2009.01.20 (Tue)

女王アハメス (ダークヒロインズ その6)

女王アハメス様は歴代悪のヒロインの中で妖艶さ№1でしょう。
090120-1a.jpg
「妖狐」をモチーフにしたデザイン。やっぱりお耳が良いなぁ。

演じたのは韓国通で知られる黒田福美さんですが、キャプ画に
ハングルの字幕があるのはPandoraTVの動画だからです。
090120-2a.jpg
第17話 「長崎の謎の幽霊船」を紹介します。
ロケ地は「長崎オランダ村」(ハウステンボスが出来る前)。今は昔、時代を感じるなぁ
にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

More・・・

ポーズがビシビシ決まって気位が高く、女王然とされています。
個人的に妖艶さ№1に選んだ決定的場面がこれ!
090120-3a.jpg
第32話でリゲルオーラ(超パワーをもたらす)を浴びて恍惚とされてるシーン!
危な過ぎる…逝ってしまわれたとしかw

その前のシーンで衣裳がチェンジしてます。
090120-4a.jpg
狐のお耳は無くなったけど全身テカテカの素晴らしいお姿!

オランダの民族衣装で初登場、だけど見るからに妖しい。
090120-5a.jpg
劇中変装してるのはここだけ。衣装は少しずつ変わります。

まず一人片づけたわね グリフォンを奇襲する。

090120-6a.jpg
初登場の女性幹部に男メンバーがたぶらかされるのは定跡。

「剣達4人は密かに東亜国内航空機で長崎に飛んだ」
090120-7a.jpg
シャトルベースを使わず、地元の名所の名前を連呼しながら仲間を助けに向かう。
タクシーじゃなくてバスも使う。こういう露骨なタイアップはメガの修学旅行が最後かな。

アマゾ星の女王、アハメス

090120-8a.jpg
字幕は邪魔だけど、バイオマン~マスクマンは欧米向けの
吹き替え版が貼られてることが多いので助かります。

前回に続いて失態が続いたグリフォンが遅れて登場。

今度はしっかりトドメを刺してやるからね!

090120-9a.jpg

黙れ、女狐! いきなりネタばらし。

時間が押したので合体したまま長崎まで飛んできたチェンジロボw
090120-10a.jpg
毎度ご苦労さま。ヘリチェンジャー2が見られないね。

興味があれば動画をご覧下さい。

Watch Dengeki Sentai Changeman Ep 17 in 娯æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
アハメス様は第53話 「炎のアハメス!」での悲劇的最期が有名…
だけど伊吹長官がいきなりで驚いてしまいましたw

次回は私が歴代悪のヒロインの中で最もお美しいと思う方を紹介します。でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

20:38  |  09.電撃  |  Comment(2)

Comment

アニメ的な実写の敵キャラヒロイン

電撃戦隊チェンジマンはチーフプロデューサーの鈴木武幸氏の目標が達成された作品でもあります、鈴木氏は70年代にはアクマイザー3、超人ビビューンと言った実写作品をプロデュースしていましたがアニメのプロデュースも手掛ける様になりそこで長浜忠夫監督と闘将ダイモスを手掛け実写にもダイモスで手掛けたテイストを導入したいと考え実写に戻り太陽戦隊サンバルカン、大戦隊ゴーグルファイブの時はアニメテイストを導入出来なかったみたいでしたが科学戦隊ダイナマンからゴーグルファイブの頃にダイモスでデビューしたアニメーターの出渕裕氏にキャラクターデザインのオファーを出したものの都合がつかず実現しなかった事が実現しメギド王子と言うアニメ的キャラクターを生み出せたと仰ってました、超電子バイオマンではダイナマンのダークナイトの流れを汲んだバイオハンターシルバを生み出しダイナマン以降アニメ的な大河ドラマ性を打ち出す様になりました、しかし、鈴木氏的にはダイナマンもバイオマンも成功とは言えなかったみたいです、電撃戦隊チェンジマンではアニメテイストをダイナマン以降導入したものの魅力的な敵キャラヒロインを作れなかったと仰ってまして女王アハメスと言う敵キャラヒロインを生み出す元となったそうです、アハメスが死ぬ第53話ではチェンジマンで一番高い視聴率を達成したとの事でチェンジマンでダイナマン以降導入したアニメテイストが開花したと、ここまではあるサイトでのインタビュー記事を元に書かせて頂きました、28年前の作品のキャラクターとは言えアハメスのキャラクター性とデザインは古臭さを感じさせない物になりましたね。
あさばよしゆき |  2013.10.12(土) 13:03 | URL |  【編集】

お久しぶりです、あさばよしゆき さん

この頃は(今も?)特撮とアニメのプロデュースをされた方が多かったんですね。
どちらかでウケた要素の流用は自然な発想だったと思います。
デンジマンのヘドラー将軍に若干「美形悪役」要素が見られた事が
その発端ではないかな、と思います。

ゴーグルVはリアルタイムで古さを感じましたね。
正直言って、ミキさんが見たくて観てましたw
ダイナマンはアニメ的要素、大河ロマンがあって斬新でした。
バイオマンは低年齢層を置き去りにした感があって、
チェンジマンで修正されたようですね。
アハメス様の高評価は黒田福美さんの演技力による所も大きいかな。

80年代前半は巨大ロボットアニメ全盛期でしたが、
「やや高い年齢層」にまだ入らなかった私には
毎週見続けられる作品が少なかったんです。
その辺の事は今後の記事で。
でわ
珍来 |  2013.10.13(日) 15:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |