2011.08.24 (Wed)

コメットさん (67-8、78-9、01-2)

巨匠・横山光輝(04年 満69歳没)原作の「コメットさん」は九重佑三子さん主演でドラマ化され、
110824-1.jpg
大人気を得ました。 アニメ「魔法使いサニー」(66-8)の翌年で「魔法ヒロイン」を確立しました。

その11年後に当時のトップアイドル・大場久美子さん主演でリメイクされ再び大人気!
110824-2.jpg
更にその13年後には、アニメ「Cosmic Baton Girl コメットさん☆」で再々リメイクされました。

アメリカのミュージカル映画「メリー・ポピンズ(Mary Poppins)」(64)がモチーフのようです。
今回、色々と詰め込み過ぎな内容になってしまいました。 すいません。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

管理人・珍来は60年代、70年代の作品は正直言って良く分かりません。
80年代はまぁまぁ自信がありますが、80年代前半までは演じてる方に興味は無かったです。
掘り下げが足りなくなると思いますが、日本に於ける「特撮ヒロイン」のルーツ的な
不朽の名作「コメットさん」を採り上げたいと思います。

「テレビ探偵団」に大場久美子さんがゲスト出演(88.5/22)された回より。


俺の方がファンですよ! 俺の方がファンです、絶対!!

コメンテータが海老名泰孝(林家こぶ平(当時)の本名、現:九代目 林家正蔵 師匠)さんに
交代した直後でしたが、初代の朝井泉さんが駆け付け、2代目と「クーミン」のファン度で
激しいバトルをされてました。 お2人の世代での大場さんの人気が伺えます。


前回紹介した「ピンキーパンチ大逆転」(82)と同枠で放送された「マジカル7大冒険」(78-9)では
78-9.マジカル7大冒険
「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン(76)」GP・榊原郁恵さんと共演されました。

次作「少女探偵スーパーW」(79)でも引き続き共演されましたが… ダンスが合ってませんw
79.少女探偵スーパーW
高校生・遠山プンチ(演:大場さん)と宇宙少女・ポンチ(演:榊原さん)が事件を解決します。
ポンチは変身(変装?)能力がありますが、鏡を見ると一瞬で仮死状態になってしまいます。

当時は視聴者参加型オーディション番組「スター誕生!」(71-83)でアイドル歌手デビューして
「レコード大賞」で「(最優秀)新人賞」を取るという「王道」がありましたが…


アナゴアーン! (後ろの石像(遺跡?)の名を唱えてタイムトラベルします)

「ホリプロTSC」の成功により、有力芸能事務所が自社オーディションで新人発掘する形式が
定着したので、「スタ誕」は応募者が激減して終了に追い込まれたと言われています。
82年頃は芸能界的には「転換期」で、80年代半ばにかけて「王道」や「共通の目標」が
否定されたようです。 「時代の流れ」と言えますが、求心力が無くなったのかも知れません。


「スタ誕」と「ホリプロTSC」は今後の記事で補足するとして、本題の「コメットさん」!
78-9.コメットさん(新)

音楽の勉強の方は諦めるとして… この件は後述。 

「私だけが知っている」で新旧を徹底比較されているので、私が補足することもないですが…
(2代目になって急にコーナーが明るくなったので、しばらくは始まるたびに笑いが起きました)
67-8.コメットさん

68~71年にテレビは化」したため、完全に映画に取って代わりました。

初代アシスタントの山瀬まみさんは「第10回ホリプロタレントスカウトキャラバン」GPで
榊原さんの後輩かつ「元祖バラドル」ですが、89年10月にある事情で突然降板されました。


あれが無かったら今の私は無いって感じです

2代目アシスタントに西田ひかるさんが抜擢されたことに、私はショックを受けたんですが
それについては今後の記事で書きたいと思います。


70年代は「歌唱力」に厳しい時代で、今聴くと十分上手な方でさえ批判されました。
大場さんに対する風当りは強かったようですが、歌番組で面と向かって指摘された際に…

歌は大好きですから、心を込めて歌います

という趣旨の発言(言い回しは違うかも)をされたそうです。 その動画は見つけられませんが…

「コメットさん」の主題歌「キラキラ星あげる」(78)を歌う動画はありました。
当時は生演奏、生歌唱の時代。「コメットさんが歌ってる」ことに意義があると思います。
79年に歌手活動を一旦終了された際に「音痴だから」と発言され、物議を醸したそうです。


2001年に実写版を含めて3作目の「Cosmic Baton Girl コメットさん☆」が放送されました。

設定13歳なので「コメットちゃん」という感じですが、ライバルに「メテオさん」が居ます。
九重さんが「ハモニカ星国王妃」(コメットの母親、初代コメットさん)の声とナレーションを
担当されました。 第1話から登場してます。
大場さんは「柊美穂(スピカ)」(コメットの叔母、二代目コメットさん)の声を担当されましたが、
第何話から登場するかまでは分かりませんでした。 非常に重要な役らしいです。


最後、付け足しみたいですいませんが「コメットさん」のモチーフとされる
アメリカのミュージカル映画「メリー・ポピンズ(Mary Poppins)」(64)の…
アカデミー歌曲賞受賞曲「チム・チム・チェリー(Chim Chim Cher-ee)」

この曲と「傘で地上に降りて来る」シーンは非常に有名なので、私も知っています。
(「特撮」関係のブログしてるのに、アメリカ映画、コミックに疎くてすいません(汗))
魔法で事件を解決するお手伝いさん(ナニー)は約半世紀も愛されてます。


次回は日本の「元祖変身ヒロイン」、痛ましい事件にも触れないといけません。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆女性アイドル☆ - ジャンル : アイドル・芸能

23:00  |  戦隊以外の特撮

Comment

コメットさんの思い出

初代は再放送が頻繁にあったので何となく見てました。
 大場さんのはオープニングの足長コメットさんが実写になるところのギャップがありました。セブンやタロウ、レオといったウルトラヒーローと知り合いという設定だったのでその辺だけ観た記憶があります。
 大場さんはとてもかわいかったのですが失礼を承知で言わせてもらうと、歌を初めて聴いたときはエトセトラだったと思いますが正直こんな音程の歌手がいるの?って本当にビックリしました。
 アニメのは全く観てません。
toshi |  2011.08.25(木) 00:21 | URL |  【編集】

♪キラキラ愛の星 キラキラ光る星
 結婚結婚 コメットさん

子どもの頃こう歌ってました。w

ドジなとこがいいんですよね。
ついでにエスパー魔美も大好きなのできっと通じるところありだ。

大場久美子さんはキャピキャピしてなくて
見た目が素朴でお姉さんぽいとこが好きでした。
でも生で歌ってたのは見たことなかったです!
あらた |  2011.08.25(木) 12:24 | URL |  【編集】

あと、
家のパソコンからだと書き込み制限を受けていると出て
コメントできないのですが、何か規制されてるんですかね?
あらた |  2011.08.25(木) 12:25 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん

初代はそんなに再放送されたんですか!?
私が子供の頃、テレビで観ることが出来た白黒(モノクロ)の作品は
「ゲゲゲの鬼太郎」(第1期、68-9)の再放送くらいです。
第2期と違う内容の白黒の鬼太郎があったことに、心底驚いた記憶があります。
他には映画「エレファントマン」(80)のテレビ放送がありました。

2代目の再放送は「女の子向け」作品なので、実はあまり観ませんでした。
大場さんの歌は80年代でもどうかと思いますが、いつも明るく元気に歌われたようです。

アニメ版は本記事を書く際に存在を知りました。
どういうアレンジをしてるのか興味があったので、序盤の数話を観ました。
この作品を幼少期に観てた方は、現在中学生以上ですね。
でわ
珍来 |  2011.08.25(木) 21:21 | URL |  【編集】

お久しぶりです、あらたさん

子供の頃に歌詞を間違えて覚えるってよくありますよね。
アニメ「エスパー魔美」(87-9)は初見の時「こんなのアリ!?」と驚いた記憶がありますw

子供の頃に「キャピキャピしてない、大人っぽい」と感じたお姉さんでも
今になって動画で再確認すると年相応にキャピキャピしてたりしますw
でわ

PS.
以前「東海地方で再放送してた」とか同じようなコメントばかりされる方が居て
アクセス制限しましたが、その方とホストIPの後半が同一でした。
解除しましたので、気が向きましたらコメントお願いします。
珍来 |  2011.08.25(木) 21:52 | URL |  【編集】

家からテスト投稿させていただきます。
あらた |  2011.08.25(木) 23:36 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.08.25(木) 23:39 |  |  【編集】

いえいえ

ここを始めて2年9ヶ月になりますが、意外と荒らしは少なかったです。
アクセス制限も4つくらいしかしてない状態です。 

①趣味荒らし
ハンドルネームで検索してみると他所でも同じようなことを書いてることが多いです。
ピンと来るようになったので即削除。

②分かり切ったことを質問してくる
文章に誤字脱字が多い傾向があるので、もしかすると本気で分からないのかも…
海外の方という訳でもないです。

③クレクレ
意外と少なかったですね。 
「もらえる可能性を高めるために、記事に関してお世辞気味な前振りを書こう」
とか、そう言う当たり前の発想が無く、短刀直入な方ばかりでした。


記事に関する補足や思い出をコメントして下さる方は大歓迎です。
でわ
珍来 |  2011.08.26(金) 22:54 | URL |  【編集】

アニメ版コメットさん

昨年AT-Xで放送されていたものを親戚の子に見せるために録画して、編集ついでに自分もときどき見ていましたが、消去せずに手元に残したのは途中からだったので大場さんが何話から登場していたのかは確認できず、最近また第1話から始まってくれたおかげでようやく確認できました。

だいぶ前の記事なので、もう情報を得られた後かな?とも思いますが、大場さん演じる柊美穂(スピカ)さんは第19話「もう一人のコメット」からの登場でした。
クロフト |  2012.02.22(水) 20:13 | URL |  【編集】

貴重な情報ありがとうございます。

タイトルリストから十分類推できたのですね、甘かったです。
Veohで第19話「もう一人のコメット」を視聴出来ました。
ありがとうございました。
でわ
珍来 |  2012.02.22(水) 22:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |