2012.04.18 (Wed)

キケンな熱暴走!

リュウジが「熱暴走」した姿をヨーコちゃんは13年間で一度も見たことがありませんでした。
36-5-1.jpg

リュウさん、私ヨーコだよ! 分かるでしょ?

彼は凶暴で好戦的な性格に変貌しましたが、彼女の事はちゃんと認識していたようです。
36-5-2.jpg

まとわり付かれるのは好きじゃねぇな!!!

幼い頃の管理人が観たら大ショックを受けた、Mission5「キケンな熱暴走!」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

本作(以下GB)では3人の子供達が「ワクチンプログラム」を移植されて長所と短所を
得たので(昭和)仮面ライダーシリーズ的な「生身の身体を失った悲哀」までは行かなくても
「フツウの人間ではなくなった悲哀」が描かれると思います。
多くの「パターン破り」が見られますが、管理人的はそこが最も「楽しみ」且つ「心配」です。

「13年前の事件」(当時リュウジ15歳、ヨーコ3歳、ヒロム7歳)で彼らの”絆”は結ばれました。
36-5-3.jpg

「きっと元に戻す」 号泣するヨーコちゃんにヒロムがした「約束」。

ヒロムの父母は消息不明になり、ゴリサキの話ではヨーコちゃんの母もそうなったようです。
リュウジはマシンエンジニアになるという将来の夢を(戦いが終わるまで?)捨てました。


敵・ヴァグラスの戦力は等身大ロボの「メタロイド」と巨大ロボの「メガゾード」です。
36-5-4.jpg

便宜上「α」「β」「γ」と呼ぶことにしました。

(素体メガゾード3種、左からスピード型α、パワー型β、強化バトル型γ、良いデザインです)
GBでは巨大戦にもドラマを持たせる方針のようです。 それがもっとハッキリして来たら
BFJ以降のシリーズの「巨大戦の変遷」を記事でまとめてみようと思います。

Mission2「13年前の約束」でヨーコちゃんのヒロムに対する好感度は急上昇しました。
3歳で覚えてた方がスゴいかな、でもそれ以来「戦うこと」ばかり教わって来たのかも…
36-5-5.jpg

「事実は小説より奇なり」 「案ずるより産むが易し」が正解?

後ろでズッコケたのは「亜空間分析」と「メガゾードの転送時間予測」担当の仲村ミホちゃん。

敵首領メサイアの分身的存在の「エンター」、キザでフランス語を多用しますが「人間臭い」。
36-5-a.jpg

私のためにあんなにエネトロンを用意して頂けるとは♪

彼は第3話で「メタロイド5、6体分のエネトロンを集め一気に動いた方が…」と
進言しましたが「今すぐ!」と却下されました。 上司がアホで苦労しているようです。
(ヒーロー物、巨大ロボ物の”永遠の謎”に明解な回答がなされてました)


タイヤロイドとタイマンして「パワー」を使い過ぎたリュウジは「熱暴走」してしまいました。
36-5-6.jpg

地獄に堕ちろ! 怪人をAパートで一方的に倒す驚異の強さを発揮!

管理人は「ヒーローの3原則」は「正しさ」「強さ」「優しさ」だと思ってます。
熱暴走して正気を失ったリュウジは「正しさ」を失ったので、視聴者にショックを与えます。


ゴリサキが駆け付けた頃、彼は力を使い果たし倒れました。 彼女は泣き出してしまいます。
36-5-7.jpg

ヨーコ! ウソ? 泣いちゃったよ… まだ「16歳」…

大人ならそう思うでしょうが、子供にとっては十分「お姉さん」で大ショックを受けるでしょう。

管理人は何らかの書籍で「70年代ヒーローは絶対に泣いてはいけなかった」という
趣旨の記述を読んだことがあります。「子供は理解力が低いので、泣いてる理由が伝わらず、
ただ泣いていることだけに強いショックを受けて”弱い”と思ってしまうから」だそうです。

ヨーコちゃんは任務に復帰しますが、リュウジに言われたことが大ショックだったようです。

泣いたんだ? 全然! 思ったことをすぐ口にするヒロムは…
  
非常に使命感が強く努力家ですが「優しさ」に欠けるので、ショックを受ける人は多いでしょう。
36-5-8.jpg

あんなの全然リュウさんじゃない!

でも「ハンカチを渡す」くらいでも好感度が上がるので「いつも優しい人」より得かな。
この辺はワザと「ヒーローとして不完全、成長途中」に描いてますね。


ヨーコちゃんはウサダの差し入れで冷静になり、リュウジの13年間の気遣いに気付きます。

一度も見たこと無いなんて、よっぽど

リュウさんが気をつけてくれてたってことだ


36-5-9.jpg

長い間ずっと甘えてた。 彼女は今「大人」になったのかも。   


ヒロムの長所は「スピード」ですが「ニワトリ」で5分間「フリーズ」してしまいます。

気をしっかり持て、生写真じゃないぞ!

36-5-10.jpg

分かってる… フリーズは… してない…

単語やイラストでも「動作不良」。 鶏肉を間違って食べたら一体どうなるのか?
おそらく「13年前に一番怖かったモノ」でしょう。 リュウジは「自分」が怖かったのかな…

13年間、実の兄よりも優しく接してくれたリュウジに感謝するヨーコちゃん。
36-5-11.jpg

今までありがとう。 マスクの下で彼女は泣いてるような気がします。

ヨーコちゃんは頻繁にカロリー摂取しないと「充電切れ」になってしまいます。
36-5-12.jpg

充電切れた… 3歳の頃のヨーコちゃんが一番怖かったのは「空腹」かな。

長所は「脚線美」ではなく「脚力」。 ジャンプだけじゃなく、もっとキックして欲しいですね。

管理人が幼い頃に、このお話のヨーコちゃんを観たら大ショックを受けただろうけど…

「泣いたから弱い」ではなく「何となく気になっちゃう」ような気がしますね。
気になってる内に「脚線美」にも目覚めるかも知れませんw

宇佐美ヨーコ役の小宮有紗さん(18歳)のインタビュー記事。
36-5-13.jpg
きつく結んだポニーテールは役柄的に「幼さ」を前面に出すためかな。
ポニテ好きの管理人としてはフンワリ結んだ方が似合うと思いますね。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:30  |  36.特命

Comment

レッツ、モーフィン!

Mission5は
 ◆ショックのあまり号泣するヨーコ
 ◆ヒロムが余計なことを言わないかソワソワするニック
 ◆「お父さんみたい」と言うゴリサキに対して
  「お兄さん」と強調するリュウさん
など、みどころいっぱいでおもしろかったです。

スーパー戦隊シリーズで変身バンクがないのは新鮮ですね。
次回はヨーコとウサダのケンカが見られるので、これからも楽しみです。
バカシブ |  2012.04.19(木) 18:13 | URL |  【編集】

ゴーバス

某掲示板では色々言われてますが

僕はリアル路線で結構気にってます。

三人の弱点をどう脚本に生かすのか・・・

終盤で克服するのか、それとも・・・。

これを疎かにしてほしくないですね。

それとヨーコちゃんは同郷出身なので

頑張ってほしいです^^。

追伸、彼は第3話で「メタロイド5、6体分のエネトロンを集め一気に動いた方が…」と
進言しましたが「今すぐ!」と却下されました。 上司がアホで苦労しているようです。


って書いてありますが、上司は上司で「大人の事情」が有るからだと思います(苦笑)。

時間かかったら巨大戦出来なくなっちゃうでしょ!!ってバン○イの事情が(苦笑)。
とら |  2012.04.19(木) 19:20 | URL |  【編集】

 プレミアム発表会で間近で見てからすっかりヨーコファンになりましたがキックが得意(らしい)設定がペギーに似ているのにあまり活かされてないのは残念なところです。まあ今後に期待したいですが。
toshi |  2012.04.19(木) 19:24 | URL |  【編集】

こんばんわ、バカシブさん

仰る通りMission5は見所一杯でした。
個人的にはOPのタイトルコールが無いことにも驚きました。
Mission9も楽しみです。
でわ
珍来 |  2012.04.19(木) 22:05 | URL |  【編集】

こんばんわ、とらさん

私も結構気に入ってます。 心配なのは
「エネトロンを巡る攻防ばかりになるのか」と
「ヒロムのキャラが受け入れられるか」と
「ヒーローの悲哀が前面に出過ぎないか」など多いですがw

3人の弱点は克服できるモノではなく、それぞれ注意して、
互いに助け合うしかないんじゃないかと思います。

エンターはメサイアを「こらえ性が無いのも困ったものです」と評してました。
彼は有能みたいなので、近い話数でメタロイド5、6体転送は実現すると思ってます。
でわ
珍来 |  2012.04.19(木) 22:29 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん

私も「長所は脚力」と聞いて、キックを多用すると期待してました。
歴代ヒロインで誰が脚線美「最高」かは決めにくいのですが、
小宮さんは歴代「屈指」の美脚だと思ってます。

リュウジもパンチを多用すべきですよね。 現在までの所、
格闘シーンにそれぞれの長所があまり生かされていないのは勿体無いです。
でわ
珍来 |  2012.04.19(木) 22:38 | URL |  【編集】

ヨーコの未熟さと言えば予告映像や雑誌を見たら分かりますが
スーパーヒーロー大戦では悪く言えば損な役回りですね。

実年齢より下or上の役やキャラ設定などで
容姿に気を使うのは良くある事ですね。
(最近ではフォーゼの福士君ですか)

ゴーバスで期待してる事は仲村役の西平風香さんが空手経験者なので
彼女のアクションシーンを入れる事で
創作作品では良くあるギャップですかね。
kivaxtuto |  2012.04.20(金) 05:53 | URL |  【編集】

こんばんわ、kivaxtuto さん

学園モノでも実年齢より演技力その他を優先することが多いようですね。

ヨーコは幼さがあって損な役回りですが、演じる小宮さんには頑張って欲しいです。
様々な制約の中でもキャラを魅力的に見せる術はあると思います。

西平風香さんはアクションもできる女優が目標のようですね。
彼女が追加戦士なのかな? とちょっと思ってます。
GBが最後まで3人の可能性は無いでしょう。
でも「初期3人戦隊」も恒例化したので何らかのアイディアが必要でしょう。
でわ
珍来 |  2012.04.20(金) 23:43 | URL |  【編集】

なんか劇中のヨーコよりも
普段の小宮さんの方が可愛く見えます。
髪もサラサラしていた方が華があるような
戦隊レックス |  2012.05.06(日) 09:42 | URL |  【編集】

こんにちは、戦隊レックスさん 

「それを言っちゃおしまい」ですよ。
他の媒体で見る小宮さんは年齢より大人っぽいですね。
髪もサラサラしてますから、ポニテをやるなら遅れ毛をクルクルっと出して
フワフワっと可愛い大きめのリボンでまとめて欲しいですね。

「幼さ」を前面に出した役で「おバカ」みたいですけど
「女優の宿命」みたいなモノですから頑張って魅力的に演じて欲しいと思います。
でわ
珍来 |  2012.05.06(日) 13:28 | URL |  【編集】

なんか熱暴走が・・・・

リュウジの熱暴走がガンダムucのユニコーンガンダムのデストロイモードと仮面ライダーオーズのプトティラコンボに似てるような気がします。
バナージ・リンクス |  2012.05.25(金) 21:44 | URL |  【編集】

初めまして、バナージ・リンクス さん

ユニコーンガンダムがどんなモノか分からなくてレス遅れました。
まぁ似てますね。
でわ
珍来 |  2012.05.27(日) 16:00 | URL |  【編集】

コメントさせて頂きます

特命戦隊ゴーバスターズもあと1話で終了です、今年の6月にはOVAが発売されるなどメディアミックス展開がありますが、私としましては1年間ゴーバスターズを見てきて超電子バイオマン以来の巨大ロボ戦に力を入れたりなど前作の海賊戦隊ゴーカイジャーと同じく意欲作だったと私は思います、バイオマンが等身大戦でジューノイド5獣士(のちに3獣士)と戦い、巨大戦では毎回違う巨大ロボットと戦うと言う逆のパターンをやってのけましたからね、バイオマンはストーリー展開ではイエローフォー役の矢島由紀の降板とレッドワン役の阪本良介のバイク事故があり破錠してしまった部分がありましたがゴーバスターズは役者さんのアクシデントもなく成功したのではないかと思います、巨大戦に力を入れた戦隊がまた制作されるといいかなと思っています。
あさばよしゆき |  2013.02.03(日) 20:41 | URL |  【編集】

お久しぶりです、あさばよしゆき さん

実は昨日「ゴーバスVSゴーカイ」を観て来ました。
「詰め込み過ぎ」と感じましたが、力が篭ってる点を褒めるべきだと思います。
巨大戦でレンジャーキーが生かされた点は完全に意表を突かれましたね。
ゴーバスターオーがシステムダウンしたシーンでは館内から悲鳴が聴こえました。
本当に巨大戦に力が入ってましたが、それ以外も良かったです。

バイオマンはアクシデントが多くて、やろうとした事が出来なかった感じはしますね。
それに強引でも「良心回路」を出したかったのかな… と思います。

キョウリュウジャーも何があるか分かりませんから注目しましょう。
そんなに「安全牌」的な作りではない予感がします。
でわ
珍来 |  2013.02.03(日) 23:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |