2012.08.22 (Wed)

オールナイトフジ (83-91)

「オールナイトフジ」(以下「ANF」)は主に関東ローカルでOAされた深夜番組。
現役女子大生を「オールナイターズ」として出演させ大人気を得ました。
120822-1.jpg
「おかわりシスターズ(深谷智子さん、山崎美貴さん、松尾羽純さん)」は
番組内で結成されたユニット、「恋をアンコール」(84)で歌手デビューしました。
「会員制グループアイドル」はこの番組で原型が作られたのです。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

深夜番組の草分け「11PM(イレブン・ピーエム)」(65-90)は当初は硬派な番組でしたが
全く人気が出ず「お色気」路線に転向した途端人気が爆発したそうです。

「お色気」(エロ)の要素は視聴者を惹き付ける大きな武器ですが、
やり過ぎてしまうと番組の終了を招いてしまう「諸刃の剣」でもあります。

「家庭用ビデオデッキ」が83年頃から急速に普及したのは「アダルトビデオ」
の影響が大きいと言われています。「お色気」(エロ)の要素は強いんですね~

再掲載「スター誕生!」(71~83)最終回(83.9/25)に出演されたOG画像集。
111023-3a.jpg
その卒業生はいつしか「アイドル」と呼ばれるようになりました。 厳しい予選を勝ち抜いて
決勝大会に進出してもレコード会社のスカウトマンの指名が無ければデビュー出来ない。
「アイドルに成れるのは選び抜かれた者だけ」的な「スポ根」的要素がありました。

こういう「視聴者参加型オーディション番組」が韓国や中国では現在大人気だそうです。
70年代高度成長期の日本人のような「精神的若さ」があるのかも知れません。
(オリンピックが終わっても興奮冷めやらず「反日」で燃えに燃えまくってますからねw)
日本で今やっても受けないだろうから、日本人は「精神的に成熟」したのかな。。。


ANFは「私たちはバカじゃない!」のキャッチフレーズで始まりました。
深夜ならではの様々なハプニングが人気を呼びます。 伝説的シーンの数々をどうぞ!

松田聖子さんがサプライズ出演された回、詳細は動画中のコメントをご覧下さい。

松田さんの髪型や”ぶりっ子”と揶揄された仕草をマネたアイドルが当時は多かったので、
オールナイターズの「素人っぽさ」には新鮮味があったのかも知れません。

松本明子さんが4文字の放送禁止用語「○○○○」を絶叫した回(84.3/31)。

ラジオ「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」との同時生放送でのハプニング。
松本さんは一時活動停止を余儀なくされましたが、その後バラエティで大活躍!
「花の82年組」に対して松本さんは「不作の83年組」でした。
アイドルの売り出し方に”手詰まり”感が出て来た時期だったのかも知れません。

とんねるずの石橋貴明さんが「テレビカメラを破壊した回」(85.1/19)。

木梨憲武さんに「俺知らねぇよ」と言われてますw 約1,500万円弁償したそうです。
これがブレイクの切っ掛けになったとも言われています。

そして最近のバラエティ番組でも「歴史的番組」として採り上げられていた…
120822-2.jpg

「オールナイトフジ女子高生スペシャル」

120822-3.jpg
管理人が初めてこの回の映像を観たのは88年で、非常に衝撃を受けました。

斉藤さんが「キャピキャピ」していたからですw 今観ると年齢相応かも知れないし、
まだ素人っぽさが残ってるような、既にプロのような…
「夕焼けニャンニャン」&「おニャン子クラブ」(85-7)スタートの切っ掛けでした。

「おニャン子旋風」が吹き荒れた時期も斉藤さん、中山美穂さん、南野陽子さんらは
歌手デビュー1年目に初主演連続ドラマを大ヒットさせて「女優」として対抗しました。
「85年組」は”最後のアイドル当たり年”と言われるほどレベルが高かったです。

86年8月?に斉藤さんがANFでミニコンサート(4曲)したことがありビデオに撮りました。

当時管理人はジャンプを立ち読みした後、テレビ情報誌で斉藤さんの出演番組を
毎週チェックしてました。 正直言ってANFのイメージは非常に悪かったんですが、
初めて観たらフツウだったので「あれ? 聞いてた評判と違う」と感じました。
(当時はエロ漫画は読み飛ばすほど潔癖症?でしたが、同86年に
「某青年漫画」にハマって「エロもOK」になりました。 そのお話はいずれ)


大学行って一人暮らしする頃には「11PM」も「ANF」も既に終わってましたね。
「就職氷河期」世代なので「女子大生ブーム」は全然ピンと来ません。


この記事を書いてる間に初めて知ったんですが、85年初頭の国会(衆議院)でANFの
「アダルトビデオを女子大生が紹介する」コーナーなど
過激な内容が問題になり、郵政省(2001年から「総務省」)にクレームを付けられた結果、
「オールナイトフジ」は85.3/30に放送終了し、翌週から「オールナイトフジII」
(実際の番組タイトルは変更無し)として再スタートしたそうです。
「深夜放送ブーム」(84-6)に乱立した過激な番組の多くは打ち切られました。

冒頭の「おかわりシスターズ」は85.3/26に涙の”LAST LIVE”をするハメになりました。


お上(かみ)には逆らえないので 「トカゲの尻尾切り」 されたのです。

(山崎美貴さんは85.10~6.3に司会でANFに復帰。 女優、声優として活動されました)
けっこー酷い話ですが、彼女達が「会員制グループアイドル」の原型になりました。
「プロトタイプ・おニャン子クラブ」の彼女達が人気を集めなければ
今日の「ハロプロ」も「AKB48」も無かったと思われます。

<追加>
83年頃まで主流の「レコード大賞」を目指すアイドルは「スポ根」的でしたが、
「会員制グループアイドル」は「ラブコメ」的な要素が受けたんだと思います。
厳しいレッスンを受けたプロより、その辺に居そうな素人っぽい子が… かな。
でわ

P.S.
バブルが弾けると過激な深夜番組が一時的に復活傾向になりました。
94年頃に友人の部屋で麻雀してる時に観て驚いた「ロバの耳そうじ」(94-6)。

90年代中頃に「放送倫理」が叫ばれると過激な番組は次第に作られなくなり、
近年の深夜放送はスポーツ中継が高視聴率を取ることだけが話題です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしいテレビ番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:00  |  バラエティ番組

Comment

こんにちは

私は完全に、オールナイトフジ派でした(笑)

なんせ、LPまで買ってましたから

あと、友人に頼まれて引っ越しの手伝いをした女の子が一度だけオールナイターズで出演してた時は視ていてビックリしました






まる |  2012.08.23(木) 03:09 | URL |  【編集】

初めまして、まる さん

コメントありがとうございます。
我が家は86年正月にビデオを買ったのですが、
斉藤由貴さんがオールナイトフジでミニコンサートを開いた回は
「初めて録画をためらった番組」でした。
「放送禁止用語を言わされる番組」と聞いていたので本気で心配でしたw

「オールナイターズで歌手デビューしたユニットがあった」ことは知ってましたが
「おかわりシスターズ」について、wikiを含む色んなページで事の顛末を読んで、
浮かんだ言葉は「トカゲの尻尾切り」でした。 適切な言葉ではないかも知れません。
山崎さんと松尾さんが「(アダルト)ビデオソフト情報」コーナーを担当されました。

オールナイターズに選ばれる方法は諸説あるみたいです。
でわ
珍来 |  2012.08.23(木) 21:35 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.11.03(土) 05:11 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.11.05(月) 01:17 |  |  【編集】

対象者は新人類とバブル世代。

オールナイトフジは視聴者の対象者は新人類と呼ばれた世代とその下のバブル世代ですね、話は変わりますが光戦隊マスクマンではハルカ役の永田由紀さんが新人類でモモコ役の前田賀奈子さんがバブル世代でマスクマンのメンバーは新人類とバブル世代で完全に構成された戦隊でしたね、同世代の視聴者にとっては感情移入しやすかったのではないでしょうか!?バブル期を象徴した戦隊でしたね、オールナイトフジもバブル期を象徴したバラエティ番組でしたので、バブル期は私は小学生~中学生だったので新人類やバブル世代みたいに美味しい思いをしたり派手に遊んだり出来なかったですね、それが残念でした。
あさばよしゆき |  2016.01.19(火) 20:34 | URL |  【編集】

私はもうちょっと上です。

大学入る頃には歌番組も面白い番組も少なくなって、
Jリーグ始まらなかったら観る番組がありませんでした。

「新人類」とは本来我々の事ですから、おかしな表現でした。
それに「旧人類」は「新人類」に滅ぼされたようですから不吉ですw
「今年の新入社員」に変な呼称を付ける下らない年中行事は現在も続いてて
驚くばかりです。 近年は「正規雇用」が減って完全に下火ですけどね。

私ももうちょっと早く産まれて来たかったですね。
でわ
珍来 |  2016.01.20(水) 01:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |