2011.05.18 (Wed)

好きな戦隊OP・ベスト10 (その2)

好きな戦隊OP第6位は「魔法戦隊マジレンジャー」! メインキャストの「若さ」が眩しいです。
110518-1.jpg
(この中で放送当時20歳を越えていたのは別府あゆみさんだけで、他は全員10代)
私は本作で10年ぶり2度目の「戦隊復帰」をしましたが、CG、合成、着ぐるみの造形など


「魔法」、そしてそれは「勇気の証」!

全てに於いて週一のTV番組とは思えないほどのクォリティの高さで、正に驚きの連続でした。
幾多の危機を乗り越えた「スーパー戦隊シリーズ」の「底力」について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「スーパー戦隊シリーズ」が世界でも類を観ない「長期TVシリーズ」になったのは
時代の変化を新しい挑戦で乗り越え、多くのノウハウを蓄積して来たからだと思います。
ちょっとこじつけ気味ですが、スーパー戦隊シリーズの「底力」についても書きます。
(その1で述べた通り、第6~10位も私の頭に浮かんだ順位そのままです)

第7位は「鳥人戦隊ジェットマン」! 私は本作で8年ぶりの「戦隊復帰」をしましたが、
「OP」を観て撮影技術の進歩に驚きました。 当時の持てるモノ全てを注ぎ込んだようです。
110518-2.jpg
「科学忍者隊ガッチャマン」(72-4)への「原点復帰」を思わせるメンバーの明確な差別化。

「安定成長期」(73~91)が「バブル崩壊」で終焉し「失われた10年」に移行した時期でした。

賛否両論分かれますが、最も大変な時期を乗り越えた本作の貢献度は高いでしょう。

その後「リストラ」「就職氷河期」の時代になると「トレンディドラマ」と「アイドルドラマ」も
勢いを無くし、世相を反映したような過激で殺伐としたTVドラマが多くなりました。
私はそれらに全く関心が持てず、「スポーツ中継」に興味が移りました。 他に観てたのは…

第8位「五星戦隊ダイレンジャー」! ジュウレンもカクレンも好きですが、やはりこれ。
第15話以降はその回のシーンが挿入されるので、第47話「すっげェ〜真実」をチョイス。
110518-3.jpg

天に輝く五つ星! 戦隊史上初5人の素面名乗り! 最早「伝説」ですね。

110518-4.jpg

五星戦隊ダイレンジャー!!!!!  何度見ても惚れ惚れします。

夕陽をバックにした龍星王が美しく勇壮で特撮技術も素晴らしいです。


バカめ!!! 転身も出来ず揃い踏みか、笑わせるな

(Wikiに「OP映像にCG合成が使用されるようになった」とありますが、どこか分かりません)

95年1/17に「阪神・淡路大震災」、同3/20に「地下鉄サリン事件」が発生すると
一転して過激な内容の作品はバッシングの対象になり「自粛」せざるを得なくなったようです。
その後は「年功序列」が崩れ、「非正規雇用」が増加し、「閉塞感」に包まれた…
「何を目指したら良いか分からない」時代になりました。
戦隊も例外ではなかったのですが、放送枠が変わったメガレンと共に気を吐いたのは…

第9位「星獣戦隊ギンガマン」! 個人的に「本放送で視聴してない戦隊OP」№1。

ガンガン ギギーン ギンガマン のシャウトが熱い!
 
110518-5.jpg
俗称「ギンガマン走り」! 特にピンクの走り方がスゴイ。「デンジ走り」とためを張れますね。

「太陽ジャンプ」とか、有無を言わせない説得力があるのは個人的に「ツボ」です。

あくまで「素性不明の歌手」のようですが、あの方が歌って下さいました。英語版も

ギンガレッド・リョウマ役の前原一輝さんは03年に引退されましたが「警部補 矢部謙三」(10)で


わしはみんなの思い出ん中で生きれれば

それでええんじゃよ!
 期間限定の俳優復帰をされました。


こうして戦隊が90年代を乗り切れたのは、DVD発売中のこの作品の功績かも知れません。
スーパー戦隊シリーズ 光戦隊マスクマン VOL.1【DVD】スーパー戦隊シリーズ 光戦隊マスクマン VOL.1【DVD】
(2011/02/21)
海津亮介、草刈滉一 他

商品詳細を見る
「敵味方の恋愛」と「気功(オーラ)」のファンタジー要素、そして「拳法」と革新的でした。
消化し切れなかった点もありますが、スーパー戦隊シリーズの幅を大きく拡げました。

第10位「光戦隊マスクマン」! これも本放送で視聴してませんが、10位では勿体無い…

「この曲が好きだ!」という方は多いと思いますが、一つだけ残念な点があります。

「空中浮遊」シーンを「オウム真理教」に結び付けるのが大好きな方々が居るんですよね…
110518-6.jpg
ネット上でそういう書き込みをしても、誰も呆れるだけで何の新鮮味も感じないでしょう。
当人は面白くてしょうがない「ツボ」なのかな… まぁ人それぞれ「楽しみ方」があるけど、 
全然分からないし、分かりたくもないですね。
(ごめんなさい。 触れたくないけど触れなきゃいけないかなと思いました)

2000年代に入って「良くなるかも…」と思えば「リーマン・ショック」(08)でパー!
今年こそ「デフレ脱却」と思えば、95年を遥かに凌駕する巨大な社会不安が拡がってます。
日本の「底力」を信じて、一人一人頑張りましょう!
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:00  |  個人的ランキング

Comment

 今回の中ではジェットマンが自分はベストです。ファイブマンは全く視聴しなかったのですがジェットマンの内容にはぶっ飛びました。オープニングの爽やかさと歌詞の内容とは結びつかない濃さが魅力でしたね。
 ところで最近奇妙な書き込みがあって嫌ですね。純粋に戦隊好きがコメント出来る場であって欲しいです。
toshi |  2011.05.19(木) 17:41 | URL |  【編集】

コメント

toshi さんの上に書いている人

あなた自身のことですよねw
美桃 |  2011.05.19(木) 20:16 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん、美桃さん

「荒らし」が湧いても簡単に削除出来るので構わないで下さいね。
ホスト名を見ると「中学校」からの書き込みの可能性があります。勉強しろよw

ジェットマンとマジレンジャーのOPには度肝を抜かれた記憶があります。
OPを観た時点で「戦隊復帰」してしまったかも知れません。
今回の5作は特に「作り込みがスゴイ!」と感じました。

マスクマンのOPについては
「どうしても○○○を思い浮かべてしまう」なんて
しょうもないことを書いてくる方が居るかも知れないので
顰蹙を買うかも知れないですが、先に書いときました。
でわ
珍来 |  2011.05.19(木) 20:54 | URL |  【編集】

こんにちは管理人さん

マジレンジャーのOPはマジで秀逸だと思います。
サビで敵幹部~マジキングが出てくる映像は毎回鳥肌立ちまくりでした!

ギンガマンは小学生の頃リアルタイムで見てたので非常に懐かしいですw

個人的に戦隊のOPのベストはメガレンジャーです。
世代的な面もありますが「100万倍の~♪」の辺りの目まぐるしく入るカットインがやはり鳥肌ものでした!

傘小僧 |  2011.05.19(木) 23:06 | URL |  【編集】

無題

そういえばマスクマンのレギュラー戦士って皆さん芸能界から引退されてるんですよね?(タケル役の海津さんは海外在住、ケンタ役の草刈さんは故郷の北海道で公務員、アキラ役の広田さんは武道方面で活動中、ハルカ役の永田さんとモモコ役の前田さんは…おそらく専業主婦…ですかね?)
マスクマンの登場人物で、ゴーカイジャーに出てくる可能性が高そうなのは、谷隼人さんが演じていた姿三十郎長官かな?…と、思った俺です。

あ、X1マスクのレンジャーキー出ないかな…。(何の話だ。)
でたらめ |  2011.05.19(木) 23:37 | URL |  【編集】

お久しぶりです、傘小僧さん

マジは甥と姪がハマっていたので
私は彼らと朝食を取った時に「戦隊復帰」しました。
アイドルみたいな女の子がいっぱい出てたので
「何じゃこりゃ!?」と驚きながら「芸能への関心」を徐々に取り戻しました。

ギンガマンはジェットマン以来7年ぶりの「マン」で
メガと共に「危機」を乗り越えたと思います。
個人的にメガのOPは「サイバースライダー」が印象的です。
その頃、小学生でしたら91年から95年のことはピンと来ないかも知れませんね。
「95年」は… 一言で言えば「最悪」ですね。
でわ
珍来 |  2011.05.20(金) 00:02 | URL |  【編集】

こんばんわ、でたらめさん

ですよね? と聞かれても…
「海外在住」とか「公務員」とか初めて聞きました。
マスクマンDVD発売関係で何らかの記事やイベントがないか調べてみようと思います。
でわ
珍来 |  2011.05.20(金) 00:15 | URL |  【編集】

ああっ、すみません。

失礼な書き込みで本当に申し訳ないです。

もし、谷隼人さん演ずる姿長官が出演して下さるなら、ゴーカイジャーの面々を一喝する描写が見てみたいと思う俺です。
そういえば歴代の司令官級の人物で一番の古株は、ダイナマンの夢野博士(演・島田順司さん←はぐれ刑事の川辺課長を演じていた方。)になりましたね…。


俺の戯言12でした。
でたらめ |  2011.05.20(金) 07:39 | URL |  【編集】

う~ん

「俳優の消息」と「ゴーカイ出演」は気になることですが、
記事の趣旨は「戦隊OP」なので、それに関連つけて頂ければ嬉しいです。
でわ
珍来 |  2011.05.20(金) 21:10 | URL |  【編集】

21世紀戦隊では…

数字だけ見れば、ゲキレンジャーの07年が一番危機的だったそうですが、
その割には東映やバンダイの関係者が慌てた印象はなかったですね。
昔の作品では打ち切りは日常茶飯事でしたが最近はウルトラマンネクサスぐらいしか知りません。
私も本放送時は「ゲキレンジャー12月いっぱいで打ち切り」とか「宇崎ラン戦死で二代目ゲキイエロー登場」とか変なデマに惑わされていました。
少年あべし |  2011.05.21(土) 01:25 | URL |  【編集】

うぅ~ん

私は好きな戦隊OPを通じて
戦隊シリーズが如何に新しい挑戦をして、90年代の経済危機と社会不安を乗り越え
多くのノウハウを蓄積して来たか ということを書いたつもりなのですが、
貴方には「戦隊の危機」=「ゲキレンジャー」がツボなのですね。

コメントして頂けることは有難いのですが、レスをし易いように
表現を選んで頂ければ幸いです。
でわ
珍来 |  2011.05.21(土) 20:55 | URL |  【編集】

ごぶさたしてます

先日出た「主題歌全集」のDVD、思わず買っちゃいました。

それはさておき、ここまで挙がってない中では、ボウケンジャーやゲキレンジャーといったあたりも好きですね。実はどちらも本放送当時はまったくといっていいほど観ていなかったのですが(特に理由があるわけではありません)、とある場所でOP映像を見たときに「これは面白そうだな」と思いましたし、実際に全話観たときも、私自身は特にこれといった不満もなく普通に楽しめました。

ちなみに、「直撃」とおっしゃる上位5作は私にとっても「直撃」で、評価こそ同じではありませんが、それぞれ好きですよ。
竹光 |  2011.05.22(日) 18:42 | URL |  【編集】

こんばんわ、竹光さん

良い所と問題点が無い作品は無いと思います。
個人的にOPだけ比較すれば、マジの美麗なCG、
マスクマン&ダイレンジャーの拳法アクションには及ばないかなと思います。

ジェットマンとギンガマンは特に製作スタッフの気合が感じられますが、
「直撃」の5作品は動かせませんでした。
でわ
珍来 |  2011.05.22(日) 20:43 | URL |  【編集】

口ずさむことができるかどうかで決めました

マジレンジャーはOPも好きですケド、EDも好きですね。
その他バトルフィーバーJやデンジマン、ダイレンジャー、ゲキレンジャーなどの
サワリのところが歌えるところをみると(でも全部は歌えない)、
そのあたりが自分のお気に入りOPなのかもしれません。

やっぱり好きな曲は自然と口ずさむことができますね、と個人的に思います。
ゴーカイジャーもけっこうイイなぁ…。
Jupiter |  2011.05.23(月) 00:27 | URL |  【編集】

私は…

ベストテンに選んだ10曲は全部口ずさめます。
1番だけで少々歌詞を間違えるかも知れませんが。
タイムレンジャーは歌えませんねw
でわ
珍来 |  2011.05.23(月) 22:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |