2011.07.20 (Wed)

祝「なでしこジャパン」世界一!(11.7/17)

「サッカー日本女子代表」が「2011FIFA女子ワールドカップ」(第6回 開催国:ドイツ)で初優勝!
110720-1.jpg

決勝VSアメリカ戦(△2-2(PK 3-1))後の表彰式。 正に「歴史的快挙」です!

東日本大震災(3.11)以降、初と言える「日本に元気を与えてくれる」嬉しいニュースでした。


「なでしこジャパン」が世界の頂点に立ちました

おまけとして、94年にまだ若かった管理人:珍来に起きた「歴史的快挙」について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「なでしこジャパン」 は04年に日本サッカー協会(JFA)が募集し、選考した
「サッカー日本女子代表」の愛称で、まだ7年目とは思えないほど完全に定着してます。
(赤と白を混ぜた「pink(ピンク)」は元来「ナデシコ」色の意味で、日本の「桃(モモ)」色、
英語圏以外の欧州の「roze(バラ)」色に相当し、「花=女性」をイメージさせる色のようです)


大会前のインタビューで抱負を語る主将の澤穂希(32)選手。 「なでしこの象徴」!
110720-2_convert_20110720195815.jpg
93年(Jリーグ元年)に15歳で代表デビューし、波乱に満ちた日本女子サッカーを牽引され、

抜群の得点力と卓越した守備、絶大なリーダーシップで大会「MVP」「得点王」に輝きました。
110720-3_convert_20110720200057.jpg
チームを世界一に導いたことで、名実共に自らも「世界最高のプレイヤー」に登り詰めた…

感がしますが、早くも9/1から「ロンドン五輪(2012)アジア最終予選」が始まります。
次からは「追われる立場」としての戦い ですが、サッカーファンとしてはたまらないです!


おまけ
<管理人のサッカーファン歴、その他について>
私は「90年イタリアW杯」からサッカーを観てますが、93年に「Jリーグ」にハマりました。
色々アルバイトして、友人らと「鹿島戦」を中心にスタジアムまで観戦に行きました。

それで94年の最初の鹿島戦で知り合った子が「最初の彼女」になってくれました。
「ウソだ!」と思われたでしょうか? 文系で英語が得意なショートカットの似合う人でした。
物心つく頃から「自分は恋愛事に縁遠い人間」と決めてかかっていたので意外でした。

仲間内で誰かの部屋に集まって「深夜のサッカー中継」を観戦する前などに
「カラオケ」しに行ったり、「麻雀」や「スーパーファミコン」をやらせてもらったりしました。
(彼女は麻雀では「カモ」でしたが「小四喜」を和って大喜びしたことがありました) 
 
また私が「ブレイクショット」(前川たけし 氏作のビリヤード漫画、87~90年)を思い出して
唐突に「ビリヤードに興味があるんだ」と言ったら、速攻で教えてくれる友人が居ました。
(彼から「パチンコ」も教わりましたが、騒がしい雰囲気に慣れられませんでした)

レオナルド選手(鹿島に94-6年在籍、元ブラジル代表、現「インテル・ミラノ」監督)の

超芸術的ゴールが決まったこの試合は彼女と2人で観戦しました。
彼女は「レオ様」の大ファンで「イケメン好き」でしたね(私は十人並み)。

興奮も止めやらないまま、次節「VSセレッソ大阪戦」(国立)も2人で観戦しましたが、
レオ様が欠場で結果は鹿島のPK負け… ただ彼女は「PK戦」が大好きで、
私としても勝敗とは別に「良い事」があったりしました。 脱線してすいません。
学生時代は本当に色んな経験が出来ました。 当時、芸能への関心が失われたのは
「不景気」や「アイドル冬の時代」のためばかりではないかも知れません。

次回こそ「イケメンヒーローブーム」の補足と「ビリヤードの起源」について。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : なでしこジャパン - ジャンル : スポーツ

23:00  |  サッカー

Comment

ご無沙汰しております。なでしこJAPAN、凄かったですな。

メンバーに入っていた丸山桂里奈(かりな)選手(背番号18番・FW、千葉L所属)と鮫島(さめしま)と彩選手(背番号15番・DF、米国ボストン所属)、福島にある「東京電力マリーゼ」に在籍していた選手です。(鮫島選手は女子W杯開幕前まで、マリーゼに在籍してました。)

話は変りますが、練習中に急性心筋梗塞にかかってしまった松田直樹選手(横浜F・マリノス→松本山雅FC所属。1996アトランタ+2000シドニー五輪代表、2002日韓W杯メンバー)の容態が気になる俺です。

俺の戯言16でした。
でたらめ |  2011.08.04(木) 08:39 | URL |  【編集】

こんばんわ、でたらめさん

松田選手の件は2日のニュースを聞いてから快復をお祈りしてましたが、
本日午後1時頃にお亡くなりになりました。 ご冥福をお祈りします。

松田選手について印象深いのは、95年末頃の「スーパーサッカー」の企画、
「コモエスタ赤坂」VS「マリノスユース選抜」の6人対4人の変則フットサル勝負に
出場されて見事勝利し、賞品の「三井ゆり」さんをゲットされたことです。
チームメイトの中村選手、川口選手らと「ゆりちゃんイタダキ~!」と高らかに宣言し、
彼女の両腕両脚を掴んで仰向けの状態で頭上に抱え上げ、クラブハウスに運んで行きました。
三井さんが「きゃあ~!」と嬉しげに悲鳴を挙げ、生島アナらが「さよなら、ゆりちゃん」と見送ってました。
シャレだと分かってましたが、三井さんは次週も番組に出演されたので安心しました。

当時のマリノスの若手は才能溢れるメンツでしたが、
松田選手はルーキーイヤーの95年から開幕スタメンに抜擢されるなど、傑出した存在でした。
でわ
珍来 |  2011.08.04(木) 19:37 | URL |  【編集】

松田直樹選手・・・。

今でも、訃報を聞いた時のショックが頭の中を引きずっております。
あんな形でこの世を去ってしまうなんて・・・。

もし彼がマリノス残留か再契約、もしくはJFLの松本山雅FCじゃなくJ1かJ2のチームに移籍していたら・・・と、考えてしまった俺です。(でも、鹿島アントラーズやベガルタ仙台、J2の水戸ホーリーホックといった被災した所をホームタウンにしていたチームだったら、本人は表にださなくても、どこかで震災のショックに蝕まれてしまったかも知れません。)

合掌・・・。

でたらめ |  2011.08.29(月) 19:07 | URL |  【編集】

改めて調べてみると

偉大な選手だったと私も思います。
上のVS「コモエスタ赤坂」戦はマリノス側の正式チーム名は忘れてしまいました。

マリノスで何らかの役職に就くことも出来たでしょうが、現役に拘られたんですね。
鹿島は前半は躓きましたが、後半の逆襲が大いに期待出来そうです。
でわ
珍来 |  2011.08.30(火) 08:54 | URL |  【編集】

また覇者になって欲しいです。

いよいよ決勝、今年のFIFA女子ワールドカップカナダ2015でも対戦相手のアメリカを倒して優勝して欲しいですね、MFの10番の澤穂希さんは前回のFIFA女子ワールドカップドイツ2011でも活躍しましたので引退する時までなでしこジャパンの選手でいて欲しいですね、前回のなでしこジャパンの選手で好きだったのはFWであった丸山佳里奈、アイドル的ルックスで惚れましたね、今年は選抜メンバーには入っていなかったので残念でした、澤さんに頑張って頂けると有難いですね、日本ではサッカーに関しては80年代はワールドカップで優勝するのは夢物語だったのですが21世紀になって女子が世界制覇を果たしましたので男子も頑張って欲しいですね、キャプテン翼の連載は1981年から1988年まででしたが集英社と原作者が一度完結させたにも関わらずJリーグ発足の1993年に集英社が原作者に半強制的に連載を再開させ現在も掲載誌を移して連載を続けさせています、今年もなでしこジャパンがFIFA女子ワールドカップの覇者になって欲しいです、決勝の結果のコメントは後日書き込みたいと思います。
あさばよしゆき |  2015.07.02(木) 23:38 | URL |  【編集】

もう4年前の記事ですか…

ロンドン五輪に続いてまたも相手はアメリカ。
正に最強&最後の敵で、今回は堅守のチームになってます。
何にしてもギリギリの激戦が予想されますね。
私は川澄さんを特に応援してますが、新戦力の有吉さんにも注目してます。
澤さんには何らかの "見せ場" がある予感がします。

80年代はW杯出場自体が夢物語でした。
トヨタ杯でジーコやプラティニを知った頃の私は、
日本がW杯に出る、という発想すらしてなかったですね。
「翼」は正直言って全然読んでなくて分からないんですよw
でわ
珍来 |  2015.07.03(金) 20:29 | URL |  【編集】

はい上がろう、なでしこジャパン。

今日のFIFA女子ワールドカップの決勝戦、日本2点、アメリカ5点と惜しくも敗れました、今回は優勝する事は出来ませんでした、が負けた事が大きな財産になると思いますのではい上がって欲しいですね、アメリカは強かった、オリンピックでも覇者だったと思います、実はオリンピックはほとんど観ていなくて予備知識がありません、あしからず、澤選手は今回が最後の試合だと言うアナウンスがあった気がしましたので彼女にとって悔いのない試合が出来たのではないでしょうか?まだ終わった訳ではありません、4年後頑張って欲しいですね。
あさばよしゆき |  2015.07.06(月) 10:10 | URL |  【編集】

前回(4年前)と比べると…

出場国のレベルが全体的に上り、差がわずかになってました。
暗かったFIFAが、女子W杯の大成功を宣言した事は明るい話題でした。

今回のアメリカは得点力より守備力が高く
「1点が取れるか…」と思ってましたが、意外な結果でしたね。

4年後は更に全体のレベルアップが進むでしょうが、
日本では特に女子サッカー人気が高まり根付きましたから、
より強いナデシコが見られるでしょう。
でわ
珍来 |  2015.07.06(月) 22:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |