2011.12.25 (Sun)

負けない! 決戦はクリスマスイブ

健太はメガボイジャーを奪われたことを悔しがり、耕一郎達は久保田博士に深々と謝ります。
21-43-1.jpg

あの時はああする他なかったんだ。 「父的司令官」と「兄的追加戦士」

管理人はこういう「家族的構図」が大好きです。 「絆」(きずな)の強さが感じられますから。
21-43-2.jpg

ピンチの時こそチャンスだと思わなきゃ! 裕作さん!

全てのロボの力を一つにして、個々の実力で勝るネジレンジャーとの大決戦を制しました。
21-43-3.jpg
戦隊の「新定跡」を編み出した、第43話「負けない! 決戦はクリスマスイブ」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

本作は第8話(97.4/6放送)から現在の枠に「放送枠移動」がありました。
また日本は97年から「少子社会」になったので玩具の売り上げも危惧されたようです。
「ピンチ」の時期だったことは間違いないようですが、戦隊は「新定跡」を編み出しました。

「戦果」をDr.ヒネラーに報告に行ったネジレッドは自分達の「運命」を立ち聞きしました。
21-43-4.jpg

ジャビウスが滅びるという事は、もしや ネジレンジャーも

Dr.ヒネラーにとって亡き娘に似せたシボレナ様は「娘」、強さを追求したユガンテは「息子」的
存在で深い愛情を持ってますが、ネジレンジャーは野望を達成するための「捨て駒」でした。


シルバー(裕作さん)が敵を引き寄せて久々の「デジタンク」の大活躍! …は読まれてました。
ネジイエローの特殊能力でメガボイジャーは5人を閉じ込めながら操られてしまいます。
21-43-5.jpg

何これ「コンピューターウィルス」? 当時の最新要素!

メガボイジャーは私と一つになっているのよ

「Windows95」普及後にネットワーク感染が増え、日本でも頻繁にニュースで扱われました。

シルバーも捕え勝利を確定させてから、ネジレッドはDr.ヒネラーに直談判する!
21-43-6.jpg

奴らを倒す代わりに俺達に 「永遠の命」 を渡すのだ!

何らかの「反乱防止システム」を施されてたようで、ネジレッドは「洗脳」されてしまいます。
よく見るとネジレンジャーって可哀想な奴らですね。。。

ネジレッドは完全に理性を失い、折角捕えたメガレッド(健太)とタイマン勝負を始める。
そこへ博士が「I.N.E.T.」の職員を率いてギャラクシーメガで乱入! 実は超熱血司令官です。
21-43-7.jpg

メガレッド、ギャラクシーメガに乗り込め!

メガボイジャーを奪還する方法も伝えますが、結局ネジレッドの暴走に助けられました。

更にネジブラックとネジイエローも洗脳され「宿敵」に堂々と「宣戦布告」しました。
21-43-8.jpg

命を懸けてメガレンジャーを倒す!

それがネジレンジャーの「使命」!

それがネジレンジャーの「誇り」! 敵ながら天晴れ。

受けて立つメガレンジャー! 熱い、ひたすら熱い燃える展開です。 
21-43-9.jpg

上等だぁ! 倒せるものなら倒してみろ!

よし、派手に行こうぜ! 7体の巨人達の派手過ぎる大乱闘勃発!

ネジレンジャーがエネルギーを一つにして勝負を掛けた時点で、超熱血指令炸裂!
21-43-10.jpg

敵のエネルギーが最大に達した時

必殺技を打ち込むんだ!!!
 一番熱いのは博士!?

「中途半端な反撃でエネルギーを無駄にしては勝機を失う」という冷静で正しい判断かも。

敵が「謎の光球」に撃たれた直後、全ロボの全エネルギーを込めた超必殺技を放ちました。
21-43-11.jpg

エネルギー集中。 トリプルメガスパルタン!!!

目も眩む閃光に包まれネジレンジャーは粉砕されました。 メガレンジャーの「絆」の勝利!
(個人的に「聖闘士星矢」の「アテナエクスクラメーション」の打ち合いを連想しました)

裕作サンタが博士からのプレゼントをデジ研のクリスマスパーテイに届けて大団円。
21-43-12.jpg

こちらのプレゼントは全て、あちらの方から!

以降、クリスマス商戦前に「ロボ総動員の大決戦」は戦隊の定跡になりました。
年末商戦前に「総集編」もその後の多くの作品で踏襲されています。理に適ってますね。
(今回ゴーカイジャーで明確な「定跡破り」があったのでちょっと驚いてます)


命が吸い取られて行くのは何故だ?

でも正側に存在を知られることなく退場した「ジャビウス1世」は一体何者だったんだろう?

「戦隊史上最も情けない敵首領」候補ですね。「ネジレジア」も結局よく分かりません。
少々粗があっても、本作は「スーパー戦隊シリーズを再生させた」
作品と言えると思います。
でわ

P.S.
メガシップとメガシャトルが「電磁合体」する一号ロボ「ギャラクシーメガ」。

「電磁合体! ギャラクシーメガ」(歌:風雅なおと さん)
戦隊ロボの玩具としては初の発光、サウンドシステムが採用されてますが、
実質「単体変形」なのは不況の影響からではないかと言われています。

5体のボイジャーマシンが「銀河合体」する二号ロボ「メガボイジャー」。

「銀河を守れ! メガボイジャー」(歌:坂井紀雄さん)
5人のスーツは「パソコン」「人工衛星」「デジタルテレビ」「デジタルカメラ」「携帯電話」
がモチーフですが、「どないせい!?」ですよね。 作中でも生かし切れたかは微妙です。
でも97年は「新要素に挑戦しなければいけない」時期でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

21:30  |  21.電磁

Comment

メガレンジャーのロボについて

ギャラクシーメガは内部に職員がいる割にはサイズが小さい感じで当時色も合体ギミックも地味な感じはしましたね。
 メガボイジャーの方が合体も凝っていてメインロボぽい印象が自分にはあります。
 トイも年末のセールで買った記憶はあるんですがどこかに積んだままです。まだまだ今の戦隊やライダーのおもちゃに比べれば大らかな時代だったかなって思いますね。
toshi |  2011.12.25(日) 22:30 | URL |  【編集】

 サキュバスさん出番少なかったですね・・・。でも、バーでの聞き込みの時の衣装・誘惑がよかったです。テレ東も「水曜ミステリー」を復活させたので、新作に期待しましょう。

>>シンケンジャーの巨乳女子高生

何話でしょう?よろしかったら、教えて下さい。
メルシーステージ |  2011.12.26(月) 15:20 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん

ギャラクシーメガは全高55mでおよそ100人が搭乗出来るみたいですね。
終盤でその理由が分かったような気が… いや、でもそこまでは考えてないかな。

「メガボイジャー」は初期不良で回収されたようで、
実はメガの玩具売り上げは前後の作品より低くなってます。
モチーフが難しかったから2号ロボの企画が難航したのかも知れませんね。
「ボツ案がギンガマンの鋼星獣に転用された」という真偽不明の説を聞いたことがあります。
またPL法が95年から施行されて、玩具の規格も厳しくなったと聞いてます。
でわ
珍来 |  2011.12.26(月) 23:44 | URL |  【編集】

こんばんわ、メルシーステージさん

この記事にコメントを下さるなら
何かしら「メガレンジャー」や「97年という時期」に触れて欲しかったです。
「全然悪気は無く、気が付かなかった」んでしょうけど。

第十九幕です。 しばらく見ないパターンだったので私も「おっ」と思いました。
でわ
珍来 |  2011.12.26(月) 23:51 | URL |  【編集】

RVロボ、VRVロボ、サイレンダーの揃い踏みこそなかったですが
前作のカーレンジャーのクリスマスも総力戦でしたよね
kivaxtuto |  2016.02.29(月) 18:12 | URL |  【編集】

カーレン第41~3話をより発展させたのが、このお話でしょうね。
スカイギギューン、マリンザブーン、ランドズズーン って
「超神ビビューン」を絶対意識してたでしょう。


ゾンネット様は「愛人的悪のヒロイン」そのものでしたが、
終盤は「正義のヒロイン」的役割も果たしてますね。
でわ
珍来 |  2016.02.29(月) 21:59 | URL |  【編集】

「愛しのゾンネットちゃん」は逆にガイナモに惚れられてて
それを利用してこき使ってもしてましたが決して嫌ってる訳ではなく
ボーゾックをやめた後も中立的な立場を取っていましたね
kivaxtuto |  2016.03.01(火) 23:03 | URL |  【編集】

セクシー女性幹部は「首領の情婦」にしか見えなくても、
児童層メインの番組では総じてボカしてますね。
大人から見て「情婦」ではないのはおかしいのですが、
「何の事?」とトボけてる作品が多いです。

第45話でガイナモとゾンネントを結婚される案が出て、
暴走皇帝エグゾスが「かかる諸々の費用は余が全て出してやる」
と太っ腹ぶりを見せた事が印象に残ってます。
でわ
珍来 |  2016.03.02(水) 22:26 | URL |  【編集】

ストーリー面だと

その後のクリスマス戦がある戦隊は
子供達が楽しみにしているクリスマスを守る
みたいなのが強調されることもありますね
(後輩作品でも違うことは勿論ありますが)

メガレンジャーやカーレンジャーは作風的に
仲間内での絆、仲間内でのクリスマスが強調されてましたね
(カーレンジャーは劇中でもヒーローらしくない個人的な事と言われましたが
だからこそダップがみんなとの絆を再認識しましたね)
kivaxtuto |  2016.03.13(日) 19:24 | URL |  【編集】

カーレン以前の「クリスマス回」は印象に残ってないですね。
ヒマになったら放送回リストを見て調べてみようかな。

ニンニンでの「萬月」はクリスマス回の為の「思いつき」で
キツネを「新月」(非嫡出子)にしたのも最初からの予定ではなく
「思いつき」だそうです。 何も考えてなかったのかな。。。
最近では珍しい「行き当たりばったりな作品」だったようです。
でわ
珍来 |  2016.03.14(月) 00:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |