドル☆ - ジャンル : アイドル・芸能

00:00  |  CM

Comment

西村知美さんのCM

こんにちは。

西村知美さんは、可愛いんだけどちょっと天然ボケな感じが危なっかしい印象です。

西村さんと言えば、「うまかっちゃん」というインスタントラーメン(地元福岡はじめ九州限定なのかな?)のCMに出演されていましたよ。

太宰府天満宮のすぐそばにある「筑紫台高校」という私立高校でロケが行われていて、当時通っていた先輩から聞きました。

「うまかっちゃん」は、博多弁で「うまいんだよ」という意味ですが、その後に北海道ラーメンで「うまいっしょ」というのが出て、笑えました。

http://www.youtube.com/watch?v=IUoTrH_C-yE
T-yoko |  2012.03.24(土) 16:50 | URL |  【編集】

こんばんわ、T-yokoさん

動画がほとんど観られなくなってますねw
私は85年から88年の間に斉藤由貴さん、西村知美さん、畠田理恵さんを間近で見たことがあります。「これがアイドル? 芸能人!」と吃驚したことを覚えてます。

「うまかっちゃん」について、ここで色々書かれてますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93
発売は79年、当初は九州限定だったようです。
その後、全国発売されたのが何年頃か分かりませんが、
私は80年に発売された「王風麺」の方を先に食べた記憶があります。
http://www.youtube.com/watch?v=7Ya6rqsPe_g
その後「うまかっちゃん」も食べましたが「王風麺に似てる」というのが正直な感想でした。
どちらもハウス食品から発売されてますね。

う~ん、記憶が曖昧ですが斉藤由貴さんがCMデビューした「青春という名のラーメン」より前に「うまかっちゃん」を食べたことがあるような気がします。
でわ

珍来 |  2012.03.24(土) 22:51 | URL |  【編集】

畠田理恵さんについて

西村さんの話ではありませんが…。

畠田理恵さんも可愛い方ですよね。目がクルっと大きくて。

清水義範という作家さんの探偵シリーズで、「Y殺人事件」という小説があり、'88年頃にTVドラマ化されました。

内容は、布施博さん演じる楽天家の不破太平と阿部寛さん演じる鬱っぽい性格の朱雀秀介、渡辺満里奈さん演じる太平の妹・菜摘が、スキーに出かけた先でお嬢様女子大の学生6人と知り合うも、その1人が死体で発見され、太平と秀介が事件の謎に迫る、という内容でした。

その女子大生6人組のキャストが、今や君島ブランドの婦人となった川島十和子さん、元おにゃん子で被害者役の生稲晶子さん、杉本彩さん、羽生名人と結婚した畠田理恵さん、脇役で活躍されている山下容莉枝さん、奥貫薫さんでした。

また、川島さん、畠田さん、生稲さんの彼氏役で、若き日の高橋克典さん、江口洋介さん、香川照之さんが出演されていたのも驚きです。
皆さん当時からほとんど変わってません。

畠田さんは、何かにつけて彼氏の自慢をするという役で、中盤ではその彼氏・江口さんが事故で死んでしまい、泣き崩れるといった可哀相な役でした。

あと、1シーンだけですが、野々村真さんと森口博子さんがお忍びで遊びに来ている本人役で出演されていて、森口さんはカラオケでアン・ルイスさんの「六本木心中」を歌ってました。

ソフト化はされておらず、2年位前に奇跡的に再放送されたのを録画しました。

今となっては、揃えるのが難しい位豪華なキャストだったと思います。

T-yoko |  2012.03.25(日) 08:31 | URL |  【編集】

「藤子不二雄のバケルくん」

畠田理恵さんは「月曜ドラマランド」で初めて見ました。
http://supersentaiseries954.blog77.fc2.com/blog-entry-566.html
この記事で採り上げてます。 「私お喋りだけど口は固いの!」w

アイドルのイベントに行くのは3回目だったので
場の雰囲気にも慣れて、落ち着いて畠田さんを間近で見られたことを覚えてます。
その後90年代に入るとウソのようにアイドルのイベントが激減するのですが…

「Y殺人事件 湯けむりスキーと女子大生!?」(90年3月29日、TBS)ですか、
今はそんなに豪華キャストを揃える2時間ドラマは少ないですよね。
おニャン子では生稲晃子さん、渡辺満里奈さんが特に好きでした。

私は一時はプロを目指そうと思ったくらいの将棋ファンなので、
畠田さんが羽生善治七冠(当時)との結婚、女優引退を発表された時は
複雑な気持ちでした。 その直後に羽生さんが1つタイトルを失ったので
それだけで「結婚の影響か?」なんてマスコミが騒いでました。
でわ
珍来 |  2012.03.25(日) 12:00 | URL |  【編集】

Y殺人事件OP&ED

続けてすみません。

Y殺人事件のOPとEDが、YouTubeにありました。
この手の2時間ドラマにしては珍しく、森川由香里さんの曲が主題歌になってました。

OP
http://www.youtube.com/watch?v=NK9FFP7GA98

ED
http://www.youtube.com/watch?v=83YOYgjTsUE

いやそれにしても、皆さん若い!
T-yoko |  2012.03.25(日) 15:10 | URL |  【編集】

こんにちは、T-yokoさん

以前書いておいた「まんがはじめて物語 (78-84) シリーズ(-91)」の
記事の内容に、先ほど第3作目「まんがなるほど物語」以降の記述を書き加えたので、
タイミングの良さにビックリしました。
最終作・第5作目「まんがはじめて面白塾」(89-91)に森川由加里さんが
主演されて主題歌も担当されてたんですよ。

アップ主みずから「バブル期に放送されたドラマ」と仰ってますね。
こんなクォリティの女子大生揃いなら是非とも一緒にスキーに行ってみたいです。
私は「志望校受かれば…」と思ってましたが、未だにスキーを経験してませんw

「湾岸戦争」が始まって終わる間に日本の浮かれた雰囲気が吹き飛んだ…
今思えばそんな時期でした。
でわ
珍来 |  2012.03.25(日) 16:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |