2011.06.01 (Wed)

アイドル初体験 その2 (ゴーマ怪人・メディア魔術師の愛)

「麺鳳凰」のポスターを持ってきた男4人、しかし道士・嘉挧(演:中康治さん)が一枚上手!
17-33-a.jpg

これもやはり正真正銘のリンか? 姪の写真集w

さすが「スケバン刑事」の「神恭一郎」(気付いてました)、抜け目が無いぜw と笑いました。
17-33-b.jpg

どうやらリンはアイドルになってしまったようだ

戦隊ヒロインの写真集を出版、CM&歌手デビューした 第33話「アイドル初体験」の再紹介。
バブル崩壊直後に新人アイドルをブレイクさせた「メディア魔術師」「高村翔一郎の愛」編。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

私はこのお話に80年代のアイドル全盛期とバブル絶頂期を感じ、懐かしく思いました。
92年までに大半のアイドルが歌手活動を休止&縮小し、歌手デビューする新人も激減。
CMも広告費削減の影響をモロに受け、(新人)アイドルの起用が少なくなっていたのです。

リンちゃんがセーラー服姿でCMデビューしたと思われる「麺鳳凰」は、おそらく
斉藤由貴さんのデビューCM「明星食品:青春という名のラーメン」(84-6)のパロディ。

斉藤さんは「メディアミックス」手法が大成功して売れたアイドルの代表格でした。

彼女が「一枚の写真」で第3回(84)GPに輝いた名門「ミス・マガジン」は90年に休止。
翌年「DELUXEマガジンORE」も廃刊、93年までに多くのグラビア誌が廃刊になりました。
当時は芸能界、出版放送業界から「新人を育てる力(余裕)が無くなった」ようにも感じられ、
「アイドル(歌手)分野は消滅するのか?」と思える惨状でした。


ゴーマ怪人・メディア魔術師は人間態「高村翔一郎」でホウオウレンジャー・リンに近づく。
17-33-c.jpg

ゴメン いえ! 偶然を装い…「羽を怪我した小鳥」も彼が用意したのかも。

洒落たお店で、キザな台詞を決めながら、「片仮名の肩書」が書かれた名刺を差し出す。
17-33-d.jpg

その「笑顔」、僕に貸してもらえないかな?

恋愛経験が少ない(無い?)小娘・リンちゃんはイチコロ、簡単にスカウトされちゃいます。


高村は「メディア クリエイター」(説明し難い、というか私もよく分からないw)として敏腕!

RIN写真集「SMILE」 は本屋に行列が出来るほどの売れ行き。

(「五星戦隊ダイレンジャー 超全集」に「完全縮刷版」が付録で付いてると聞きますが、
以前古本屋で見かけた時「¥20,000円」だったのでスルーしました。 買えば良かった…)

17-33-e.jpg
あちこちの本屋が混んでいたのはこれのせいだったんだよ
大五のうろたえぶりが特に笑えるw 彼らは「うぉ~」と歓声を上げ貪るようにページをめくる。
4人とも序盤(第5話など)はリンちゃんに気があるような描写がありますが、誰も彼女を
モノに出来なかった。 決して悪くはないけど、高村のように「ムード」を作れないからでしょう。


高村の手腕も確かだけど、素材も超優良! チャイナドレスでポーズを決めるリンちゃん♪ 
17-33-f.jpg
高橋夏樹さんはアクションの経験も浅く、格闘技なんてやったこともないと思いますが、
ポーズがビシビシ美しく決まります。 非常に「勘が良い」方だと感じました。
更にアフレコも抜群に上手く、表情も実に豊かで表現力もありました。

高村に写真を撮られるたび、リンちゃんは気力(≒生命力)を吸い取られる。
17-33-g.jpg
しかし彼女は彼の写真に「愛」と「優しさ」を感じ 「笑顔」で居ました。

あらゆるメディアに彼女の気力を封じた写真が並び、やがて人類をゴーマの「しもべ」にする。
17-33-h.jpg
「麺鳳凰」と化粧品「サンクレース」の劇中CMを観てみたかったですね~。

バブリーな車(例によって管理人には車種が分かりませんw)でマンションまで送った際、
気力を失ったリンちゃんはうずくまってしまい、高村は我を忘れて大急ぎで助けに向かう。
17-33-i.jpg

お休みなさい この時、彼は既に彼女の「笑顔」に魅かれていたようです。

その後「馬鹿な女だ」とつぶやき、心に湧き上がった「感情」を否定しましたが…

彼女に右腕の傷を手当てされ「笑顔」を見た時、彼はその「感情」を否定し切れなくなりました。
17-33-j.jpg

どうしたんですか一体? しょうがないな…もう

TVで歌い終わればリンちゃんは気力を吸い尽され死ぬ。 間奏で彼女がうずくまった時、
彼は再び「助けに行きたい」という衝動に駆られ、脳裏には彼女の「笑顔」ばかりが浮かぶ。
17-33-k.jpg

俺は何をしているんだ!? 彼は「愛」に目覚め、彼女を助ける。

そして彼女に全てを打ち明け、自分の「本当の姿」を見せてまで彼女を守ろうとしました。

愛する心に目覚めた時、お前は既に「死」を選んだのだ! 
17-33-L.jpg

リンは渡さない、俺が相手だ! 高村さん…

全てが終わり「2ショットの写真」を海に流すリンちゃん。 彼との思い出は胸の中へ…
17-33-M.jpg
TVで一度だけ歌われた「風の戦士」は彼への鎮魂歌(レクイエム)になりました。

劇中でリンちゃんは「伝説のアイドル」として人々の心に残ったでしょうが…


「風の戦士」(歌:石田よう子(現:石田耀子)さん)
演じた高橋夏樹さんも「五星戦隊ダイレンジャー」を観た人々の心に残ったでしょう。

私は第1話から「良いな」と思ってましたが第13話「カッ カブキ小僧」での


どうして歌舞伎小僧を生け捕りにするの?
 
殺しちゃえばいいじゃない!
 この台詞で彼女に惚れました。

そんなリンちゃんがゴーマ怪人と一生忘れられない燃え上がるような恋をするとは…

93年当時はまだ「バブル崩壊」の重大さに気付かず、
「すぐに景気が回復するだろう」みたいな楽観論もありました。
次回は93年に起きた社会問題と私がハマったことに関する雑談です。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆女性アイドル☆ - ジャンル : アイドル・芸能

23:00  |  再紹介(再キャプ)

Comment

リンの写真集

 確かに超全集にリンの写真集の縮小版がついてましたね。この回だけのために色々な写真まで撮っていたのですからすごいです。(初めから超全集とのタイアップ?)
 それにしても高額なプレミアが付いてる所もあるのですね。てれびくんの超全集はマニアックな写真と内容で自分はジェットマンから買ってますが最近はDVDとの販売になったようで厳しいですね。管理人さんは資料としてどのくらいお持ちなのでしょうか?
toshi |  2011.06.02(木) 22:03 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん

やはり付いてましたか、二万円でも買えば良かった。
撮影はテレビくんのスタッフの方らしいです。

実は私、現在のところ超全集は
「ギンガ」「タイム」「ガオ」の3作品しか持っていません。
ネットオークションは欲しいモノが際限なく増えそうで怖いので
当分する予定はありませんので、地道に集めて行こうと思います。
でわ

この場を借りてお知らせ
明日(6/4土)は急な用事で外泊するのでコメントのレスが遅れます。
珍来 |  2011.06.03(金) 23:18 | URL |  【編集】

初めてコメントします

リンちゃんをこれだけ熱く語ってくださって嬉しく思い書き込みに参りました。
自分の中では後にも先にも戦隊ヒロインのなかで未だリンが不動の1位です。
同世代で同性の自分から見ても「素敵!」と思わせる魅力が彼女にはありました。

その昔、ダイレン放送終了後に開催されたファン感謝祭イベントに参加した際、
この回についてたくさん裏話を聞いた記憶があります。
高村役の海津さんにたくさんレクチャーを受けたとか…
写真集を本気で作る勢いだったとか。
彼女はアイドル氷河期にまさかの逸材でしたね…
引退されたのはとても残念です。

ちなみに超全集2冊も持ってました
→処分してしまい絶賛後悔中…
不屈の五星戦隊 |  2011.06.07(火) 21:53 | URL |  【編集】

初めまして、不屈の五星戦隊さん

コメントありがとうございます。
リンちゃんを戦隊ヒロイン№1に挙げる方のお気持ちは良く分かります。
「ファン感謝祭イベント」に参加されたのですか、羨ましいです。

当時はテレビでアイドルが歌う姿がすっかり見られなくなり、
「もうアイドルも居なくなったのかな?」と感じてた頃に
「アイドル初体験」を観て「旧き良き時代」を感じました。

「超全集」は現在収集中ですが、本作のは必ず入手したいと思ってます。
でわ
珍来 |  2011.06.08(水) 23:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |