2011.09.07 (Wed)

蒼き流星SPTレイズナー (85-6)

アバンタイトルより鬼気迫る表情で銃を構えるアンナ・ステファニー(17歳、声:江森浩子さん)
110907-1.jpg

どうして私が撃てないと思うの!? 私は撃てる!!

エイジを「愛する元上官ゲイル中尉の仇」と付け狙うカルラに対し、啖呵を切り発砲する。
110907-2.jpg

私はエイジを愛してるのよ!!! 3年で信頼は愛に。

本作の時代設定は「96年」と「99年」、既に「過去」、第35話「グラドスの刻印」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

83年に当時の米大統領レーガンは「戦略防衛構想」(Strategic Defense Initiative、SDI)、
通称「スターウォーズ計画」を発表し、米ソの緊張が非常に高まりました。
「人類は地球だけではなく宇宙までも破壊するのか!?」と非難と失望が広まってましたね。

私が本作に魅かれた要因の一つは、その時代背景が意欲的に描かれていたからですが
「96年(10年後)に人類が火星に進出して、米ソが基地まで作っている」とは思えませんでした。
しかしSPTとまでは行かなくても「対話型コンピュータ搭載の自動車」くらいは出来てるかも
とは思ってましたね。 当時思ってたよりは科学技術は進みませんでした。 尤も…
誰も91年に「ソ連崩壊」が起きて「冷戦」が完全に終結するとは思わなかった訳で。
(「SDI」と「一極支配」はアメリカの財政を更に大きく逼迫させたと言われています)


前半のアンナは正直野暮ったいと思ってましたが、後半は見違えました。 重箱の隅ですが、
こんな超ミニスカでクスコ(南米ペルー)のジャングルを3日間もさ迷ってたなんて…
110907-3.jpg

仲間はどこだ? 小娘がたった一人で来れる訳がない

アンナは地球文化の保護に努める非戦闘員、簡単に捕まりいたぶられてしまいます。

カルラ共々遺跡に落ちてしまう、エイジをナイフで襲うカルラに何も出来ないアンナ。
110907-4.jpg

何故ゲイル中尉を殺した!? 床が傾き、全員溶岩へ…

このお話が印象に残ったのは、ぶっちゃけ「アンナの超ミニスカ」が際どかったからですw

エイジ(後半の年齢設定は19歳)は非常に逞しい男になりました。 助けられたカルラは
ゲイルの面影を見ます。 エイジは気転を効かし横道のトラップも全員通過させる。
110907-5.jpg

おまじないだ、行くぞ! アンナの超ミニスカの中は「真っ暗」。

遺跡には微かなグラドスの痕跡があっただけ、再びエイジを斧で襲うカルラ。
レイ(レイズナーに搭載されたコンピューター・インターフェース)に指示が出せなくなります。
(エイジとレイのやり取りは大きな魅力でした。 「レディ!」は私の周囲では流行語w)
110907-6.jpg

やめて、もうやめて! 立ち上がる際にアンナの超ミニスカの中が!?


アンナの告白はエイジが床を爆破する音と彼女自身の銃声に掻き消されました。
110907-7.jpg

いいぞアンナ 「ノーパン」!? しかもエイジに下から完全に見られてる…

当時はフツウに描かれてたモノが「塗られてない」ので却ってドキッとしました。

「告白」がエイジの耳に届いたかどうか、ドキドキしてるアンナ。 どう見たって両思い。
110907-8.jpg

私はエイジと伴に居ることの


「叫びたいほどの幸せ」を感じていたのです

飛び降りる時「叫びたいほどの恥ずかしさ」は感じなかったのかな? ゴメンナサイw

(見終わったら画面上で(2/3)、(3/3)を順にクリックして下さい)
後半のED「LA ROSE ROUGE(ラ ローズ ルージュ)」のような場面も見られると思ってました。

しかし次回「敵V-MAX発動」でレイズナーの優位性が危うくなり、

第37話「エイジ対ル・カイン」ではレイズナーは大破してしまいます。 そして
第38話(最終回)「歪む宇宙(そら)」で突然の打ち切り… 「グラドスの刻印」の前で
レイズナーVSザカールの互角の戦闘、話が全然繋がってませんでした。
「Zガンダム」にも「夕ニャン」にも見向きもせず本作を熱心に観てた私はショックを受けました。
「周囲でも話題、流行語になるほど人気があったのに何故、どうして!?」と。

当時のアニメ誌でも話題になりましたが、85年末から86年初頭にかけて発覚した
「サンヨー石油ファンヒーター一酸化炭素中毒事故」により、
三洋電機がスポンサーを急遽降板してしまった影響のようです。

その大規模な回収を呼び掛けるCM、当時は非常に珍しかったので私もよく覚えてます。

放送終了後(86年10月)にOVA3巻が発売され、ACT-III「刻印2000」でTV未放映の
「真の結末」を観られましたが、第38話に30分ほど足された駆け足の内容でした。

次回は「スーパー戦隊シリーズ」と「ガンダムシリーズ」の関係について。
実はどちらも「70年代からの遺産」で関係大アリの「お隣さん」だったんですよ。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:00  |  巨大ロボアニメ

Comment

後半のレイズナーについて

正直前半はあまり面白く感じない作品だったのですが、後半はほんと楽しみに観てました。死鬼隊(でしたっけ?)がまたバイオレンスで格好良かったです。後は眼鏡のキャラ(名前を失念)が敵側に付いて本当はどうなんだっていうのも気になって観てましたね。
 プラモも一通り買ってたんですが後半のSPTはさっぱりキット化されなかったのが残念です。まあこれはZやZZにも言えるんですがね。
 後半のエイジはボトムズのキリコの顔に近くなったと思うのは自分だけでしょうか。
 なんかレイズナーがやられてどうなるんだ?って所で終わっちゃった感じで自分はプラモの不振が原因なのかと思ってました。
toshi |  2011.09.07(水) 23:52 | URL |  【編集】

毎度ありがとうございます、toshiさん

レイズナーは木曜17:30枠でしたが、私の周囲ではZガンダムより断然人気がありました。
「北斗」「スケバン」同様、よく話題になりましたね。

「死鬼隊」は見てる分ではイケてますが、自分なら配下に置きたくないですw
ロアンの真意は最終話で明らかになりますが、閣下は尊敬に足る人物だったようです。

そうそうプラモは不振だったようです。
私はプラモにハマったことがなく、ボトムズやダグラムを観てない若造ですが。
でわ
珍来 |  2011.09.08(木) 22:26 | URL |  【編集】

1985年はアニメの当たり年

レイズナーは私も観ていましたが、当時はまだ小さい子供だったので話の内容はほとんど覚えていませんでした。
(主題歌だけは記憶にあります)
85年はタッチ、Zガンダム、マジカルエミ、ダーティペアなど後世に残る名作・傑作アニメが多くまさに「アニメの当たり年」でしたね。
少年あべし |  2011.09.09(金) 18:11 | URL |  【編集】

お久しぶりです、少年あべしさん

古い作品ばかり採り上げてすいませんね。
Zガンダムは本放送で観ましたが、第8話で視聴を止めてます。
第7話の毒ガスの描写がNGだったかな。

ロボアニメは本数的には82年がピークでした。
85年にはだいぶ減って「原作漫画」の作品が主流になりますね。
個人的には「間延び、改悪が多いので漫画で読めばいい」と思い、
「アニメ離れ」しました。 「タッチ」は観てませんけど
「ダーティペア」は再放送で観たことがあります。
でわ
珍来 |  2011.09.10(土) 00:58 | URL |  【編集】

>こんな超ミニスカで

下は(厚手の)タイツを履いてるので、ミニスカというよりはシャツの裾がちょっと長い程度なのでは。

自分も当時は同じ事を考えてドキドキしてたけど、それは秘密です。

>クスコ(南米ペルー)のジャングルを3日間もさ迷ってたなんて…

むしろ女の子なのに汗臭くなってないか心配です。
しかも好きな男の前でですよ!?

>私はエイジを愛してるのよ!!!

この回のアンナの告白で、エイジにゲイル先輩を殺されたと思ってるカルラも、エイジに恋するアンナにかつての自分の姿を重ねて、その後は憑き物がおちたかのように落ち着いた表情になった。

……かと思ったら、性格はその後もあんまり変わってなかったですね。
とおりすがり |  2013.07.21(日) 19:13 | URL |  【編集】

何人目の「とおりすがり」さんですか?

同名の方が多いのでw

当時はフツウの書き込んであったと思いますが、
何故か「肌色」だったので、私も印象に残ってます。
画面には映ってませんけど、荷物に「着替え」を入れてたんでしょう。
話の内容よりも、そちらの方が気になってしまいますねw

当時のアニメはどう考えても「両想い」なのにハッキリしないカップルが
多かったです。 敵側は死ぬことが多いためかハッキリしてましたが。
でわ
珍来 |  2013.07.22(月) 00:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |