2011.04.03 (Sun)

女だらけのザ・ベストテン (87.4/23)

私が選ぶ「ザ・ベストテン」で随一の「神回」は女だらけだった「87.4/23」の放送回です。
110403-1.jpg
大ファンだった斉藤由貴さんと南野陽子さんが一度だけ一緒に「ミラーゲート」から登場!

12年の歴史で3回しかない「10組がフル出場した回」でしたが、プラス…
(番組4年目の82.7/22が初で約5年ぶりの2度目、約半年後の87.10/8が最後の3度目でした)
110403-2.jpg

あら、想像もしてない御衣裳で! 「ピンク」は女の子の憧れ

「スポットライト」で80年代を代表するアイドル・松田聖子さんが約2年ぶりに出演されました。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

ファンの方々には申し訳ありませんが、私は松田聖子さんとその影響を強く受けた82年組の
アイドル達に全く興味が持てませんでした。 姉達が熱心に歌番組を観ても丸で上の空でした。
派手なステージ衣装、似通った髪型、快活さを装った受答え(いわゆる「ブリッ子」)
などが理屈抜きで好きにはなれませんでした(女性に関心が無かったせいもありますが…)

それに84年に図書館で読んだ日本神話の本の一節に「芸能の本質は○○」
と書かれていたのが強く印象に残り、漠然と「自分は一生、芸能界に関心を持たない」
思ってましたが、85年に斉藤由貴さんのファンになり困惑することになりました…

当時の男性司会者・松下賢次アナはTBSの労働組合のストライキのため番組を欠席。
110403-3.jpg
ヒラ社員ゆえ止む無し。 結果スタジオ入りが全員女性になった唯一の回でした。
歌手の「欠席」「出演拒否」など、私にとって「大人の事情」が学べる番組でした。

「マリーナの夏」で初登場9位の渡辺満里奈さんはベストテン初出演!
デビュー曲「深呼吸して」、2曲目「ホワイトラビットからのメッセージ」もランクインしましたが
「おニャン子」(卒業生含む)は86.7/31~87.4/2の期間「大人の事情」で出演しませんでした。

「毛が三本」はフジに対する当て付けでしょう。 渡辺さん唯一の出演回なのに…
110403-4.jpg

うまく歌えましたか? もう、緊張しちゃって… 

「憧れのミラーゲート」だったと思いますが、その後は一度もランクイン出来ませんでした。
フジが下らないことをしなければ、彼女はもっと出演することが出来たでしょう!
私はこの時、渡辺さんを初めて見て「おニャン子にこんな良い人が居たんだ!」と驚きました。
(85~6年は斉藤さんと南野さんばかり注目して、他を見る余裕がありませんでした)

第5位「アイドルを探せ」の菊池桃子さんは2週間前に女子大生になったばかりの初々しさ。
110403-5a.jpg
「いつもニコニコして何考えてるか分からない人」と思ってましたが、好きでしたよ!
http://www.tudou.com/programs/view/IFMRZnpzjZs/
(中国動画サイト「土豆岡(tudou)」で中国語が読めず、埋め込みの仕方が分かりませんw)
88~89年にロックバンド「ラ・ムー」で活動されましたが「何故こんなに!?」と思うくらい
叩かれてました。 その後は歌手活動を控えて、女優→タレントとして活動されてます。


そして「スポットライト」というより「スペシャルゲスト」松田聖子さま御登場!
110403-11.jpg
 http://www.youtube.com/watch?v=xUWzAxOYZcQ (リクエストによる埋め込み無効)
実は私が松田さんの歌をちゃんと聴いたのは「第37回 白歌合戦」(86)以来2度目でした。
歌唱力がズバ抜けてます! 80年代前半は歌謡曲全盛で「歌手主体」が多かったのに対して
80年代後半からは「女優」「タレント」傾向が強い方が増えたせいもあります。

松田さんのトークの後に菊池さんと渡辺さんにインタビューする黒柳さん。
110403-6.jpg
84年デビューの菊池さんは以前に一度だけ松田さんにお会いしたことがあったそうです。
110403-7.jpg
渡辺さんは初対面で非常に興奮気味。 彼女達にとっても松田さんは「憧れの存在」でした。


遂に私のお目当て第3位「砂の城」の斉藤さんと第2位「話しかけたかった」の南野さん登場!
110403-8.jpg
黒柳さん原作の映画「トットチャンネル」がクランクアップしたので、斉藤さんは深くお辞儀。
長いスカートで「ガードが堅い」のですが、礼儀正しいと評判で時々こういうことがありました。

先日の25周年コンサート・パンフレッドの内容を要約すれば
「東宝芸能にはアイドルを売り込むノウハウが無く、アイドルらしさを求められなかった」
ことに加え、斉藤さんの意見も反映されたそうで「文学少女」的で周囲から浮いてました。

93年「モルモン教破門!」とマスコミに叩かれた時は「そこまで酷いことをやらせるのか…」と
私は芸能に関心を持ったことを「後悔」しましたが、94年末に彼女は幸せに結婚しました。
その後、東宝は00年の長澤まさみさんのデビューまで「連続して映画に主演・準主演出来る」
優秀な専属女優を得ることは出来ませんでした。

本当に不幸になってしまったのは「87~88年で最も働いたアイドル」南野さんの方でした。

89年に事務所移籍騒動で叩かれましたが、昨年の南野さんのインタビューによると
「事務所が勝手に名前を使って不動産投資などを行い、億単位の借金を被らされた」
(裁判を起こさなかった理由について「印鑑や通帳を預けていたから」という憶測がありますが、
その時の事務所経営者は南野さんの発言に対して、今現在何ら反論をしてません)

20年がかりで借金を返済したそうで、今年御結婚されました。 お幸せになられたと思います。

ラストは松田さんの「ハイ、ポーズ!」で記念撮影。 黒柳さんwを含めて「女性6人」でした。
110403-9.jpg
写真はジグソーパズルとして視聴者プレゼントされました。 私も一回だけ当てましたよ!
(黒柳さんと松田さんを除けば、衣装がワリとフツウで「女子大生4人」という感じがします)
斉藤さんは少なくても「第37回 白歌合戦」(86)で松田さんとお会いしてます。
ラストで泣き出した斉藤さんを慰めたのは松田さんと島倉千代子さんで貫禄を感じました。
南野さんは… おそらく初対面、緊張気味に松田さんの隣に座ってますね。

「ベストテン神回」を全部通して観たい方は下の動画をどうぞ、46分もありますが宜しければ。

第4位「迷惑でしょうが…」の「とんねるず」もベストテンで大きくなったんですけどね…
第1位「I Love you, SAYONARA」はチェッカーズの歌の最中にニュース速報が入りますが、
説明すると長くなりますw 他にも色々説明が必要なことがありますがキリが無いので割愛!


今回記事が長過ぎですが、追加。
TBSの連続ドラマ撮影中の2人もスタジオに来れば「女性8人」でもっと華やかでした。
第7位「派手!」の中山美穂さんと第6位「疑問」の立花理佐さんの「毎度お騒がせ」コンビ。
110403-10.jpg
中山さんは大人気ドラマ「ママはアイドル」でツッパリ・不良のイメージを払拭しました。

(中山さんだけ87.4/23の動画が見つからないので「ママはアイドル」のOPを代わりにします)
私は視聴してませんでしたが、後藤久美子さんとの共演が話題になりました。
個人的に大原和彦さん(「大戦隊ゴーグルファイブ」(82-3)のコンボイの一人・島田春男 役)
が出演されていたのでビックリ! この記事を書いてる間に初めて知って驚きました。

実は後藤さんが「毎度おさわがせしますIII」(87)の主演を土壇場で降板したために
立花さんは中山さん(Ⅰでデビュー、Ⅱで主演)の後を継いでブレイク出来ました。
87年年末の「第29回日本レコード大賞」「最優秀新人賞」を獲得しましたが…
翌88年に所属事務所とレコード会社とのトラブルに巻き込まれ、その後一年活動停止。

せーっかく千載一遇のチャンスを掴んで売れたのに、つまらないことで潰されてしまいました。
ごく一握りの人しか成功出来ない世界、億単位の金が乱れ飛ぶ世界なので
一般人から見れば芸能界は「疑問」なことだらけですが、80年代末に「ベストテン」終了、
「紅白」「歌謡賞」の権威が失われ「共通の目標」が無くなり、90年代はより混沌としました。

冒頭の日本神話の本の一節「芸能の本質は○○」の「○○」についてはいずれ。

次回は歴代戦隊ヒロイン女優の個人的な「総合力ランキング」を発表する予定です。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆女性アイドル☆ - ジャンル : アイドル・芸能

23:00  |  80年代アイドル

Comment

どうも

この回は見てました。珍来さんのおっしゃるとおり神回です。
よく覚えて というか調べられてるし 文章に説得力があって納得です。
重箱の隅で申しわけないんですが一つだけ
松田聖子を「松田さん」というのは違和感あります。「聖子」か「聖子ちゃん」じゃないと(笑)
それから芸能の本質って 「ウソ」でしょうか?
周りの人達を助けるためにつくウソもあると思います。
ユキスト |  2011.04.16(土) 08:29 | URL |  【編集】

こんばんわ、ユキストさん

自然に「松田さん」と書いてしまいました。
私には渡辺さんでも呼び捨てや「ちゃん」付けは出来ませんw
実は松田さんは好きではなかったんですよ。 85年初頭の記者会見も
「何も喋らないで泣いてればいいのに。そうすればマスコミが悪者になる」
と白けて見てました。そんな「掟破り」したら干されてしまうのですが…
86年紅白で「良き先輩」の一面が見えました。

「ウソ」でも合ってますがカタカナ5文字でもっともっとキツイ言葉です。
当時の状況ではあんなウソは焼け石に水だったと思います。
ラジオ「ネコの手も借りたい」で斉藤さんが露骨に元気がなくなって
仕事の話を全然しなくなったことをよく覚えてます。

南野さんの借金返済の記事を読んでから
「エスワン・カンパニーの社長、どうなった?」と調べてみました。
倒産後、バブル崩壊でスッテンテン… だと思ったら
現在は何だか偉そうな役職に就いてます。音楽業界ってよく分からないです。
でわ
珍来 |  2011.04.17(日) 21:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |