2011.08.07 (Sun)

とんでも戦士ムテキング (80-1)

「タイムボカンシリーズ」の影響と「アメリカンコミック」の要素が多く見られたアニメですが、
110807-1.jpg
日曜18:00~30で放送されてたので、私は「サザエさん」までの「つなぎ」で何となく観てました。

主人公・遊木リン(右、声:井上和彦さん)がタコ星から来た執行官・タコロー(中央)により
110807-2.jpg
第1話「とんで出動! ムテキング」で「ムテキング」に変身したのですが、たった一度だけ
第14話「新ヒーロー? 女性ムテキング」で、ヒロイン・サユリ(左、声:横沢啓子さん)が
「ムテクィーン」に変身しました。 私はそのシーンを強烈に覚えてました。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

タイトルすら忘れてたアニメですが「タイムボカンシリーズ」について調べた際、
どこかで見た絵柄の動画(下)があったので、何となく見てみたら「ハッ」と思い出しました。

第1話で悪の4兄妹「クロダコブラザーズ」とチビダコが「クロダコ変身」するシーン。

顔が赤いのが長男タコキチ、黄色いのが次男タコマロ、青いのが三男タコサク、左端が…
110807-3.jpg
長女で末っ子のタコミ(声:高坂真琴さん、「エースを狙え」の岡ひろみ、ライブマンのコロン)。

彼女は第1話で「ムテキング様」に一目惚れして、以降作戦を何度も失敗させますが…
110807-4.jpg
兄達に溺愛されてるので責められません。 しかし第31話「ああ悲恋! タコミの純愛」では
恋心と兄達の優しさの板挟みに悩み苦しんで、家出したことがあります。 戦隊的に言えば…

「ゴーゴーファイブ」の巽兄妹的な関係です。 強引にゴーカイジャー第23話のキャプを挿入w
Gokaiger ep 23 Ms. GoGoV
12年ぶりのゴーピンク・巽マツリ、クレジットは「柴田かよこ」さん。 変わってないですね~

OP「ローラーヒーロー・ムテキング」。 パヤパヤチャカポコして「アニキ」の歌声が若々しい!

個人的には微妙なヒーローでした。 主人公が意識を失って、勝手に戦わされてる気がして…

とにかく正側で覚えているのは「ムテクィーン」だけ! 動画を探したらありましたw

信じられない… まさか見つかるとは! しかも「歌詞字幕」付きの高画質です。

ロゴ書き直してます… タツノコらしいノリw サユリの意識は無いんでしょうが関係無い。
MQ-1.jpg
これが記憶に残ったことは、当時から私が「女性の変身」に強い関心を示した証拠です。

替え歌「ローラーヒロイン・ムテクイーン」はサユリ役の横沢啓子(現:よこざわけい子)さん、
MQ-2.jpg
「初代ドラミ」、「ラピュタ」のシータ、「はいからさんが通る」の紅緒さんの声の方です。

この頃のタツノコ作品には「アメリカ(の豊かさ)に対する強い憧れ」を感じます。
MQ-3.jpg
「黄金(成長)の60年代」世界経済の成長はアメリカが牽引しましたが…

賃金上昇,単位労働コスト上昇の結果,輸出品の国際競争力が低下して
MQ-4.jpg
71年にアメリカの貿易収支は初めて赤字に転落し「インフレの70年代」を迎えました。

80年代になると日本のアメリカに対する貿易黒字は拡大して「貿易摩擦」が激化します。
MQ-5.jpg
金髪リーゼントの男性ダンサーw 当時、アメリカを小バカにしたようなギャグも見られました。
日本は「経済大国」と浮かれ、ドンドン調子にノリ「バブル期」に突き進みました。
MQ-6.jpg

「乳揺れ」悪ノリし過ぎw 「ボイン」は60年代後半の大橋巨泉 氏による流行語。

先日の「米国債デフォルト(債務不履行)回避、債務上限引き上げ」は衝撃でしたが…
MQ-7.jpg
「バブル崩壊」以降「日本国債」は急激に増加し、近年は「ドロ沼」状態にあります。
近年の世界経済は「いつ爆発するか分からない爆弾があちこちにある」状態です。


第1話のシーンを加えた「ローラーヒーロー・ムテキング」フルコーラス + おまけ

コメントを読むと「ローラーヒロイン・ムテクイーン」が印象に残った人は多いようです。
ムテクィーンは兄達を「骨抜き」にするものの、タコミの激しい怒りを買ってしまい
あっという間にボコボコにされてしまいます。 タコミの実力は高かったです。

「タイムボカンシリーズ」が成り行きで「三悪」人気が高まったことを意識したのか、
本作は最初から「クロダコブラザーズ」で盛り上げようとしてました。
その結果、個人的に正側の印象が薄かったです。 ムテクィーンを除いてw

第33話以降は舞台を「ヨンフランシスコ市」から東京の下町に移して
「テコ入れ」しましたが、その先は全然覚えてません。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

23:00  |  アニメ

Comment

ムテキング

これは懐かしい。
OPは水木一郎アニキが
持ち前の熱さをセーブしつつ
ノリノリで歌うんですよね。
まさにアニキの歌の幅広さを感じさせる名曲です。

しかしタコミをマツリに例えるあたりがさすがです。
巽兄弟と違って間抜けなクロダコブラザーズにあって
唯一の共通点が紅一点のしっかり者の妹ですもんね。
特撮最前線 |  2011.08.10(水) 17:49 | URL |  【編集】

お久しぶりです、特撮最前線さん

私には懐かしいというより、ほぼ忘却の彼方でした。
アニキの異名に「ミズキング」というのがあるみたいですが、
本作から来たのかも知れません。

クロダコは見当違いの作戦もありましたが、兄達はワリと優秀だったような… 
それにムテキング様が登場する前の段階ではタコミも優秀でした。
長男タコキチが特にタコミに甘かった印象があります。
でわ
珍来 |  2011.08.11(木) 01:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |