2012.08.26 (Sun)

恋!?ブンとスケ番

「女ヒットマン」に変装したネフェル様に狙われるブンを「スケ番」達が取り囲みました。
10-14-1.jpg

誰に断ってこの道、走ってんだよ? すいません。

10-14-2.jpg

フラッシュ星から来た田舎者なんで 「田舎」だったのw

「大トラウマ」回前のほのぼのした恋愛回、第14話「恋!?ブンとスケ番」を紹介します。
にほんブログ村 テレビブログへ人気ブログランキングへ

More・・・

「中国残留孤児」問題解決に日本国が本腰を入れたのは81年でした。

「日中国交正常化」(72)と「日中平和友好条約」(78)後に”民間”活動家の方々の努力で、
80年「肉親の訪中」が実現したことが大きく報道され、国民世論が非常に高まったから…
終戦から35年以上無策だったので、国は「消極的・怠慢」「棄民政治」と批判されました。

一般人に本気出しちゃうブン。 最近バイクアクションはあまり見なくなりましたね。
10-14-3.jpg

もう頭に来たぞ! 全員ちゃんとヘルメットしてますが、86年に…

原付を含めた全てのバイク、全ての道路で「ヘルメット着用」が義務付けられました。
変身ヒーローがバイクで一般道を疾走するシーンは撮影許可が下り難くなったかも…

ポニーテールのスケ番は「流れ星おユキ」と名乗ります。 「スケバン刑事」の影響?
10-14-4.jpg

死んで貰います! 「キン肉マン」でロビンマスクも吐いた台詞。 

任侠映画「昭和残侠伝 死んで貰います」(70、主演:高倉健さん)からの流行語。

本作のコスプレ要員・ネフェル様は「女ヒットマン」の衣装を研究されたようです。
(第39話でウルク&キルトと共に場違いな「セーラー服」姿だったので誤解されてるかも)
10-14-5.jpg

ならば2人まとめて地獄に送ってやる!!

何の作品を参考にされたのかは分かりません。 ロケ地はお馴染み・某遊園地ですね。
10-14-6.jpg

あんた一体何者? 人間じゃないんでしょう!?

「吊り橋効果」により意気投合しますが、油断したブンはユキを攫われてしまいます。
10-14-7.jpg

これ、ありがとう  お友達に成れて良かったね


ユキをシバくネフェル様! 「獣戦士ザ・マシラス」の見え透いた秘密が明かされます。
10-14-8.jpg

助けて、ブン! お黙りっ! 「ムチが似合う」は褒め言葉か?

ブンを仲間達から引き離そうとするネフェル様、この方法では引き離し切れませんでした。
(ネフェル様は非常に慎重な性格ですが、やる事がお嬢様的で徹底されてません)
10-14-9.jpg

タカが小娘一人のためにバカなヤツ!!!

仲間達がしっかりフォロー、怪人の弱点も単純明快… 「捻りが欲しい」展開でした。。。

が! 最後にありました。 ユキは大邸宅のお嬢様でした(表札が読めないのが残念)。
10-14-10.jpg

ホントにユキさん? もうツッパリはやめましたの。

「親無し天涯孤独」は嘘だったけどユキは本当の事をブンに大声で伝えます。
10-14-11.jpg

ブン、だーい好き!!! 実に明るいほのぼのした終わり方。

第10話でダイがサユリに恋した時も「戦いがあるから諦めろ」的な雰囲気は無いですが…
(第39話でサラが恋に恋した(特定の相手は出現せず)時も同様)

次回「巨大ロボ破れたり」で”フラッシュキング大破”という大変な事態が発生したので、
「地球の女の子とお付き合い」どころではなくなったでしょうね。

フラッシュマン達が非常に明るく陽気に描かれた理由は、その非常に過酷な境遇との
バランスを取るためでしょう。 それでもシリーズで「最も悲哀に満ちている」
と評され、直撃世代からは「最高傑作」「心に残った」と絶賛する声もある一方で
「可哀想過ぎて観るのが辛かった」という声も少なくはないようです。
でわ

P.S.
自称「戦隊ヲタク」の管理人・珍来がつい最近まで知らなかった情報を報告します。

「ジャンボーグA」(73、円谷プロダクション制作)という特撮番組で
「初の2号ロボ登場」がありました! 様々な画像入り主題歌&挿入歌。 


第27話「ジャンボーグA-2号誕生!その名はJ-9」
「ジャンボーグA」(セスナ機に偽装)が敗れ「ジャンボーグ9」(軽自動車に偽装)が登場。
第28話で「A」が懸命の努力で修理され、パワー装甲重視で空を飛べない「9」とその後は
「状況によって使い分ける」という斬新な燃える展開だったそうです!!!

「戦闘メカ・ザブングル」(82-3)どころか「グレートマジンガー」(74-5)よりも前。
全50話放送された人気が高かった番組らしいのに存在そのモノを知りませんでした。
本当に全然知らないので色々調べてみます。

円谷プロ自体も価値に気付かず、他も追随しない早過ぎるアイディアだったのかも。。。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

00:00  |  10.超新星

Comment

フラッシュよりジャンボーグ?

フラッシュマンはどのメンバーも爽やかな感じで好印象でした。ちょっとピンクの方が老けた(失礼)な印象は受けましたが。髪型のせいかな?
 ただ観ていてもそんなに入れ込んでなかった時期でして、ラストの辺りくらいしか強い印象がないのが残念です。ゴーカイの頃には地球にいても大丈夫になったんですかね?

 逆にジャンボーグAの方は詳しいです。(笑)主人公のナオキがかなり直情傾向でして暴走気味なのが新鮮というか当時は戸惑いました。PATの隊員や隊長がよく殉職するのが怖かったです。
 9が登場したのはよく覚えています。キカイダーとは違いますが2色塗り分けがマネかい!って子供の自分は思いました。
 でもAより好きになりテーマソングのレコードも買ったくらいでした。子門真人氏の雄叫びとエレキの間奏が今でも好きでCDでも聞いています。




toshi |  2012.08.26(日) 06:30 | URL |  【編集】

はじめまして。

はじめてコメントさせていただきます。
私はゴーカイジャーをたまたまテレビで見てから戦隊にはまったので、まだまだ日は浅いです。(リアルで見ていたのはギンガ~ガオあたりですが、弟が見てるついでで見てたので、内容はほとんど覚えてませんでした)
フラッシュマンは終盤がかなり鬱展開だ、という情報しか知らなかったので、DVDを借りてみて、序盤の明るさにびっくりしたのですが、だんだん終盤に近づくにつれ、切ない話が多くなってきますね。(といってもまだラスト五話ほど見れてないのですが、正直みるのがつらい…)
私はフラッシュマンの中だとダイが一番好きなのですが、ブンも弟分的な感じで好きですね。

では、更新頑張ってください。
いろは |  2012.08.26(日) 08:13 | URL |  【編集】

毎度コメントありがとうございます、toshiさん

前作チェンジマンよりも明るいですよね。
終盤になるにつれて「そうしないと観てて辛いからか」と感じました。
このお話も以前までの作品なら「戦士だから諦めろ」になる所です。
ルーだけ肉親の手掛かりが無いのに、彼女が一番明るかったです。
ゴーカイの時は「反フラッシュ現象を克服したのか?」と言われましたね。

「ジャンボーグA」はタイトルすら聞いたことがありませんでした。
少しだけ観てみましたが、紛れもなく「同一作品での2号ロボ」ですね。
”子門真人氏の雄叫びとエレキの間奏”
これは素晴らしいです! 燃えてきますね!!
でわ
珍来 |  2012.08.26(日) 08:46 | URL |  【編集】

初めまして、いろはさん

コメントありがとうございます。
私はテレビを猛烈に観た時期と観なかった時期があり、ハマったり離れたりです。

ダイナマン以降「敵側のドラマ」を描いたのですが、それを味方側でやりました。
シリーズ初の2号ロボに重大な秘密がある所など評価出来る点は多いです。

夏季の休みに記事を書き溜めしたので、そろそろ息切れです。
ちょっと戦隊を離れて「個人的にハマったこと」に寄り道します。
でわ
珍来 |  2012.08.26(日) 08:55 | URL |  【編集】

ヒロインの絶対領域がついに惜しげもなく全開となったものの
戦隊モノでは随一の悲しい終わり方になってしまった作品ですが
こういうコミカルな話も印象に残ってますね。
コミカル話と言えば軍団を離脱されて久しい恐妻家でおなじみだったあの方の奥様、
最近ご主人以上にすっかりお見受けしなくなりましたが
そんな元祖鬼嫁がお転婆なピンクと大活躍した話や
イエローへの強烈なセクハラ攻撃をはねのけて偶然手に入れた
願いのかなう獣戦士の角の話、それに以前紹介された
元ダイナブルーの警官との話などヒロイン中心ですが
結構コミカルな話もあった分、終わり方の悲しさが引き立ったような気がします。
それこそゴーカイで何とか5人とも親と再会出来て
地球で暮らせるようになったと言う後日談が欲しかったですね。
特撮最前線 |  2012.08.29(水) 19:58 | URL |  【編集】

こんばんわ、特撮最前線さん

コミカルなお話が多いのも意図的ではないかと思います。
それでも「随一の悲しい終わり方」の作品ですね。
何らかの救いがある後日談を望んでるファンも多いようです。

出渕デザインの集大成であり、2号ロボを定着させた
エポックメーキング的な作品であることも確かですね。
でわ
珍来 |  2012.08.29(水) 23:26 | URL |  【編集】

お久しぶりです。

私自身、フラッシュマンに関してはネットなどで調べて、『終盤がかなり鬱展開だ』と言う情報を知りました。

それから暫くして、動画サイトで少しだけ視聴しました。

特に第38話『ジンが死ぬ日?!』は、見ていて衝撃的な展開だったので、滅茶苦茶記憶に残っています。(内容の点を踏まえると、オーレンジャーの『最後の水着…』はこの話のリメイク版とも言えますね)

もし時間と機械があったら、この第38話を編集して下さい。

では、これにて失礼します。
敗戦旅人 |  2012.09.01(土) 15:49 | URL |  【編集】

お久しぶりです、敗戦旅人さん

第38話「ジンが死ぬ日?!」はラストでジンが笑って水に流す所が印象的でした。
確かにどうしようもなかったのですが。

一人が敵になってしまうお話はデンジマン第42話のデンジピンクの例がありますね。
他にはマスクマン第44&45話の「地底剣士ウナス」(ブルーマスク)が有名です。
あとはどういう例があったかな… 思い出したら追加するかも知れません。

今朝のゴーバスターズで体ではなく「見た目が変わるだけ」でしたが
ニックがヒロム、ヒロムがヨーコ、ヨーコがヒロム、リュウジがエンター、
そしてスプレーロイドが桜田リカになりましたね。
でわ
珍来 |  2012.09.02(日) 14:35 | URL |  【編集】

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
株の初心者 |  2012.09.11(火) 14:42 | URL |  【編集】

初めまして。

何が良かったか書いて頂けたら嬉しかったです。

この場を借りて。
「ジャンボーグA」について何か思い入れがある方は
コメントで教えて頂ければ幸いです。
でわ
珍来 |  2012.09.11(火) 21:40 | URL |  【編集】

フラッシュマンとアマゾンライダー

「超新星フラッシュマン」と「仮面ライダーアマゾン」は、いろんな所で共通点がありますね。
ジンがザ・ゼラギルに洗脳された4人に攻撃される第38話は、「仮面ライダーアマゾン」のイソギンチャク獣人に人食い人間にされた人々が大勢で他の人間を襲う第21話にも匹敵するトラウマでした。この2つのエピソードを特集してください。
遠江 |  2015.07.20(月) 13:56 | URL |  【編集】

フラッシュマン第38話

「ジンが死ぬ日?!」はいずれ採り上げる予定です。
戦隊史上特筆すべきピンチですからね。

「仮面ライダーアマゾン」は視聴した事がありませんが、
その2話はそんなにスゴイですか?
確認してみようと思います。
でわ
珍来 |  2015.07.20(月) 16:41 | URL |  【編集】

レスありがとう

アマゾンライダーは見てないのですね。やはりリアルタイム世代ではないのですか。
イソギンチャク獣人の回は、私から見てかなりトラウマな回だと思います。フラッシュマン第38話と一緒に取り上げて下さい。
遠江 |  2015.07.24(金) 17:29 | URL |  【編集】

うーん

採り上げるのは10月くらいになりそうですが、
忘れなければ触れるかも知れません。
取り敢えず観てみようかな。 忘れちゃったらスイマセン。
でわ
珍来 |  2015.07.25(土) 00:52 | URL |  【編集】

アマゾンライダーのイソギンチャク獣人の回はまだ見てないのですね。
フラッシュマンの第38話にも匹敵するトラウマ回なのでぜひ特集してください。
遠江 |  2016.08.06(土) 17:39 | URL |  【編集】

観たんですけど、特に印象に残りませんでした。
正直「フラッシュマンの第38話とは…」と思いました。

「アマゾンライダー」ってつい最近
再評価されてるようですが、よく知りません。
でわ
珍来 |  2016.08.06(土) 19:33 | URL |  【編集】

再評価されたのは

仮面ライダーアマゾンズというアマゾンの設定・ストーリーを一新した作品が
今年の4月~6月にAmazonプライム・ビデオで配信されていて
来年に第2シーズンが始まったからですかね
それとアマゾンライダーのブルーレイも出ますねもうすぐ

前に怪人は殺して人間は殺さないことについて話しましたが

ゴーゴーVでナガレ/ゴーブルーを演じた谷口賢志さんが演じる
もう1人の主人公の鷹山仁/アマゾンアルファが
主人公である水澤悠/アマゾンオメガが殺そうとした
凶悪な殺人鬼を助けたことについて
人であれば誰であろうと守り怪人であれば誰であろうと殺すという
明確な線引きを置いていると主張していたのが印象に残りました
(その為守りたい者を守ろうとする悠とは対立することになります)
kivaxtuto |  2016.08.07(日) 00:02 | URL |  【編集】

「Amazonでアマゾン」という情報はどこかで見かけました。
個人的には「モグラ獣人」には興味ありますが、
すぐ観る気にはなりません。
でわ
珍来 |  2016.08.07(日) 17:34 | URL |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2017.05.17(水) 17:05 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |