2012.06.27 (Wed)

志穂美悦子さん画像あれこれ

日本初の本格的アクション女優であり、最高のアクション女優・志穂美悦子さん。
120627-1.jpg
「ジャッカー電撃隊」(77)第3話に「小野夏子」役でゲスト出演された頃は
男性ばかりか女性にも絶大な人気で「ブロマイド売上№1」に輝きました。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

アクション女優の3要素を ①ルックス、②アクション、③演技力 とすると
志穂美さんは全て超一流と言わざるを得ず「ミラクル3」的な奇跡の存在でした。

高校生の時「キイハンター」(68-73、日本のアクションドラマの元祖的大人気番組)に
出演する千葉真一 大先生に憧れ、72年にJACに一般応募で合格されました。

管理人は恥ずかしながらこの作品をまだ視聴したことがありません。
120627-3.jpg
「ビジンダー・マリ」役で初のテレビレギュラー出演された時はまだ現役J.Kでした。

映画「燃えよドラゴン」(73、主演:ブルース・リー)により「カンフーブーム」が到来し、
高校卒業後に”女ドラゴン”的な企画「女必殺拳」(74)で映画初主演を達成!

単独バトルヒロイン・李紅竜を華麗かつ過激に演じられました。
続編「女必殺拳 危機一発」(74)、「帰ってきた女必殺拳」(75)が製作される
大ヒット作でした(共演者が超豪華ですが、解説は非常に長くなるので割愛します)
この正に絶好の時を得た大躍進ぶりは「運も超一流」という感じがします。

「帰ってきた」と「女必殺五段拳」(76)にはミッチー・ラブさんが出演されたので…
120627-2.jpg
ジャッカー第3話は3度目の共演と言うことになります。


管理人が最初に観た志穂美さんの出演作は
「噂の刑事トミーとマツ」(79-81、第1シリーズ)だと思いますが…

「熱中時代」(78-9、先生編・第1シリーズ)かも知れません。
本放送ではなく夕方の再放送で観たのかも知れないし、記憶が曖昧です。
ただ80年代前半までは「ビジンダー出てる!」とか言ってた記憶がありますねw

80年代からはJACの弟分・真田広之さんの主演映画にも出演されました。

それから志穂美さんが独立された85年までがJACの黄金期だったようです。

「二代目はクリスチャン」(85年)は最後の主演映画になりました。

「スケバン刑事Ⅱ」(85-6)第7話「二代目サキはクリスチャン!?」など
”シスター姿”をパロディ化されたほどの大ヒット作でした。

「親子ゲーム」(86)でシンガーソングライター・長渕剛さんと共演されて…

翌87年に長渕さんと御結婚され芸能界を引退、その後は芸能活動をされてません。


「志穂美悦子さんが復興支援を願って、本を出版」
 ttp://t.pia.jp/teamsmile/spc04.jsp
その後は公の場に現れることは稀ですが、昨年11月20日に御著書を出版されました。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆女性アイドル☆ - ジャンル : アイドル・芸能

22:00  |  グラビア(水着)

Comment

 個人的には女必殺拳シリーズは相手の目を潰すとかどうもバイオレンスすぎて好きになれませんでした。罪にならないのかな?とかつまらん拘りももったりして。
 
 ジャッカーにゲストで出られたときには頼れるお姉さん的なキャラでヌンチャクも格好良かったです。
 
 なかなか彼女を越えるキレのあるアクション女優さんは出てきませんねえ。
 
 
toshi |  2012.06.27(水) 23:03 | URL |  【編集】

長渕さんの奥さんがバリバリのアクション女優さん(しかもビジンダー)だとは知りませんでした。
意外な方があのヒーロー・ヒロインってパターンは現代よりも昔の方が多い気がします。
ところで、リクエストをしたいのですが、戦隊ヒロインの身体変化ピンチの特集は可能でしょうか?
サンゴネジレに手足をサンゴにされたメガレンヒロインや膨らまされてしまったハリケンブルーのように、
体型や姿を変えられた戦隊ヒロイン達のピンチ特集を見てみたいです。
マター |  2012.06.28(木) 00:42 | URL |  【編集】

毎度コメントありがとうございます、toshiさん 

01ではマリの声が吹替えられていて(全部だったか自信無し)
ライディーンの明日香麗みたいになってると思いましたが、
その後ほとんど主役みたいになってるので「有り余るパワー」を感じました。

志穂美さんと真田さんが早い話数でゲスト出演されてることが、
ジャッカーは力を入れて製作された番組だったことの証拠の一つですね。
でわ
珍来 |  2012.06.28(木) 22:39 | URL |  【編集】

初めまして、マターさん

コメントありがとうございます。
引退されて四半世紀経つので御存知ない方も多いようです。

古い記事で動画が観られなくなってますが、それらについては触れたことがあります。
サンゴネジレについては、拘束ピンチ特集のまとめをする前に
・多人数拘束(全滅の危機) その2(完結)
ttp://supersentaiseries954.blog77.fc2.com/blog-entry-432.html

「膨らまされてしまったハリケンブルー」については、「腹ボテ」ピンチ特集の後に
・特撮のCGについて
ttp://supersentaiseries954.blog77.fc2.com/blog-entry-109.html で触れました。

お望みからは外れる内容だとは思いますが、宜しければどうぞ。
でわ
珍来 |  2012.06.28(木) 22:57 | URL |  【編集】

しつこくすみません。

 マリの時は志穂美さんでビジンダーに変身後は声優さんになります。(たしか江川さん?)性格も変身後は挑発的で好戦的になりましたね。  
 なんでキカイダーや01は声が変わらないのにビジンダーは変わるのかなって思いました。あとワルダーとの文通が印象深いです。誰がどうやって配達したのか不思議でした。

 真田さんはバイオマンにゲストで出られたときに有名俳優?になっても子供番組に出るんだって当時は軽くショックを受けました。(笑)
 急なイエローフォーの交代のお詫びで?と何かで読みましたがホントかな?
toshi |  2012.06.28(木) 23:05 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます、toshiさん

マリの声も「プロローグ」は江川菜子さんが吹き替えたという情報を
どこかで読んだ記憶があります。 志穂美さんがまだ不慣れなことに対する配慮だとか…
第何話で切り替わったか不明ですし、ガセ情報で吹き替えてないのかも知れません。
私にはマリの声はずっーと明日香麗の声に聞こえてしまいました。

そうそうワルダーとの文通は実に興味深かったです! 誰が配達したのかはちょっとw

バイオマンは本放送で視聴しませんでしたが、
初代イエローフォー殉職はもし観てたらドン引きしたと思います。
真田さん出演については様々な憶測がありますが「裏」が取れない情報ですね。
ジャッカー第3話に志穂美さんがゲスト出演された例が有りますから、
「最初から予定されていた」ことも有り得無くはないと言えますけど
「お詫び」と考えた方が「面白い」んでしょう。
でわ
珍来 |  2012.06.29(金) 00:07 | URL |  【編集】

志穂美さんといえば

どちらかと言うと後半の動画にあるような
女優としての活躍が印象に残ってますね。
それから欽ドンでの葉書ネタで作った
欽ちゃんとの夫婦コントも印象深いです。

当時と比べて変身後も女性が演じる機会が増えて来ましたが
志穂美さんや森永(奈緒美)さん以降
アクション系で注目される人が居ないのはちょっと寂しいですね。
特撮最前線 |  2012.06.29(金) 10:30 | URL |  【編集】

私も実はそうです。

「トミーとマツ」はトミーが何故「トミコ」と呼ばれると豹変するのかを
志穂美さん演じる姉・幸子(サッチ)が明かすシーンが印象に残ってます。

「欽ドン!良い子悪い子普通の子」(81-3)は観てた記憶がありますが、
「おまけの子」(83-5)は残念ながら観てないですね。

「女必殺拳」は80年代前半の年末年始にテレビで視聴して
あまりの弩迫力にポカーンとした記憶がありますw

90年に水野美紀さんがデビューしましたが、
アクション映画という分野自体が縮小してしまったと思います。
でわ
珍来 |  2012.06.29(金) 21:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |