2010.09.11 (Sat)

ギャラクシーロボ(田山真美子さんゲスト出演) その2

「ハイテク曼荼羅」の意味が遂に判明! それは「科学と正義の心で平和を願う事」11-22-5.jpg

これに象徴されるのが「お父さんの心」、 

「ギャラクシーロボの心」だったんです。


真の力を発揮出来ないギャラクシーロボは自らの意志で「ランドギャラクシー」に変形。
11-22-2.jpg

長官、グレートファイブの救出に急行します!

「風雲たけし城」のように燃えるけど笑えてしまう、第22話「風雲オーラの嵐!」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へにほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ

More・・・

タイトルは谷隼人「隊長」が出演された「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」(86-9)からです。
「マスクマン」放送当時、谷隊長は連戦連敗で「チューブに勝てるのかw」と揶揄されました。
放送局が同じならマスクマンの俳優さんが「隊長」のために参加出来たかも知れませんね。
皆さん運動神経抜群だから「たけし城」を攻め落とせたかも知れません。

キメンドグラーの頭部「寄生獣キメン」がグレートファイブに取りつき敵になってしまいます。
11-22-3.jpg

グレートファイブはあいつに操られているんだ

挟み撃ちされ大苦戦! 制御を失ったギャラクシーロボから放り出されるマスクマン。
11-22-4.jpg
コクピットから放り出されるのはバイオマン~フラッシュマンでもあった戦隊のお約束ですが、
ダメージを受けて変身が解ける(生身に戻る)ことが「お約束」化するのはマスクマンからで
ストーリ展開を早める効果があります。

秘められたオーラパワーを引き出すためにギャラクシーロボの「修行」が始まります。
11-22-6.jpg

行くぞ、メディテーション(瞑想)! 坐禅するロボw

落雷したり暴風雨が吹き荒れたり、「天」がギャラクシーロボに試練を与えて盛り上げます。

敵の容赦無い攻撃を受けて、美少女が泣き叫ぶ。 これでもかとばかりに更に盛り上げます。
11-22-7.jpg

もうやめて! 殺されちゃうわ、もうやめて!!

マスクマンのオーラパワーの高まりに呼応して「空中浮遊」するギャラクシーロボ。
11-23-8.jpg
「盛り上がり度MAX!」ですが管理人は「もうどうにでもしてくれよw」と笑ってしまいました。

真の力を発揮したギャラクシーロボは見事グレートファイブを奪還し、キメンドグラーを粉砕!
11-23-9.jpg

鉄拳オーラギャラクシー! 合掌するロボ、面白過ぎるw

腕から出て来るのに、その掌のデカさはツッコまずには居られません。

グレートファイブと握手するギャラクシーロボ、熱いシーンです。 この達成感は快感です。
11-22-1.jpg

グレートファイブ、お前に友達が出来たぞ!

姿長官の親友・山形博士が作ったギャラクシーロボは、
お前にとってもかけがえのない友達なのさ。


ツッコミ所が満載でしたが、少年時代の管理人なら瞬き一つせず夢中で見たと思います。

「盛り上げる時はやり過ぎなくらい盛り上げる」戦隊のあるべき姿を見ました。

懐かしの「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」

谷隊長は「女性には優しい」そうです。

田山真美子さんはアイドルデビューした89年年末に中山忍さんと河田純子さんと
期間限定の女性アイドルグループ「楽天使(らくてんし)」を結成しました。

当時全員16歳、中山さんがセンターか… まぁ3人とも声量が厳しいから。。。
完全に「アイドル冬の時代」で「何をやってもダメ」感がありました。

個人的にアイドル時代の印象は残ってませんが、中山忍さんは女優として大成されました。
11-23-10.jpg
ローアングルの画像拾いました。
次回は田山真美子さんが出演されて、高く評価された特撮作品。
でわ

PS.
今度の土日は出かけるので、レスが遅れます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒロイン - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  11.光

Comment

田山真美子さん、なぜかCD持ってますね。瞳のリグレットだったかな、聞き慣れない単語なので記憶に残りました。子供向けの特撮に出ていたとは聞きましたが、戦隊モノでも活躍されたんですね。
ricky |  2010.09.11(土) 10:03 | URL |  【編集】

こんばんわ、rickyさん

3thシングル「春風のリグレット」(90)です。
動画があったので聞いてみましたが全然上達してませんでしたw
12歳の時に「もりもりぼっくん」(86)でデビューされてます。
OPの動画だけあって1カットだけアップになってました。
でわ
珍来 |  2010.09.12(日) 19:51 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.09.21(火) 14:02 |  |  【編集】

購入すれば良かったですね。

超新星フラッシュマンの最終回が迫った1987年02月、当時、小学3年生だった私にとって講談社の月刊雑誌のテレビマガジンが特撮、アニメの情報源でした、光戦隊マスクマンの情報が解禁となりマスクマンの紹介で戦隊初の5機合体のグレートファイブはカッコいいと思いました、グレートファイブの玩具が6,500円と小学生だった自分には高額で自分のこずかいで購入出来る額では無かったですね、戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーの玩具やファミコンソフトに親にお金を使わせていたのでグレートファイブを買ってくれとは言えませんでした、番組序盤は戦隊初の5機合体を活かした特撮でしたが徐々に普通に5機のメカが母艦から発進、巨大ロボに合体、巨大戦といつも通りのパターンになりましたね、ギャラクシーロボが登場してからグレートファイブは影が薄くなりほとんど登場しなくなったのを覚えています、DVDを購入して再確認をした時も子供の頃の記憶が正しかったなと思いました、あの頃は面白ければいいやと割り切っていましたのでグレートファイブが登場しなくなっても気にしなかったですね、フラッシュマンの最終回の直後に祖父が亡くなりましたので誕生日の祝いやクリスマスプレゼント、お年玉などやらなかったのとファミコンソフトを親に何度か買わせていたのでグレートファイブを買わせる訳にはいかないと思い我慢していました、大人になって中年男性になった現在、マスクマンのDVDを全て購入出来ましたので、玩具も大切だけれども番組本編のクオリティが大切と思いましたので、実際、マスクマンは一定の番組のクオリティは保っていましたので、グレートファイブの玩具は現在、プレミアが付いていますね。
あさばよしゆき |  2015.09.11(金) 22:53 | URL |  【編集】

5体合体で6,500円ですか…

コンVの超合金は76年に1,4800円だったにも
関わらず大ヒットしたそうです。
やはり高価な為 "バラ売り" もされたとか。

私は82年当時、小学低学年で「ルービックキューブ・リベンジ」
(4x4x4、3,400円)を買ってと言えなかった思い出がありますね。
確か「ゴッドマーズ」の超合金が1万円ほどでした。

…以上の事を考えると87年に5体合体で6,500円は
"メーカーがかなり頑張った" と言えるでしょう。
それでも諦めざるを得なかった、方が多いんですね。
現在プレミアがついている事がそれを証明しています。

私の場合、大学生の頃に母方の祖父が亡くなり、
祖父母が居なくなりました。 現在ネット上で
"親が死んだらすぐすべき事" なんて記事があると
思わず読んで、内容を検討したりします。
…まだ平均寿命前で、かなり元気なんですけど
そういう事が気になる年齢になりました。
でわ
珍来 |  2015.09.12(土) 10:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |