2012.03.07 (Wed)

双子大作戦 (入れ替わり その1)

管理人が知る限り、スーパー戦隊史上メンバー間で「心と体が入れ替わった」最初の例は…
14-36-a.jpg
星川レミ(ファイブイエロー)⇔星川文矢(ファイブブラック)の二卵性双生児の姉弟です。

サソリナマズギンのサソリ針とナマズショックで「魂?」が入れ替わり変身不能になりました。
14-36-b.jpg
息の合った双子を演じたのちの夫婦は2人で1人、第36話「双子大作戦」を紹介します。

「東映まんがまつり」でのスーパー戦隊シリーズの劇場版について、簡単な補足をします。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「心と体が入れ替わる」というお話は古今東西であるようですが「男女で」となると
日本では映画「転校生」(82、大林宣彦 監督)が良く知られていると思います。
転校生 [DVD]転校生 [DVD]
(2001/04/21)
小林聡美、尾美としのり 他

商品詳細を見る
私はこの作品を80年代後半にテレビ放送で視聴しました。
当時「性の知識」はありましたが、やや嫌悪感を感じた記憶があります。
「原作の設定・小学6年生を中学3年生に引き上げた」などの影響かも知れません。


でもファイブマンは約8年も後の作品なので上記の映画の影響とは考え難いです。
私は第36話を数年前に視聴した時、ふと「当時の裏番組で3年間も戦隊の脅威だった
『らんま1/2 熱闘編』(89年10月~92年9月)に対抗したのかな?」と思いました。

高橋留美子さん原作の格闘ラブコメ作品が幅広い年齢層の人気を集めました。

私も90年代末にケーブルテレビで視聴したことがあるので一応の知識はあります。
(主にサッカー観戦とスパロボに参戦した「巨大ロボットアニメ」を観るために契約しました)
かつての「強敵」を知ることは面白いので、いずれ記事に採り上げるかも知れません。


私の深読みで、単に「初の兄弟戦隊」だから「男女入れ替わり」ネタにOKが出たのかも。
14-36-c.jpg

入れ替わった 実写では姉弟でなければ生々しいですから。

何故か「文矢inレミ」(左)が文矢の声、「レミin文矢」(右)がレミの声で喋べるので違和感大!
(声帯などは同一なので口調が変わっても声自体は変わらないハズですが、流しましょう)

入れ替わったため変身不能! でも、もし「音声認識」なら「Vチェンジャー」を交換すれば…
14-36-1.jpg

どうした? ウッソ~! 変身出来ない! 

本作は男女で変身アイテムが異なり、男性は「ブレス」で女性は「コンパクト」でした。
「コンパクト」が不振だったことなど、本作の「玩具展開」は成功したとは言えませんでした。

「救世主」となったのは第28話で「HERO(ヒーローになる時、それは今)」を歌いながら
颯爽と登場した「初代艦長シュバリエ」(演:植村喜八郎さん、グリーンフラッシュ・ダイ)。
14-36-2.jpg

いや今は3人だけの「スリーマーン♪」かなw

歌が好きな伊達男は「女性層」、その独特の美意識は「やや高い年齢層」に支持されました。
14-36-3.jpg

女になったレッドも見たいモノだ! 素晴らしい発想!

学兄さんと数美さんを入れ替えるとは… 悪役なのに思わず応援したくなってしまいます。

更にタロットカードの「XIII 死神(Death)」を激しくライバル視する学兄さんに投げつける。
14-36-4.jpg

ファイブレッド、このカードがお前の道案内だ!

彼が敵組織「銀帝軍ゾーン」に「喝」を入れたことにより、本作の視聴率は急上昇しました。


「文矢inレミ」と「レミin文矢」は双子ならではのコンビネーションを生かした作戦を実行!

でも、もしも… 大丈夫よ、きっと戻れる! 

14-36-5.jpg

私達は2人で… 1人!!  励まし合い、抱き合う2人。

14-36-6.jpg
「腹話術?」で元に戻った演技をして、もう一度「サソリ針」を受けて元に戻ります。

変身も成功! サソリナマズギンを倒して、入れ替えられた人々と動物達を元に戻しました。
14-36-7.jpg

ファイブイエロー!!  ファイブブラック!!

演じた方々は共に大阪府出身ためか気が合い、撮影の合間には漫才状態だったそうです。
14-36-8.jpg

やれやれ元に戻ってもどうってことないかw

「マンネリ打破」のためか本作はそれ以前に観られなかった際どいエピソードが多いです。

レミ 役の早瀬恵子(現:成嶋涼)さんは文矢 役の小林良平さんとのちに御結婚されてます。

私が先日入手した「東映ヒーローMAX」Vol.22の「ファイブマン・スペシャル座談会」で…
東映ヒーローMAX Vol.22 (タツミムック)東映ヒーローMAX Vol.22 (タツミムック)
(2007/08/01)
不明

商品詳細を見る

「戦隊内恋愛」の話題でファイブレッド・学 役の藤 敏也さんに
撮影に入る前 番組の中でそういうことがあっちゃいけない
みたいな話されなかった?
 と厳しいツッコミを入れられ、
実は自分も当時の所属事務所から言われてたと認めた上で…

まぁ、それはそれ、これはこれということで…

…スイマセン。
 と仰ってましたw

(健 役の信達谷 圭さんも参加、旦那様と数美 役の宮田かずこ さんは不参加でした)
次回は「入れ替わり その2」の予定です。
でわ

P.S.
「東映まんがまつり」での「スーパー戦隊シリーズの劇場版」について。

75年7月の「秘密戦隊ゴレンジャー」以来、
87年7月の「光戦隊マスクマン」まで全ての作品が製作されましたが、
88年の「超獣戦隊ライブマン」は製作されませんでした。
同年に「仮面ライダーBLACK」の劇場版が2本製作されたからかも知れません。
89年3月の「高速戦隊ターボレンジャー」は製作されています。

しかし、90年3月は実写作品が無くなり「東映アニメまつり」にタイトル変更。

山口県のローカルCMですが、70年代80年代と比べて勢いが無くなったように感じます。
ドラゴンボールはともかく、他2作は60年代のリメイク…

「地球戦隊ファイブマン」~「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の3年間は製作されませんが、
「東映スーパーヒーローフェア」(93~5)として
「五星戦隊ダイレンジャー」~「超力戦隊オーレンジャー」の3年間は製作されました。
しかし「激走戦隊カーレンジャー」~「未来戦隊タイムレンジャー」の
5年間は製作されませんでした。 その後の作品の劇場版については次回触れます。

劇場版が製作されなかった3年間と5年間はスーパー戦隊シリーズにとって
「苦しい時期」だったでしょうが「力を溜めた時期」とも言えると思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:30  |  14.地球

Comment

 ファイブマンはほとんど観ていない唯一?の戦隊で多くを語る立場ではないのですが、一度は全話観てみたいと思っています。印象としてはレッドの長男が妙に落ち着いて見えました。
 たしかにこの時期らんまの方を観ていました。その後のジェットマンからは録画して観てました。
 まんがまつりも仮面ライダーブラックの時に行ってみようかなあって思いましたが本数も減りあまり盛り上がっていなかった気はします。
 
toshi |  2012.03.08(木) 07:05 | URL |  【編集】

まあ

レミ先生&文矢先生の結婚は

今となっては笑い話って事で^^

お互い好き同士ならいいじゃないですか。

迷走していたって言われているファイブマンですがリアルタイムで見ていた僕は好きな作品です。

ファイブマンのお陰で喜八さんの存在も知り、フラッシュマンも知り

レミ先生のお陰でカクレンジャーも知れたのですから・・・
とら |  2012.03.08(木) 08:34 | URL |  【編集】

あとそれと

僕小説書いてまして・・・

ジェットマンvsファイブマンってのを。

良かったら見てください。

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=873064
とら |  2012.03.08(木) 22:22 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん

90年頃、私は戦隊が継続してることも放送時間変更も知りませんでした。
アニメは漫画原作とリメイクばかりと思っていて興味がありませんでした。

「東映アニメまつり」は同年7月に「東映アニメフェア」と改称して02年7月まで続きました。
95年に頼みのドラゴンボールが連載終了した頃は景気もドン底で
存続が危ぶまれる状態だったんじゃないかと思います。

「らんま1/2」は90年代末頃にカートゥーンネットワークで視聴しました。
「東風先生」をオミットした「熱闘編」から人気が出たようですね。
「ファイブマン」は近年全話視聴しましたが「優し過ぎる長男」学兄さんは良い感じと思いました。
でわ
珍来 |  2012.03.08(木) 23:34 | URL |  【編集】

こんばんわ、とらさん

「スイマセン」の後に藤さんは
「いや、いいよいいよ。……って、僕が言うことじゃないけど」
と仰ってますよ。

正直、前半は迷走を感じましたが、シュバリエ登場からは見事にV字回復してると思いました。

欲を言えば、父母と再会するのは最終回だけではなく、
スターファイブ入手後から少しずつ描いて欲しかったです。
小説は最終回の後日談ですか、続き楽しみにしています。
でわ
珍来 |  2012.03.08(木) 23:47 | URL |  【編集】

プリキュアでは味方の妖精と入れ替わった事があるので
喋るサポートロボや味方の怪人と入れ替わり変身も出来たら
そういうのには独自の口癖があるので面白くなりそうですかね。
kivaxtuto |  2012.03.09(金) 22:49 | URL |  【編集】

こんばんわ、kivaxtutoさん

プリキュアでありましたか。
漫画やアニメでも色々見た気がしますが、思い出せません。
ドラえもんでは、のび太がアイドルと入れ替わったような気がします。
ルパン三世でもルパンと老人が入れ替わって、銭型警部を捨て駒にして元に戻りましたw

戦隊では私が思い出せる範囲で、変身メンバー間の入れ替わりは4例あります。
いずれも面白いお話なので順次紹介する予定です。

ゴーオンGP-12「走輔バンキ!?」では走輔とハツデンバンキが入れ替わりました。
変身メンバーと怪人と入れ替わったのは多分それだけだと思います。
これも非常に面白かったのですが… どうしようかな。
でわ
珍来 |  2012.03.10(土) 00:14 | URL |  【編集】

ゴーゴーファイブでもマトイとマトイのお見合い相手が
象とかの怪人と入れ替わりましたが、
自分は味方側の非戦隊キャラとの入れ替わりが観たいですね。
kivaxtuto |  2012.03.10(土) 02:56 | URL |  【編集】

ゴーゴーファイブ第37話「美女がサイマ獣!?」ですね。
石橋けいさん演じる「乾つぐみ」が「忍耐力サイマ獣ガルバリア」と入れ替わりました。
その時は声が入れ替わってなくて、石橋さんの怪演が光りました。
マトイ兄とガルバリアも入れ替わりました。

ライブマンで怪人になった少年が居ましたが
あれは入れ替わったような… ちょっと思い出せないです。
他にも色々あったような気がしますね。
でわ
珍来 |  2012.03.10(土) 11:40 | URL |  【編集】

だいぶ前に小林良平氏と早瀬恵子さんは離婚したらしいですね。
マイベイ |  2015.12.19(土) 01:00 | URL |  【編集】

その情報は…

把握してました。
でもワザワザ書く事もないかと思ってました。
レッドレーサーとデカピンクもそうらしいですね。
でわ
珍来 |  2015.12.19(土) 07:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |