2012.06.13 (Wed)

ミニスカート (65~)

「ウルトラヒロイン 空想特撮少女図鑑」(08年12月発売)。
120613-1.jpg
管理人は右端の「GREW GUYS」(ウルトラマンメビウス)のみ現在所有しています。
「ガールズ・イン・ユニフォーム」を揃える際に、戦隊ヒロインには「メガネっ子」は
居ないので面白いと思いました。 それに「ミニスカート」が可愛かったんです!

でも特撮番組の戦うヒロインは「全身を覆うピッチリしたスーツ」を装着する方が自然で
「ミニスカート」や「ホットパンツ」を履いて脚を出すなんて本来おかしいんですよね~。

「70年代からの特撮ヒロインの伝統」について。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「ウルトラヒロイン」は60年代の「科学特捜隊」「ウルトラ警備隊」のイメージが強いので
「全身を覆うピッチリしたスーツ」がその後も伝統になったんですね。
それはそれで良さがありますが、デザインが似通ってしまうことは否めません。

こちらも揃えたくなったんですが「ウルトラヒロイン 空想特撮少女図鑑2」(09年7月発売)の…
120613-2.jpg
「メトロン星人」「メフィラス星人」は欲しくないですね。 発表直後のネット上で
「タロウ」や「80」で初めてウルトラマンを好きになった世代の凄まじい「怒りと嘆き」
を目の当たりにしました。 管理人はその心の痛みが分かる… ような気がします。


いきなり脱線しましたが「ミニスカート」は65年に発表されて、67年10月に…

イギリス出身のモデル「ツイッギー」が来日したことで大ブームになりました。
う~ん、管理人は「大きな付け睫毛」が苦手…(「ホットパンツ」は70年に発表されたらしいです)

その影響を受けて製作された”ヒロインアクションドラマ”「プレイガール」(69~76)。

”大人向け”番組で際どいシーンが非常に多いので、観たい方だけ観て下さい。
「女性が強い」という世界観は「キューティハニー」(73-4)に通じるモノがありますね。

大人気で、続編「プレイガールQ」も製作されました。 70年代恐るべし…
120613-3.jpg
「アンヌ隊員」ひし美ゆり子さんも第217話(73年)からレギュラー出演されました。
120613-4.jpg
掲載するか迷いましたが、以前画像掲示板で拾った「ゆり子さんのハイキック」。
管理人は「80年代最高!」と思ってる世代ですが、70年代も素晴らしいですね~。

この番組が70年代以降の”子供向け”特撮番組に影響を与えたことは否定出来ません。
「大人(成人男性)にも番組を観て欲しい」と製作者が思うのは当然のことでしょう。
110828-10.jpg
72年登場の元祖・特撮変身ヒロイン「アンドロ仮面」からミニスカでキックしてました。

「快傑ライオン丸」(72-3)は時代劇ティストの集団ヒーロー番組で大人気でした。

獅子丸がライオン丸に変身して、女忍者・沙織と少年忍者・小助がサポートします。
120613-5.jpg
潮哲也さんと九条亜希子さん(共に当時22歳)はその後、御結婚されました。

沙織は「ドクロ忍者」(戦闘員)から村人達を守れますが、暗黒魔人(怪人)には敵わなくて
ピンチになるようですね。 「変身出来ないから仕方ない、ガンバレ!」と応援したくなります!
小助も「よし、獅子丸兄ちゃんはおいら一人で助ける!」なんて頼もしい台詞を吐きますね。

「この時代にミニスカ風の着物があるはずがない」と考えるのは野暮です。
「下着なんて無かっただろう?」と思うのは自由w

それ以前の女優さん達もアクションをかなり頑張ってらっしゃいましたが、
日本の”本格的アクション女優登場”は「スーパーロボット レッドバロン」(73-4)の…
120613-6.jpg
「松原真理」役の牧れい さんからのようです。 「同時期にもう一人居ただろう!!!」
と思われるでしょうが、モチロン分かってます。 その御方についてはいずれ。

ゴレンジャー以前の「集団変身ヒーロー」として「電撃!!ストラダ5」(74)がありました。

ストラダ1・ペガサス役は「仮面ライダーアマゾン」(74-5)で主演された岡崎徹さん。
ストラダ2・オリオン役は地井武男さん、司令官・ジュピター役は宍戸錠さん。
星座か惑星か統一して「特殊強化服」を色分けした方が… 出し所が難しかったです。

75年と76年に登場したハイキックの名手・モモレンジャー&ベルスター!
120613-7.jpg
女児だけではなく男児も、それに「やや高い年齢層」にも大いにアピールしました。

先日の「特命戦隊ゴーバスターズ」Mission15でのヨーコちゃんのハイキック!
120613-8.jpg
40年以上続く「70年代からの特撮ヒロインの伝統」がしっかりと受け継がれてます。
時期によっては寒かったり、アクションで生傷絶えなかったり大変でしょうが頑張って!
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆女性アイドル☆ - ジャンル : アイドル・芸能

23:50  |  GIU

Comment

戦隊メンバーで眼鏡なのは、イエローオウルこと雷太ただ一人なんですよね~。
今ならばライブマンのめぐみなどは眼鏡っ娘になっていてもおかしくないキャラだと思いますが、当時は需要がなかったんでしょうか?それともアクションとの兼ね合いでしょうかね。
そして、もはやヒロインのハイキックは伝統ですね。うまく言えませんが、このアクション自体にそこはかとない魅力を感じます。
たーたん |  2012.06.14(木) 00:36 | URL |  【編集】

色々まとめてすみません。

ヨーコは久しぶりなアクション(キックの)ができるヒロインとして期待してます。
 
 空想特撮少女図鑑は箱買いしましたが確かにもっとコスチュームのを出すのが先だろう!って思いましたね。不評もあって続かなかったのかも。

 ひし美さんご本人の性格的にはプレイガールの方が合っていたのかも。まだ未見なので見てみたいと思ってます。

 牧れいさんのこのスチールはジグソーになってますね。買いましたがそのままです。

 よいこのカードは女児向けなんですかね。なんかマニアック。 
toshi |  2012.06.14(木) 07:11 | URL |  【編集】

確かに

ヒーローでもジェットマンの雷太さんや
単体ではマシンマンの高瀬健ぐらいで
メガネっ子ヒロインに至っては戦隊・ウルトラ・ライダーを通じて
コノミさんしかいないんですよね。
その平田弥里さん、一時の休養を経て
舞台を中心に活躍されていますが
設定年齢と実年齢のギャップにも痺れたものですが
グラビアでもかなり飛ばしてくれましたので
お父様を含めた大きなお友達には
ここ最近では一番のヒロインにさえ思えます。
特撮最前線 |  2012.06.14(木) 21:40 | URL |  【編集】

こんばんわ、たーたん さん

戦隊ヒロインがメガネを掛けたこと自体、あまり無いと思います。
ゴーバスターズの「グラス」は違うということで。
確かにアクションには不向きですよね。

ヒロインのアクションはハイキック、それ以上のモノは思い浮かびません。
でわ
珍来 |  2012.06.14(木) 22:32 | URL |  【編集】

毎度ありがとうございます、toshiさん 

小宮さんの脚は… 脚だけ褒めてはいけませんがw 素晴らしいですよね。

「空想特撮少女図鑑2」に期待を裏切られた方々には慰めの言葉も思い付きません。
私としては、アンドロイド・エリーは「満島ひかりさん」なので欲しいです!
美川隊員は居てくれて非常に良かった、というか助かったんですが、
「イエローフラッシュ・サラ」の頭で南隊員にして遊んじゃうかも知れませんw

「プレイガール」は未見なんですか、私は動画サイトが発達してから初めて知りました。
「70年代のパワー」を象徴するような番組ですね。

こんなジグソーパズルがあるとは!? 「非常に危ないピース」が出来てしまいますよね…

「ぶろまいど」は女児向けでしょうが、男児も好んだでしょうね。
でわ
珍来 |  2012.06.14(木) 23:04 | URL |  【編集】

こんばんわ、特撮最前線さん 

メガネっ子ヒロインは中華魔女しか思い浮かびません。

平田弥里さんは08年にボウケンイエロー・中村知世さんとユニットを組んだことが印象的でした。
コノミ隊員は私としても、かなり好みでしたよ、すいません!
でわ
珍来 |  2012.06.14(木) 23:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |