2012.04.25 (Wed)

立花藤兵衛 (おやっさん)

「テレビ探偵団」に小林昭二さん(96.8/27、満65歳没)がゲスト出演された回(90.7/29)は
非常に濃い内容で、管理人は「仮面ライダーシリーズ」に対する認識を新たにしました。
仮面ライダーX

仮面ライダーは敗れても敗れても立ち上がった

立花藤兵衛(おやっさん)は「7人ライダー」の後見人として、彼らを父のように支えました。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

管理人は幼少時に「仮面ライダーシリーズ」を再放送で少しだけ観たので
「仮面ノリダー」(88~90)以前にも「立花藤兵衛」を「見覚えがある」くらいに知ってました。
イラッとする方も多いと思いますが、正直言ってそうだったんです。
今回の記事は掘り下げが足りなくてすいません。 これが管理人の限界なんです。

天本英世さん(2003.3/23、満77歳没)が演じた超人気悪役「死神博士」(怪人態:イカデビル)に
おやっさんが特訓するシーンは直撃世代に絶大なインパクトを与えたようです。
(番組名と放送年、出演者と当時の年齢がテロップされたシーンを重点的にキャプしました)
死神博士

何やってんだ! そんなことで仮面ライダーに

勝てると思ったら大間違いだ!!
 有り得ない…

あまりにも出演作が多いためか、小林さんはこのシーンを覚えてらっしゃらなかったようで
「博愛主義者だったんですね」と仰ってますが、本当は敵の弱点を知るためです。

「ライダーガール」のリクエスト。
キノコモルグ
観ていた私は吃驚! 根強い人気があるようですね。 


管理人は「ウルトラシリーズ」については「仮面ライダーシリーズ」よりも知識がありません。
ウルトラマン 第28話
「ムラマツ隊長」を演じられてました。

有名な「(カレーライスの)スプーンで変身シーン」
ウルトラマン 第34話
製作現場では色々と物議を醸したようですね。

科学特捜隊の制服を後ろ前に着てしまったシーン。
後ろ前
当時を思い出して楽しげに微笑む小林さんが印象的でした。

管理人は「ウルトラQ」という番組の存在をこの放送で初めて知りました。
ウルトラQ
驚いてると、更に貴重な映像「ウルトラマン誕生」。
ウルトラマン誕生
「ウルトラシリーズ」と「仮面ライダーシリーズ」に多大な貢献をされた方だと認識しました。

ラストは当時の女子高生(現在38~39歳)から「仮面ライダーの曲」がリクエストされました。
私は「高校生で仮面ライダーを知らないの!?」と驚きましたが…
7人ライダー
7人ライダーが勢揃いしてる映像が流れて吃驚しました。
この放送まで私は「仮面ライダーはいつも一人で戦ってる」と思い込んでいたのです。

今観るとレギュラー陣と観客のリアクションには、私も少しイラッとする所があります。
(当時イラッとしなかったのに今するのは、私が「特ヲタ」の端くれになった証拠w)

大らかな気持ちでご覧下さい。 残念ながら前半の冒頭部分が数分切れてますね。

私はこの放送で「仮面ライダーシリーズ」に関心を持ち、色々と本を読みました。


その中で「立花藤兵衛 語録」という雑誌の記事があり、
おやっさんが7人ライダーを「息子」のように思って様々なアドバイスをしたことを知りました。
その中で特に印象に残ったのはストロンガー・城茂に言った一言でした。
次回はその一言があったお話について。
でわ

<追記>
私はその後「(大人向けの)特撮関係の書籍」を興味を持って読むようになりました。
その分野はそれまで「スケバン刑事」関連の書籍しか読んだことがなかったので、
この放送は管理人を「特ヲタ」にしたきっかけでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:50  |  バラエティ番組

Comment

 初期ライダーには立花藤兵衛ことおやっさんは欠かせませんね。だんだんコメディリリーフ的になっていったのは少々残念でしたが後見人でトレーナーな存在は主人公以上のものがあったと思ってます。
 
toshi |  2012.04.26(木) 07:17 | URL |  【編集】

永遠のおやっさん

ご無沙汰してます。

小林昭二さんと言えば、「おやっさん」のイメージしかありません。

本家仮面ライダーのみならず、仮面ノリダーにまで立花藤兵衛そのままの役で出演されていて、ギャグシーンもこなしていたのは笑えました。

個人的には、ノリダーが怪人を倒した後のエンディングで、男の子が「おやっさん!」と言うべきところを「おっさん!」と言ってしまい、木梨さん演じるタケシが「おっさんじゃねえよ!」と突っ込み、「じゃみんなで歌おうか!」と強引に和やかなエンディングに持って行ったのを強烈に覚えてます。

あと、小林さんは西部警察PART2、3にも南長太郎刑事(通称チョーさん、三代目おやっさん)役で出演されていて、ここでも「おやっさん」と呼ばれていました。

ネットで過去に入手した情報によると、「子供ものに小林さんを出すと当たる」と言われる程、小林さん=特撮ヒーローもの&おやっさんというイメージがあったらしいです。

スーパーZやRS-1、2、3といった、市販車を改造した特殊車両の導入で子供の視聴者層も取り込もうという狙いがあった西部警察も、これにあやかってベテラン刑事役に起用したそうですが、歴代おやっさん刑事の中では、小林さん演じる南刑事が一番元気でした。

記憶が正しければ、小林さんをテレビで最後に拝見したのは、田村正和さん主演の「警部補・古畑任三郎」だったと思います。
「vs.米沢八段」の回で、歌舞伎役者の坂東三津五郎さん(当時は坂東八十助)演じる棋士の米沢八段の不正を指摘したことで
、口封じのために米沢八段に撲殺される審査員役でした。
T-yoko |  2012.04.26(木) 19:25 | URL |  【編集】

こんばんわ、toshiさん

「ストロンガー」第3話から出演されてましたが、コメディリリーフ的でした。
1号以外は「オヤジさん」、タックル・岬ユリ子は「オジさん」と
呼んでるようですが、どうしても「おやっさん」と聞こえてしまいます。

次の記事でも「おやっさん」で統一しましたが、あとでちょっと直すかも。
土曜日に遊びに行くので、日曜の更新は例によって遅くなるかも知れません。
でわ
珍来 |  2012.04.26(木) 22:36 | URL |  【編集】

こんばんわ、T-yokoさん

「ムラマツキャップ」の印象が強い方もいらっしゃるでしょうが、
私も「おやっさん」のイメージですね。
ノリダーは小林さんが出演されてたので時々観ました。

小林さんは「西部警察」や多くの時代劇にも出演されてますが、
そちらは観た記憶がありません
私は将棋ファンなので「米沢八段」というネーミングはヤバいと思いました。
でわ
珍来 |  2012.04.26(木) 23:37 | URL |  【編集】

こんにちわ

小林さん=おやっさんのイメージは強いですね。

フジTVのパロディ「仮面ノリダー」にも出演されてましたし(しかもおやっさん役)、お亡くなりになった時も宮内さんが葬儀で「おやっさんは俺たちの心の中で生きてる」って発言もありましたし、人間的にもホント「おやっさん」だったのだと思ってます。

追伸、小林さんが出演している古畑のDVDには五星戦隊ダイレンジャーのシシレンジャーで有名な能見達也さんもご出演しています。(笑福亭鶴瓶さんが犯人回のです)。レストランのボーイさん役でご出演されてます。(僕古畑任三郎も好きなんです)
とら |  2012.05.01(火) 15:11 | URL |  【編集】

こんばんわ、とらさん

「テレビ探偵団」では様々な特撮番組が採り上げられてましたが、
本格的に興味を持ったのは小林さんが出演された回からです。
それ以前の私が持っていた仮面ライダーの知識は本文に書いてある程度ですw

でも93年頃からスポーツ中継以外は段々テレビを観なくなって、
95年に「テレビ離れ」してたので「古畑任三郎」シリーズは全く観てませんね。 
芸能(アイドル)や特撮に関する興味も、その後10年間は全く無くなってしまいました。
96年に小林さんがお亡くなりになった件は、99年にインターネットで初めて知りました。

私は今日から黄金週間に入ったので「小説」を読ませて頂きます。
感想もいずれ、色々参考にして私も…
「大戦隊ゴーグルファイブ VS 科学戦隊ダイナマン」とか書こうかなw
でわ
珍来 |  2012.05.01(火) 22:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |