2012.05.02 (Wed)

集団ヒーローブーム(75~7)

「秘密戦隊ゴレンジャー」(75~7)の大ヒットを受けて製作された「アクマイザー3」(75~6)。
Akumaizer3.jpg

ザラード! イラード! ガラード! モデルは「三銃士」。

原作は「ゴレンジャー」と同じく石ノ森章太郎大先生でした。 続編が「超神ビビューン」(76-7)。
Chojin Bibyun
超神ビビューン・月村圭(演:荒木茂さん)と超神ズシーン・渡部剛((演:打田康比古さん)、
仮面ライダーストロンガーとアポロガイスト(仮面ライダーXの宿敵)の共演が見られました。

「変身ブーム」(71~4)の後に見られた「集団ヒーローブーム」(管理人の造語)について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「狂乱物価」(74)による製作費高騰の影響のためか「低予算番組」ばかりです。
「ブレーキが掛かった時代」に「ポスト・変身ブーム」を模索していたのかも知れません。

「アクマイザー3」はフランスの小説「三銃士」(「ダルタニャン物語」の第1部)がモデルです。
Akumaizer 3 ep02 from #SFX-Japan.flv_000202200
第2話で女性アクマ族・ダルニア(声:吉田理保子さん)が登場する所にも表れてます。
「集団ヒーロー」のモデルになりうる(古典)物語、(歴史)小説は多いですね。

予算削減のため「人間態を持たない」(変身しない)方針でしたが、ザビダンは第13話から
「変わるんだら〜」という「魔法力」で人間に変身することが出来るようになりました。

OP「勝利だ!アクマイザー3」の「ジャンケル」(サーベル)による殺陣が素晴らしですね。

ED「すすめザイダベック」の「ザイダベック号」のぶっ飛んだデザインは味があります。


「超神ビビューン」は3人の大学生がザビダン、イビル、ガブラの魂を受け継いで、
「超神」となり第1話で「バックベアード」(水木しげる大先生による創作妖怪)を倒しました。

陸海空の3人ヒーローは「ゲッターロボ」「太陽戦隊サンバルカン」的で分かり易いです。
「集団で戦う仮面ライダー」案が理想的に実現した感がします。


「円盤戦争バンキッド」(76-7)は日本テレビ系、東宝製作。「UFOブーム」を受けています。
Bankid.jpg
奥田瑛二さん(当時26歳)が「天馬昇」役で主演デビューしたことで知られます。

スタッフに吹き替えのアイディアが無く、序盤はそれぞれ変身後を兼ねたそうです。
Bankid2.jpg
他4名は全員子供、ドラゴンとラビットは兄弟のためか「黄色が2人」居ます。

バンキッドスワン「白鳥ほのか」を演じた鈴木美江(現:淑恵)さんは当時16歳。

中盤以降はスワンの中身が明らかに「男性」になり、当時のマニアを落胆させたようです。
bankid3.jpg
キャラクターデザインのモチーフに「星座」「神話上の動物」が使われてる所が、
「電撃戦隊チェンジマン」や「聖闘士星矢」を先駆けてる感じもします。


「バトルホーク」(76-7)は東京12チャンネル(81年より「テレビ東京」)系、ダイナミックプロ企画。
Battle Hawk
楯三兄妹が3つの「ゴッドトマホーク」によりバトルホーク、ビッグホーク、クインホークに変身。

トマホークがゲッターロボ的! 子供達が「ごっこ遊び」をしたら怖いです(汗)。
3人とそのアイテムが揃わないと変身出来ないんですね。

長男・彰吾:赤がリーダーなのはゴレンジャーの影響っぽいです。 
次男・大二郎:キレンジャーの影響を受けてます。 末妹・ユリカ:青のヒロインは斬新!

大二郎役の堀江信介さん(07年死去)はその体格からスーツアクターも兼任していました。

「あばれはっちゃく」シリーズ(79~85)の桜間 長治(父ちゃん)役の
東野英心さん(2000年、満58歳没)とは全くの別人。 紛らわしい投稿コメントは多いです。

「忍者キャプター」(76-7)とゴレンジャーの後番組「ジャッカー電撃隊」(77)が
打ち切りになると「集団ヒーローブーム」(管理人の造語)も下火になりました。
(「宇宙鉄人キョーダイン」(76-7)もゴレンジャーの大ヒットを意識して製作されたようですが、
今回は3人以上のメンバーが居る「集団ヒーロー」限定で採り上げました)


実は「秘密戦隊ゴレンジャー」以前にも「集団ヒーロー」番組は色々とあったんですが、
それらはいずれ採り上げるつもりです。

次回は「スーパー戦隊シリーズ初の恋愛回」に行ってみます。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:30  |  戦隊以外の特撮

Comment

まとめてすみません。

 アクマイザーは初期がシリアスだったのにギャグ路線になり最後は封印と作風が変わりすぎて当時戸惑った記憶があります。
 ビビューンはヒーローより明智リサの方に興味が行った様な気が・・・(笑)最終回超神でなくなったらアクマイザーが戻ってくるんじゃないか?って期待してましたが残念な気がしました。
 バンキッドもよく見てましたが卒業式の歌で学校が爆発するというのが妙に怖かった記憶があります。
 バトルホークは原作が石川賢氏なので武器がワイルドですね。原作漫画では殆ど変身しないで残虐描写の連発なんで怖かったです。
toshi |  2012.05.04(金) 07:58 | URL |  【編集】

まいどコメントありがとうございます、toshiさん

実は私、アクマイザーとビビューンは99年頃にCSで続けて視聴したことがあります。
他にゲームとネットにハマって、地上波のテレビは観なくなってました。

アクマイザーは人間態が無く、人間達に誤解されたりして面白いなと感じてたら
「魔法力」を使い始めて「人間態が無いのはダメ」と判断したのかなと思いました。
ビビューンの最終回で封印が解けた描写が無いのは残念でした。

ビビューンは「ストロンガーの人!」と気付きましたが、
Xを全く観てないのでアポロガイストは分かりませんでした。
明智リサ役の方は非常に快活に演じられてますが、他に出演作は無いようです。

バンキッドは2chのスレを読むと
「スワンの身体の線」「胸が膨らみかけ」などの記述があって、
「当時からそんなマニアックな方が居たんだ…」と思いました。

バトルホークは第23話「海底の使者! 海骨蟹」もアップされてました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1252899 スゴイ内容で驚きました。 
「まんが水戸黄門」(81)で知られるナック製作だけのことはあります。

「集団ヒーローブーム」と言える程は盛り上がらなかったようです。
ゴレンジャーを参考にしてるなら「名乗り」と「全員揃って使える必殺技」に
もっと力を入れたら良かったんじゃないかと思います。
でわ
珍来 |  2012.05.04(金) 08:34 | URL |  【編集】

僕はあまり詳しくないのですが・・・

バンキッドでは主演の奥田さんが

「なんだ砂利番か」と暴言を言われて

凄く悔しい思いをしたとTVで見ました。

今や特撮は「登竜門」なんですけどね・・・


追伸、アキバレンジャーはご覧になられてますか?色々な意味で面白いです^^
とら |  2012.05.05(土) 21:41 | URL |  【編集】

こんにちは、とらさん

バンキッドではその話はよく出ますね。
今はドラマ枠も少なくなったし、ぶっちゃけ「そんなこと言ってられない」でしょう。
でも子供に「強いカッコイイヒーロー」と思われるのは容易ではないと思います。

アキバレンジャーは遅ればせながら注目し始めました。
でわ
珍来 |  2012.05.06(日) 13:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |