2011.01.23 (Sun)

沢口靖子さん画像あれこれ

「DELUXEマガジン№8」(84.7/23)は「第1回 東宝シンデレラGP」の沢口靖子さんの特集。
110123-1_convert_20110123095936.jpg
デビュー作・映画「刑事物語3 潮騒の詩」(主演・武田鉄矢さん)でどうしても大阪弁が抜けず
一言の台詞で11回もNGを出してしまった等の撮影時のエピソードが載せられています。
私の感覚では80年代以降にデビューした女優では(70年以前は知識があまりありません)
「美人女優№1」 ですが、最も重圧を背負い苦難の道を歩んだ方かも知れません。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

86年頃のトーク番組で沢口さんが朝ドラ「澪つくし」のヒロインに選ばれるまでを
明かされたことがありました。 私の記憶してる内容では
初TVドラマ出演は「太陽にほえろ!」「第623話 マイコン刑事登場!」(84.11/9)で
婦人警官役(VTRが流れて制服姿でした)。 台詞の(アクセント)NGを何度も連発してしまい
「こんな出来ない子は初めてだ!」と怒鳴られたそうです。
85年早々に「大阪に帰る?」と「ダメ出し」されかけたそうですが、朝ドラのオーディションを
「藁にもすがる思い」で「端役でもいい」と受けた所、ヒロインに大抜擢されたそうです。

「今夜は最高!」(司会:タモリさん)にジェームス三木さん(「澪つくし」の脚本家)とゲスト出演
された時の「澪つくし初回」のコント。 原作通り沢口さんの指をしゃぶろうとするタモリさん
110123-2.jpg

こんなチャンスは滅多にねぇんだ! 拒絶する沢口さんw

 http://www.youtube.com/watch?v=0jG6Z7tH0TQ リクエストによる埋め込み無効
私は同作を夏休み期間しか視聴しなかったのでオチの「豚の絵」が何か分かりません。
大旋風を巻き起こした「澪つくし」ですが、撮影ではNGを連発! 某ベテラン俳優が監督に
「(撮影が進まないから)今からでも別な子を探した方がいい」と直訴したことがあったそうです。
また某ベテラン女優に大変可愛がってもらって「大阪弁」を克服出来たそうです。

映画評論誌などでは「演技力の低さ」を酷評されることが多かったです。
・「ゴジラ」(84、映画出演2作目)では「サイボット(当時の撮影用ゴジラ)より表情がない」
・「姉妹坂」(86、初主演?映画)では「首が座らない女優」などなど

しかし類稀な美貌なので「お姫様」をやらせれば「日本一」でした。
「竹取物語2」(87年頃のとんねるず とのコント)、またもセクハラされまくりました。
110123-3.jpg

わぁい♪ 沢口靖子と手をつないだぞ~!

男性芸能人は「美女」を見慣れてるのに「明るい顔立ち」の沢口さんに色めき立ちました。
美女でも「怖い」「悲しげ」な顔立ちの方には男性はセクハラし難いと思います。
怒ったり泣かれたりされると(「自分が悪い」と分かっていても)男性はショックを受けます。

寝てる沢口さんにキスしようとするタカさんの脇の下にノリさんの「トゥキック」が炸裂しますw


人間の「下心」忘れません。 映画本編では「真心」です。

しかし、映画「竹取物語」(87)後は映画主演がしばらく途絶えてしまいます。
同期の斉藤由貴さんが歌と主演映画のヒットを連発して、非常に高い評価を受けてました。
80年代当時は「ヒット曲があること」が若手女優にとって重要だったのです。

「Follow me」(88、作曲:小室哲哉さん)で沢口さんは3年ぶりに歌に再挑戦しました。

(リアルタイムで家族と観ましたが、我が家の茶の間は凍りつきましたw)
歌はムリ…(「歌手デビュー≒売り出してもらえる」の時代で出来ない人から見れば羨ましい)
非常にインパクト抜群で安田成美さんと共に「ジャンプ放送局」でよくネタにされました。

またCMなどでコミカルな役も演じ「お姫様」的な役以外にも挑戦されたようです。
110123-5.jpg

靖子のレンジは「使い YA SU KO」


(私も動画サイトで観て驚いた「タンスにゴンゴン!」シリーズ(02年頃?)の原点ですね)
これも「ジャンプ放送局」でネタにされました。ギャグ漫画「ついでにとんちんかん」(85-9)の
作者・えんどコイチ先生は彼女の似顔絵を載せて「これには負ける!」と絶賛されてましたw

役の幅を広げようとされてたようですが、私は「沢口さんはずっと変わらない」と思ってました。
「お江戸捕物日記 照姫七変化」(90)のヒロイン「照姫」が強烈でしたから。
大好評で「新春時代劇スペシャル・艶姿! 初春 照姫七変化」(91.1/9)が放送されました。

何を着ても沢口さんそのモノで、アクションも全然やりませんでした。 でも面白い!
この時、既に製作側が「沢口さんの使い方」を完全に熟知してるように感じました。
「お姫様が似合うから余計なことはやらせない。 むしろ要求する方が間違っている!」
視聴者も「ツッコミ所として楽しむ」「素直に美しさを堪能する」などそれを許しました。

だから「科捜研の女シリーズ」(99~)を観た時、私は沢口さんの変貌ぶりに驚きました。
周りを「芸達者」で固めてますが「お姫様」ではなく完全に「司令塔」になってました。

NHK大河ドラマ「秀吉」(96、主演:竹中直人さん)の「おね」役が転機だったようです。

「演技開眼」されたらしいのですが、デビュー「12年」はかかり過ぎのような気もします。
でも周囲に何を言われても努力を続けられたので、内面も屈強な方だと思います。

カネボウ BIOメイクシリーズ(85)


「シンデレラは眠れない」 歌:THE ALFEE

第7回GPの上白石萌歌(10)さんには実の姉・萌音さん(12)を含めて6人も「同期」が居ます。
超強力なライバルが居て、数年後には沢口さんより眠れなくなってるかも知れません。
次回はお話紹介。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 女優 - ジャンル : アイドル・芸能

23:00  |  80年代アイドル

Comment

お久しぶりです

沢口さんは本当に失礼だけど大根女優でしたね。
でも12年も努力されたなんて根性があります。
心が強い、強過ぎてスキが無いのでいまだに結婚されないのかななんて思ってしまいます。
ひろ |  2011.02.13(日) 06:32 | URL |  【編集】

お久しぶりです、ひろさん

最初は12年目に開眼されたことを称賛するつもりでしたが、
フツウ、絶対12年は待ってもらえず涙を飲むだろうなと思ってしまいました。
沢口さんは類稀な美貌を持って産まれて来られたので
常人では経験することがない苦労をたくさんされてるのかも知れません。
だから否応なく精神力が強くなったりして。

色んな女優さんを採り上げてますが「結婚しないこと」については
特に触れない方針でやって行こうと思います。
でわ
珍来 |  2011.02.14(月) 00:54 | URL |  【編集】

沢口さん

失礼ですがコマーシャルの一番似合わないと思います。サスペンステレビに出演されていますが観る気になれません。それは引き付ける魅力・華・演技が無いからです。それと運動神経もゼロみたい。共演者が気を使い過ぎで楽しくないと思いますよ。
佐藤 |  2011.07.06(水) 23:00 | URL |  【編集】

初めまして、佐藤さん

コメントありがとうございます。
沢口さんは確かにデビューから何年かはここでは書き難いことも言われてました。
でも「照姫」では慣れて演技も気にならなかったですね(DVD化希望)。
個人的にTV復帰後に最も変化を感じた女優です(「科捜研」しか観てませんが…)。
「使い靖子」のCMは大好きですw 使い易いのでわ。。。
でわ
珍来 |  2011.07.07(木) 00:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |