2011.07.13 (Wed)

ガオシルバー (大神 月麿) (追加戦士 その19) その1

狼鬼が倒されたため邪気から解放され、現代に蘇った先代ガオの戦士・シロガネ、1062歳!
25-24-1.jpg

お前達を倒そうとしたこの俺を許すと言うのか

演じた玉山鉄二さんは金子昇さんらと共に「イケメンヒーローブーム」の担い手になりました。
25-24-2.jpg

(俺には)この手を重ねる資格は無い! あぁっ

「追加戦士の初陣」としては歴代最高のカッコ良さ、Quest24「銀狼、閃く!!」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

玉山さん(当時21歳)は本作で「ママ層人気」が爆発し、大きく知名度を上げましたが、
「狼鬼」(09.9/3-4の記事参照)がカッコ良過ぎた(出演者によれば「戦うのがイヤになる」)ので
非常に重圧を感じたそうです。 大袈裟ではなく、俳優としての「試練」だったかも知れません。

狼鬼としてガオレンジャーから奪った宝珠を取り戻すため、無謀にも単身生身でウラに挑む。
25-24-3.jpg

奴らの声が聞こえない! パワーアニマル(PA)に見放された?

優れた策士・ウラは象+キリン+(黒)クマ+白クマから見るからに強そうなオルグを合成する。
25-24-11.jpg

宝珠に秘められた猛獣パワーによって

誕生させたキマイラオルグでおじゃる



キマイラオルグにも向かって行くシロガネ。 玉山さんの必死さが伺える生身アクションです。
25-24-4.jpg

自ら犯した過ちは自ら始末を付ける!!

天空島のガオライオンの呼びかけに3体のPAが応え、彼を再び「ガオの戦士」と認めました。
25-24-5.jpg

お前ら、戻って来てくれたのか!? 燃える王道的展開!

遂に「ガオアクセス」するシロガネ。 玉鉄さんの表情が非常に野性的で力があります。
25-24-6.jpg

「鮮烈の銀狼」ガオシルバー! 平安の古代戦士完全復活!

専用武器の3つのモードを駆使して見事な初陣。 「アンビリーバブル」な「横綱級の強さ」!
25-24-7.jpg

破邪聖獣球! 邪鬼玉砕!! 一方的な畳み掛け!
 

「ガオハンター」は「ジャスティス」として生れ変り、ガオキング・ストライカーと合体光線
「獣神一体・アニマルバースト」を繰り出し、「強蹴爆砕・ライノシュート」(2002W杯の前年)と
25-24-8.jpg

悪鬼突貫・リボルバーファントム! 大技3連続!

本作の玩具売上は大成功、当然でしょう。 私も子供の頃に観たら絶対に欲しくなりますね。
 
更にウラまでもリターンマッチで倒す! これより鮮烈な追加戦士の初陣は他に無いです。  
25-24-9.jpg

決着を付けてやる! 小癪な 銀狼満月斬り!

しかし、ウラの野望は「百獣キマイラオルグ」ではなく、自らを究極にする遠大なモノでした。

4つの宝珠を取り戻しても、シロガネはまだ自分が許せない。 どこまでも義理固く頑固です。
25-24-10.jpg

どこへ行く!?  さあな、風にでも聞いてくれ

また会えるよね? …… キザな台詞を決め、寂しげに去って行く。

最初は「アフレコが超下手!」と驚きましたが、すぐ「華があるし、問題無し」と感じました。

玉山さんが「千年前の古代戦士」「寂しがり屋の一匹狼」にハマり過ぎてます。

「I.D. 〜ガオハンターレクイエム〜」 歌:今井清隆さん(評価が高い舞台俳優の方)。

ネット上で直撃世代と思われる方の「狼鬼のまま仲間になって欲しかった」という書き込みを
見かけたことはありますが、十分に重圧を撥ね退けることは出来たと思います。

挿入歌「a lone wolf~銀の戦士~」 歌:串田アキラさん。

ガオシルバーが大好きな子供とお母さんは多かったようですから。 次回はその2。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:00  |  25.百獣

Comment

ガオシルバーについて

 ほんと当時からイケメン俳優さんだなと思ってました。今ではすっかり普通の?俳優さんとして活躍中ですが、そろそろガオシルバーだったことは封印されそうで怖いです。これがあっての今という考え方をしてほしいというのが自分の見方なんで。これは個々の俳優の考え方で自由なんでしょうが。
 ところでヒーローネットでガオシルバーのジャケットも買ったのですがサイズがスリムすぎて着られませんでした。(泣)ヒーローはスマートでないと駄目ですね。
toshi |  2011.07.14(木) 21:13 | URL |  【編集】

毎度コメントありがとうございます、toshiさん

スルーすべきか迷いましたが、私は「隠してる(ない)」という見方はしないです。
 たまたま見たインタビューで聞かれなかっただけかも知れないし、
 たまたま見たプロフィールに記載されてなかっただけかも知れませんから。
特撮ファンの中では「普遍的なテーマ」なので、いずれ自分の考えを書こうと
思ってますが「結局、人それぞれかな」と考えがまとまりません。

玉山さんが「狼鬼にプレッシャーを感じた」という趣旨の発言(DVDの何巻か失念)
を観てから、このお話を観返してみたんですが、
劇中のシロガネ同様に玉山さんの必死さが伝わって来る気がしました。
まぁ、それも私の主観に過ぎないです。
でわ
珍来 |  2011.07.15(金) 22:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |