2012.03.14 (Wed)

あべこべ姉妹 (入れ替わり その3)

胸と股間を触って確認する「魁in芳香」(右)と「芳香in魁」(左)、姉と弟だから許されましたw
29-39-1.jpg

無い、無い、有る、ヤ~だ! アニキのエプロンで手を拭くな!

無い、有る、ちょっと有る、無い、ウェ! 「乳」と「金」。

声が入れ替わってないので爆笑しました。 「麗ちゃんと比べれば少ししかない」とかw
29-39-2.jpg

何が無いんだ? 先生は聞いちゃダメ~!

戦隊がラブコメしてて驚いた、Stage.39「あべこべ姉弟〜マジュナ・ジルマ〜」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

私は本作のStage.8で10年ぶり2度目の戦隊復帰をしました。 放送時間変更を知らず、
最初は「まだ続いてたんだ! なんで日曜早朝にやってるの?」と疑問と不安を感じました。

アイドルみたいな女性出演者が多く「ラブコメ」的展開になったことも驚きでしたね。
とにかく子供時代、学生時代に観た作品と違い過ぎて「カルチャーショック」を受けました。

「通りすがりのポスト」が見守る前で、魁と山崎さんのラブコメ。 いきなり「女の武器」発動!
29-39-3.jpg

泣かないでよ、俺そう言うの弱いんだ。 やや反則。

魁が「末っ子」(演じた橋本淳さんは当時「最年少レッド」)であることに時代を感じました。

インフェルシアの「神々の谷」では「冥府神トード」がナイとメアに白い液体で「悪戯」する。
29-39-4.jpg

面白い毒、ぶっかけてやったからな! ややエロ。

遅効性の毒で翌日から魂が入れ替わります。 ナイメアの場合「喋る順番」が変わりました。

芳香ちゃんの「ボーイフレンドが大勢居る」という設定は戦隊ヒロインとして空前絶後です。
29-39-4a.jpg

今週はちょっと少ないけど15人 15股? 有り得ないだろ

演じた別府あゆみさんは当時「イエローキャブ」(巨乳グラドルで一世を風靡)所属でした。

「闇の戒律」を破って、トード出現! 行方不明の母・深雪の手掛かりを問いただします。
(年末年始に母の復帰が描かれ盛り上がりました。 終盤は「家族戦隊」に昇華します)
29-39-5.jpg

「茨の園」とやらを司っているのはお前か? ……い~や

ナイメアと同じ毒をぶっかけられてしまいます。 やはりスーツでも防御不可でした。


翌朝の大騒ぎを収めるために、翼はヘッドホンを被って「マンドラ坊や」を引っこ抜く!
(その悲鳴を聞くとフツウの人間は即死ですが、魔法使いは耐性があり気絶程度で済みます)
29-39-6.jpg

芳姉とコイツの魂が入れ替わっちまったのか 

マンドラにとって「根」(下半身)を見られることは耐え難い「辱め」なのかも知れません。
すすり泣きをしてますが、クールな翼は全く意にも介してませんw

魁in芳香は姉のデートスケジュールを渋々こなしますが「修羅場」に巻き込まれます。
「僕を君のたった一人の王子様にしてくれ!」と懇願する男に激しく同意!!
29-39-7.jpg

そうですよ、全くその通りだ! 表情が実に「男前」です。

芳香in魁は学園生活を楽しみます。 つい女子トイレに入って弟の名誉を傷つけました。
仕草が「フェミ男」してます。 何とか弟と山崎さんの関係を修復しようとしますが…
29-39-8.jpg

小津君の事が心配なんだよ!「熱い想い」をぶつけられます。


「冥府神ゴーゴン」が「神罰執行」で来襲! 魁in芳香は「大股開き」で現場にダッシュw
29-39-9.jpg

兄ちゃん、姉ちゃん! うん、よーし行くわよ! 

「マージフォン」を交換しても変身不可! それぞれの「天空聖者」が認証しませんでした。
ガオレンジャー以来の「携帯電話型変身アイテム」でバカ売れしたようです。
本作は「女児人気」も高く、前半の玩具と関連グッズの売り上げは非常に好調でした。

魁in芳香は15人全員と別れて来ました。芳香in魁を「そんなの恋愛じゃない!」と一喝します。
29-39-11.jpg

相手が本当に大事な人だったら、
もっと熱くなって夢中になって突進していくだろ! 
あっちにもこっちにもフラフラしている芳香姉ちゃんには、
そんな「熱い想い」が無いじゃんか!!
 …「熱い想い」…

魁in芳香に「恋愛指南」された芳香in魁の「王子様達を諦める勇気?」に魔法が応えました。
29-39-10.jpg

マジュナ・ジルマ 「大股開き」 何とかゴーゴンを撤退させました。

第3部・Stage.35からの「冥府十神」との戦いは「総力戦」の連発で盛り上がりました。

本作の視聴率は平均、最高共に21世紀の作品では「ガオレンジャー」に次ぐ高さでしたが、
第3部であまりにも苦戦が目立ち過ぎたためか後半の玩具の売り上げは不振でした。


Stage.40「蛇女の庭 〜マジーネ・ルルド〜」では逆に魁in芳香が芳香in魁から
「チームワーク」を学びます。「入れ替わり」によって姉と弟の成長が描かれました。
29-40-4.jpg

そうですよね、私の「愛しの魔法使い様」だもの

劇場版で「魁=愛しのマジレッド様」に気付いた勘の良い山崎さんですが、
さすがに「入れ替わり」には気付かない。 彼女のつぶやきは魁in芳香には聞こえません。

魁と芳香(及びナイとメア)は「冥府神スフィンクス」の助力により元に戻りました。
29-40-1.jpg

有る、有る、無い! 元に戻った、何で? 

股間を触って確認するカットが欲しかった。 更に「冥府の女神」同志の弩迫力の睨み合い!

同じ三賢神として… 恥ずかしいんだよ!

29-40-2a.jpg

あんたいつか死ぬわよ、仲間に粛清されてね

「冥府十神」は終盤に突如現れ、それぞれ強烈な個性とインパクトを遺したので、

特撮ファンの中には「仮面ライダーストロンガー」(75)の「デルザー軍団」に例えて、
冥府十神

「戦隊シリーズのデルザー軍団」 と呼ぶ人も居ました。

冥府十神 声優陣
<画像追加>デザインが最早「芸術」の域まで達し、声優陣も錚々たる実力派揃いです。


私は本作にハマり最終回まで観ましたが、その頃に次回作「轟轟戦隊ボウケンジャー」が
「30作目」ということで新聞の文化欄で特集を組まれたのを読みました。 確か…

石油危機後の混乱期に始まり、平成不況も乗り越えた
「スーパー戦隊シリーズ」には学ぶべき点が多い
 みたいな

「えぇ~っ! そこまで言うか」と私ですら思ったくらい非常に好意的な内容でした。
私はそれまで「シリーズ物」「リメイク物」「長寿物」を何となく否定的に捉えてましたが、
「戦隊だけは観てなかった時期の作品も観てみたいな…」と漠然と思い始めたのです。

次回は「入れ替わり その4」の予定でしたが、急遽「番外編」として
「変身メンバーと怪人が入れ替わったお話集」をします。
(割り込み記事なので更新は3/18(日)のPMになると思います)
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  29.魔法

Comment

格メンバーにはそれぞれ個性があるものなので
自分が入れ替わって欲しかった組み合わせもあるんですよね~

そういえばゴーオンジャーでは違う炎神ソウルを入れた事で
中身が違うケースが生まれましたね。
kivaxtuto |  2012.03.14(水) 08:39 | URL |  【編集】

 途中中断があるウルトラやライダーと違いBFからはとぎれてないのが戦隊のすごいところですね。
 この回はよく覚えてます。こうしてみると入れ替わりはスタンダードなストーリーな感じがしますね。
 あと芳香がゴーカイのラストで出演したのが嬉しかったです。
 ゴセイより背景がしっかりしていたので魔法でも違和感なく見ることができたと思っています。
toshi |  2012.03.14(水) 21:03 | URL |  【編集】

こんばんわ、kivaxtuto さん

ゴーオンジャーGP-14「毎日ドキドキ」では
ベアールinバスオンがキャリゲーターinベアールに
「イヤァ~! 乙女の体返してぇ~!」と抗議してましたw
これも変身メンバーではないけど、正側での異性間「入れ替わり」ですね。

変身メンバーが怪人と入れ替わるのはデカレンジャーでもありました。
現在までの私が思い出せた範囲では過去に「4回」あります。
でわ
珍来 |  2012.03.14(水) 23:21 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん

ボウケンジャーが始まる前後の時期には
新聞雑誌で様々な特集記事が組まれていて、いくつか読みました。
「放送年表」には未視聴の作品も多かったので興味をそそられましたね。
「全部観てみよう」と思ったのは、冒険の「30戦隊大百科」を観てからですが。

この回は最大限に「入れ替わり」を活用してますよね。
魁、山崎さん、芳香ちゃんの3人ともゴーカイに出演されました。
「護星界」も「マジトピア」「インフェルシア」のように描写して欲しかったです。
でわ
珍来 |  2012.03.14(水) 23:50 | URL |  【編集】

何がないんだ?

「ない、ない、ある・・・」はおもしろかったですね。
ヒカル先生が大まじめに質問するところもかなり笑いました。

山崎さんの清楚な感じが好きだったので、
ゴーカイジャーの第50話に出演していたのはうれしかったです。
バカシブ |  2012.03.15(木) 21:05 | URL |  【編集】

こんばんわ、バカシブさん

あそこでボケられるのはヒカル先生だけですねw
別府あゆみさんより甲斐麻美さんの方が「大きい」ですが、
劇場版の漫画版ではお姉さんの方が「大きい」ように描かれてました。
このブログの「プロフィール」に使ったイラストは
どなたかが改造して「増量」させた画像を使わせて頂いてます。

ゴーカイでの山崎さんの画像は後で追加するかも知れません。
マジレッド様を思い続けてるようですが、魁にはまだやるべきことがあるのかも。
でわ
珍来 |  2012.03.15(木) 22:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |