2012.08.05 (Sun)

美しき良心回路

ドクターマン・蔭山秀夫の一人息子・秀一はメカ人間・ミキと本当に心を通わせたのか?
08-44-1.jpg

僕にとって君は「希望」なんだよ! 疑問を感じます。

「良心回路」を装着したミキと手を取り合って逃げる間の「ほのかな思い」も本物なのか…
08-44-2.jpg
本作のストーリを決定的に破綻させた、第44話「美しき良心回路」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

第25話で「プリンス」(第19・20話)そっくりの少年・中村公一が現れ、
第26話でその母「蔭山節子」の手紙から彼の本当の名前は「蔭山秀一」であり、
その父「蔭山秀夫」こそがドクターマンの正体であることが明らかになります。
08-26.jpg
(節子役はサンバルカン第3話で「ダークQ」を演じた里見和香さんで写真・声のみ出演)

中盤から「大河的ドラマ性」が大きく動き出し、管理人は「終盤で母・節子が登場して
息子・秀一と説得を試みる」予感がしましたが、何故か最後まで登場しませんでした。

プリンスと秀一の2役を演じた井浦秀知さんは当時15歳。 ブラチラ! じゃなくて…
06-24.jpg
「ゴーグルV」ではコンボイの1人「上田達也」役で出演されてました。

映画「テラ戦士ΨBOY」(主演:菊池桃子さん)ではヒロインの幼馴染「モトハル」役でした。

メカ人間・ミキ役の柴田時江さんは当時15歳。「チェンジマン」で「リゲル星人・ナナ」
成人態も演じられました(ギルーク役の山本昌平さんの娘さんです)。
その後「マスクマン」第33話でキロスを愛する地底人・エリー役で出演されました。
08-43.jpg
前話で登場したミキは無表情&無言で、いきなり自動車を破壊しましたが
「良心回路」を組み込まれたことにより”善の心?”を持つようになりました。。


メッツラーの「ミラージュビーム」が作り出した偽バイオマンから秀一を助けるため
彼女は「力」を使い、その強力さに苦悩しました。 アクションらしくありませんが…
08-44-3.jpg

やめて~、秀一さん! やめて~!!「お腹チラ」

「良心回路」を造った柴田博士はレッドワン・郷さんと因縁があります。「御守袋」は…
08-44-4.jpg

赤ん坊の頃からずっと身に付けてる物なんです。 初登場。
母・節子が登場しないで、この人が登場してからストーリが「破綻」したような。。。

秀一はドクターマンに「良心回路」を組み込めば、変わってくれると「希望」を持ちます。
08-44-5.jpg

大切にして欲しいんだ、君のその「心」を!!

「良心回路」による変化は本当にミキの「心」だと言えるでしょうか!?
ドクターマンに組み込んで、父を殺さず戦いを終わらせることが彼の「希望」なのか。。。

「メカが心を持つか?」「人間と友達に成れるか?」というテーマが危うくなりました。
08-44-6.jpg

博士は僕をドクターマンの息子と知って匿ってくれたんだ!

第37話で登場した第三勢力「バイオハンター・シルバ」は研究室を壊滅させて即退散。
08-44-7.jpg

バイオ粒子反応アリ! 破壊!!「ハカイダー」がモチーフ。

「バイオ星平和連合」と戦争していた「反バイオ同盟」の造ったロボットなので、
500年前の仮称”バイオ粒子戦争”でバイオ星が滅亡して存在意義が失われました。
管理人は「彼は自分の使命が終わったことに気付かない”フリ”をしてる」と感じました。

ミキはサタンメガスを止めるために「祈り」ましたが、ドクターマンの命令が優先される。
08-44-8.jpg

やめてサタンメガス、恐ろしい事をやめて~!

バイオロボが何度攻撃しても、ミキの意思に反して「再生装置」が作動します。
(胸の「再生エネルギー受信装置?」を破壊すれば再生が止まるような気がします)
08-44-9.jpg

このシステムだけは良心回路と関係無く働くのだ。

ビッグスリーは第28話でドクターマンの「暗殺」を企てますが、逆に「記憶」を消され
「忠誠心」を植え付けられました。「良心回路」を組み込むことと大差無いのでわ!?

どうしても疑問を持ってしまいますが、演じられてる方々には何の非もありません。
08-44-10.jpg

秀一さん、短かったけど楽しかったわ。 儚げです。

「愛する人達のために何を為すべきか」を知ったミキはサタンメガスに特攻!
08-44-11.jpg
一瞬だけミキと同化したのか、サタンメガスの表情が天女のように変化しました。

「人造人間キカイダー」(72-3)の「良心回路」のアイディアを出したいという発想でしょうが…
08-44-12.jpg

ようし、頑張れよ! 誰一人疑問を抱かないことに違和感大です。

ドクターマンは第26話で自らを完全なメカ人間にしたので「説得」は不可能になった。

だから「良心回路」を組み込んで戦いを終わらせる… 管理人は到底納得出来ません。
秀一にとって「父を殺さず人類を護る」唯一の”希望”だとしても。

色んな見方があるでしょうが、管理人的には「良心回路」は余計だったと思います。
「今まで出来なかった事が出来る」喜びに制作陣が暴走したのかも…


「勇者ライディーン」(75-6)第36話「地獄の射手マダンガー」が原型のお話でしょう。
「岬百合香」(声:吉田理保子さん)は「巨烈獣の心臓」を埋め込まれてます。

マダンガーが攻撃されると百合香は悲鳴を挙げて苦しみますが、実写でもやろうと
思えば十分可能です。 でも生々し過ぎて大ショックを受ける視聴者も少なくないでしょう。
「アニメではOKでも実写ではNG」の典型的な例だと思います。

繰り返しですが、
「超電子バイオマン」が「大河的ドラマ性」を本格的に導入して「マンネリ化」を打破したこと、
「アニメ的要素」を盛り込み「やや高い年齢層」の取り込みに成功したことは間違いなく、
スーパー戦隊シリーズの「ターニングポイント」的作品になったことは確かです。
でわ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

16:00  |  08.超電子

Comment

 バイオマンはヒーローの名前をバイオ何とかと書いてしまうくらい(笑)実は思い入れが弱い作品でして、原因の一つはこのドクターマンの息子のくだりです。なんか綺麗事を言っている気がしてしまってすっきりしませんでした。ミキも色々な意味で、なんか被害者な気もします。

 ところで今日はゴーバスターズの舞台挨拶に行って来ました。後ろの方の席だったのですが、ヒロムとリュウさんが後ろから入場してきて側を通ったので握手できました。まあヨーコが良かったのですが彼女は逆方向の席に行ってました。ちょっと残念。太股もよく見えませんでした(笑)。管理人さんも観に行かれる予定でしょうか?
toshi |  2012.08.05(日) 23:30 | URL |  【編集】

毎度ありがとうございます、toshiさん 

秀一は「どんなに悪くても父を殺さないで欲しい」と思っているか、
全く何も考えてないか、のどちらかになってしまいましたね。

「良心回路」自体非常に危うい概念で出さない方が良かったですね。
ミキ役の柴田さんは好演されてると思います。
「スケバン刑事Ⅱ」にも出演されてたので「見たことある!?」と思いました。

ゴーバスの劇場版は8/11に観劇予定です。
舞台挨拶に行かれたんですか、羨ましいです。
私も太腿 じゃなくて ヨーコちゃんを見に行きたかったです。
でわ
珍来 |  2012.08.06(月) 00:38 | URL |  【編集】

こんにちは。毎日暑いですね。

ここ最近美女揃いのエントリやばいと思ってたら
合間にドリフ挟んでバイオマンとかもう熱中症でクラクラしそうですw 
玄人芸としか思えません。

プリンス役の方は当時大鉄人17の主役の子に似てるなと思いながら見てた記憶が。
というか5年くらい前なので子供だった私は同じ人だと信じてたような。

ちょっと逸れますが、
アキバレンジャーの終盤の急展開が完全にここからのオマージュですね。
ドクターZ、司令官役のはかせ、デリューナイトはシルバと。

2個前ですが、
以前牧野美千子さんは築地佃煮屋の美人女将としてTVに出ていました。
売上も相当なようでテリー伊藤が絶賛してました。

猛暑に負けずの更新大変だと思いますが、
いつも楽しみに見に来てますので体に気をつけてマイペースで続けてください。

では。
あらた |  2012.08.07(火) 10:00 | URL |  【編集】

バイオマンと柴田時江さん

戦隊モノはダイナマンで燃え尽きたのか、
今ならヒロイン二人制スタートとなれば
大興奮だったのですがヒロイン交代あたりからあまり見ないようになり、
後半のストーリーはほとんど見ていませんでしたが
ヒロイン交代もさることながらこういうどんでん返しもあったんですね。

翌年のチェンジマンは弟が見るようになり、自分も思春期に入ったのか
いよいよヒロインに対する特別な感情を持ち始めることとなるんですが
現在もご活躍中の柴田さんのお父様が
ギルークこと山本さんだったと言うのは改めて驚きですね。

まあグラマラスで暴力的なスタイルの良さで有名な
女優・吹石一恵さんのお父様が今は無き近鉄の選手で
かなりワイルドな方だった事、それに最近では
某AKBメンバーのお父様がこれまた頭皮のワイルドさで
かつらのCMにも出ていた倉持選手だった事を考えれば
綺麗どころになるにはお母様が美形なのは言うまでもありませんが
お父様からはワイルドな遺伝子が必要なのを改めて感じます。

横道にそれましたがどうしてもヒロイン系を抜きには語れない
やっぱり私は変なオジサンです。


特撮最前線 |  2012.08.08(水) 14:13 | URL |  【編集】

レス遅れてすいません、あらたさん

82年の土曜夜のチャンネル争いなんて若い世代にはピンと来ないかも知れません。
「漫才ブーム」(80-2)ものちに与えた影響が大きいかなと思ってます。

私はワンセブンを観てないので何とも言えませんが、
「同じ人だと思ってた」ということは小さい頃にはよくありますね。
仰る通りアキバレンジャーのドクターZはドクターマン、デリューナイトはシルバと
似てますね。 個人的に「レッド交代ネタはマズいだろ!」と思いましたw
でわ
珍来 |  2012.08.08(水) 22:14 | URL |  【編集】

お久しぶりです、特撮最前線 さん

私も「ダンバイン」「ダイナマン」を観終わったら”満足”したのか、
土曜も自室で借りて来た本を読むようになりました。
もしバイオマンを観てたらWヒロインとイエローフォー交代には
間違いなく驚きましたね。 その後は楽しく観たでしょうが
「良心回路」が出た時点で「おかしいだろ!」と疑問を感じたと思います。
翌年85年からは「戦うヒロインが毎回主役の画期的な番組」に大ハマりして
「チェンジマン」には全く気付きませんでした。

「吹石一恵」さんが分からなくて調べました。
90年代後半から活躍された女優さんはあまり良く分からなかったりします。
私もこのブログ始めてから「中年」と呼ばれる年齢になりました。
でわ
珍来 |  2012.08.08(水) 22:42 | URL |  【編集】

こんばんわ。

井浦秀知さんと言えば、個人的には特急指令ソルブレインでの印象が強いですね。

「アニメではOKでも実写ではNG」

これ、安易に漫画をドラマ化するTV局の人間に言ってやりたいですね・・・。

メカと人間が友達になれるか否か・・・

永遠のテーマですね・・・
とら |  2012.08.10(金) 23:07 | URL |  【編集】

こんばんわ、とらさん

私はソルブレインを観てないので何とも。。。

漫画、アニメ、実写はそれぞれ表現方法が異なって
そのまま持ってくることはムリがありますね。
「スカイライダー」を先輩七人ライダーが”特訓”するシーンがあるそうですが、
漫画ではカッコイイのに、実写だとイジメかリンチにしか見えなかった
という話を聞いたことがありますw

「メカが心を持つか?」という問は「人間とは何か?」に通じますね。
でわ

珍来 |  2012.08.11(土) 01:17 | URL |  【編集】

バイオマンって青春ドラマぽいのがありましたね。

井浦秀知氏はこの時期からアイドル俳優として雑誌にも出てたみたいですね。
マイベイ |  2016.01.10(日) 16:31 | URL |  【編集】

「良心回路」が出てから破綻した事は確かですが、
「キカイダー」のファンが居て「どうしても出したかった」
んではないかと思います。

申し訳ないけど「コンボイ」は正直言ってキライでしたね。
でわ
珍来 |  2016.01.10(日) 20:42 | URL |  【編集】

現在闘病中です・・・。

この記事の書き込みとしては不適切かもしれませんが言わせて頂きます、ピンクファイブ役の牧野美千子さんの近年の証言ではレッドワン役の阪本良介さんが現在、ガンに冒されていて闘病中との事です、命に別状があるかないかはまだ分かっておりませんが、『宇宙刑事シャリバン』でシャリバンを演じた渡洋史さんのブログの最新記事の証言では過去の戦隊の出演者の集まりには顔を見せていましたので手術が無事に済む事を祈っています、思えば『秘密戦隊ゴレンジャー』と『ジャッカー電撃隊』にレギュラー出演された宮内洋さんも大手術をされたのは記憶に新しいですから、阪本さんの回復を祈ります・・・。
あさばよしゆき |  2016.09.24(土) 20:02 | URL |  【編集】

情報ありがとうございます。

http://ameblo.jp/cocoa2617/entry-12194384782.html
仰る通りですね、
…これ以上調べても詳細が分からないです。
ゴーカイジャーに出演された時は… 分かるはずないか。
回復をお祈りします。
でわ
珍来 |  2016.09.25(日) 21:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |