2011.06.29 (Wed)

デカブライト (リサ・ティーゲル)

パイロウ星人コラチェクを追って来た金バッジ・特キョウ(特別指定凶悪犯罪対策捜査官)は…
28-40-1.jpg

並居る悪を白日の下に曝け出す (パチン♪)

「光の刑事」デカブライト!
 チーフ  テツの上司&教官の

リュミエル星人リサ・ティーゲル(演:七森美江さん、当時32歳)。 リサのもう一つの目的は…
28-40-2.jpg

もう一度最初から鍛え直してやる! テツを連れ帰ること。

深い母性を秘めた怖い教官、Episode.40「ゴールドバッヂ・エデュケーション」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

七森美江さんは「平成仮面ライダーシリーズ」の第1作「仮面ライダークウガ」(00-1)で
「バラのタトゥの女」(ラ・バルバ・デ)を演じたことで知られています。
現在の「スーパー戦隊シリーズ」の地位向上の一因は「平成仮面ライダーシリーズ」との
コラボ(「SUPERヒーロータイム」の名称は03年後期から)が成立したことみたいですね。

「デカスーツ」の特徴の一つは「スカートが無い」ことですが… 私にはデカブライトは
初登場時に「スーツアクター」と分かってしまいました。 別に分かりたくなかったんですが…
28-40-12.jpg
胸の2つの膨らみよりも目立つ、大きな膨らみが股間にあるから… ゴメンナサイ!
個人的意見として「スカート無しは女形(おやま)を避け、アクトレスにすべき」と思います。
(ちなみにデカイエロー、デカピンク、デカスワンは「スーツアクトレス」でした。
「ゴーカイ」でも黄&桃が「スカート無し」を着た時は… 別に留意しなくて良いですよw)


特キョウの「ブレスロットル」は多くの特殊能力を持つ強力な装備。 コラチェクを撃退!

雷撃拳 サンダーフィスト! 変身を解いた瞬間「女優風」が吹く。

28-40-3.jpg

俺の上司です この人が!? くりびってんぎょう!  (吃驚仰天)

「ジャスミン語」の解説。 今回は「火遊びで許されるのは、夏の恋だけよ」もありました。

そして「Episode.22 フルスロットル・エリート」以来の忘れかけてた設定「テツはエリート」…
28-40-4.jpg

本件は特キョウ扱いです よって手出しは無用

じゃなくて「特キョウ扱いとなった事件に関しては管轄署の署長以上の権限が与えられる」。

リサ曰く「血気に早って死んでいった捜査官をイヤと言うほど見て来ました」
28-40-5.jpg

口出しは無用です 鉄幹のことは私が決めます

この方は厳格さの内に深い母性を秘めてます。 とにかくテツを手元に置いておきたい!

そして「特キョウ1班」師弟コンビでのW変身(デカブレイク・テツは省略)!
28-40-6.jpg

フェイスオン! 光の刑事 デカブライト!!

右側は良いけど、左側は下からの煽り。 テツは本編で2回、デカVSマジでも1回「女装」
してるので、ひょっとして師匠も… 考えちゃいけないことです、ゴメンナサイ!

特キョウの「ブレスロットル」は「スワットモード」に決して引けを取らない、使う人次第だけど…
28-40-7a.jpg

防御拳 バリヤーフィスト! テツは少女の救助を優先。

先にデカベースに帰り、本部に戻る準備をしておけ!

リサはコラチェクに必殺技を放つが手応え無し、逆に背後から炎を受け変身が解ける。
28-40-8.jpg

至高拳 ハイエストハンマー! テツが救出に入りますが…

リサは大ダメージを受けて危険を伝えられない。 しかしテツは少女の発言から見事に…
28-40-9.jpg

噴射拳 インパルスフィスト! コラチェクの本体を見抜く。

巨大戦でリサはバン達の評価を改める。 う~ん、早い、しかし仕方ないです。
28-40-10.jpg

だが悪くない「なんかいい」 1話限りにするには惜しかった。 

リサはテツの「特キョウの前に刑事」発言に大きな成長を感じ、今後も彼を地球署に託す。
28-40-11.jpg

皆さん、これからも鉄幹を宜しく頼みます。

リサは「子離れした母」のような優しい顔を見せますが… すぐ地球署を出発しませんでした。

「特キョウ」「宇宙警察」設定は後半も一話完結になったため色々オミットされたようです。

個人的に少し「残念」と感じますが、各「主役回」が増えた利点もありますね。
28-40-13.jpg

こわぁ~い先生だったんですよ!  ……

リサは要らんこと言ったテツにもう一発「愛情表現」してから本部に帰ったでしょうw
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:00  |  28.特捜

Comment

このデカブライトをはじめ、ゲストキャラ的なヒロインの変身キャラが多いのがデカの特長でしたね。この俳優さんはクウガの敵キャラのイメージが強いのでなんか悪そうに見えてしまいます。
 ところで変身ヒロインは股間が目立つと幻滅しますね(笑)男性でも今回の映画の冒頭でのビックワンのアップで気になってしまいました。あとアカレンジャーのお腹ぷっくりなのも・・・
 このデカブライトも199ヒーローに含まれるのでしょうか。
 管理人さんも映画は鑑賞されたのでしょうか?
 
toshi |  2011.06.30(木) 07:27 | URL |  【編集】

いつもコメントありがとうございます、toshiさん

私は七森さんの記事を書くために、つい最近クウガの序盤を観ました。
ファンの方が多いようで触れるかどうか迷いましたが、
ブライトは胸の2つの膨らみより、股間の膨らみが目立っていて…
「テツの女装の師匠」説は危険球ギリギリのギャグだったと思います。

テツはEpisode.37の「いいなぁ、スワットモード!」発言に、
「特キョウの装備の方が強力じゃないか? 情け無い…」と幻滅したのですが
Episode.40の成長ぶりで最低限のフォローがあったと思います。
リサの「死んでいった捜査官をイヤと言うほど見た」発言は非常に説得力あります。
コラチェクみたいな存在がゴロゴロ居るなら宇宙警察は殉職者多数かと。

明日休みが取れたので「199ヒーロー」を観に行こうと思ってます。
でわ
珍来 |  2011.07.01(金) 00:24 | URL |  【編集】

本当にデカブライトは男性がやってたみたいですよ。
デカやファイブマンのようなスカートなしのヒロインは今や珍しいですね。
マイベイ |  2011.07.01(金) 15:25 | URL |  【編集】

こんばんわ、マイベイさん

書籍などで演じてた方の情報は把握してますが、この場合は男性だと一目瞭然ですね。

ヒロインスーツの下半身の形状は大別して
①モモレンジャー型(スカート無し)、②ハートクィン型(スカート有り)
③ミスアメリカ型(スカート無し+ハイレグ) の3種が創生期に出揃って、以降…

①はゴーグルピンク、ダイナピンク、ファイブマン、デカレンジャーの5戦隊のみ
デカはファイブマン以来14年ぶりで仰る通り珍しいです。 しかし…
③はバイオマン、チェンジマン、フラッシュマンの昭和4戦隊のみでした。
残りは全て②です。
こう言うことも記事で採り上げたら面白いかも知れません。
でわ
珍来 |  2011.07.02(土) 00:09 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.02.15(水) 14:46 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |